青年期の仲間

子どもは青年と比べて、大人のそばで過ごす時間が多いため、子どもたちの行動は監視されており、乱暴な行動や、攻撃行動、反社会的行動は少なくなります。一方、青年は仲間と過ごす時間が多く、大人の監督の目から離れているのです。このように直接的に監視されないため、青年は少なくとも一時的に、自分の仲間集団の価値に従い、それが大人の価値とは正反対のこともあります。しかし、青年期に親子の断絶が突然起こることはあまりありません。親子の断絶がある場合には、子どもの自立と管理をめぐる問題を中心とする、親子の葛藤が一般に高まっているようです。

仲間との相互作用は、子どもの頃の空想をテーマにした遊びや、取っ組み合い遊びから、男子では身体を使うゲーム、女子ではあまり身体を動かさない社会的な相互作用へと変化します。さらに、男子が男子の仲間と相互作用をする程度と頻度は低下していきます。またこの時期に、男子は男女混合の仲間集団で時間を過ごすことが多くなるようです。男子で身体を活発に動かす行動が減少するのは、女子の身体を動かさない行動スタイルに合わせるためかもしれないと言われています。この異性間の相互作用はそれぞれが性的に成熟する時期と一致し、おそらく、異性関係や、最終的な結婚に興味を抱くことを反映しているだろうと推測されます。

児童期後半と青年期に目立ってくる攻撃行動のかたちは、いじめだそうです。いじめは、強い者が弱い者に攻撃行動をしつこく繰り返すものです。いじめは女子より男子に多く、大半の産業国の小学校人口の約10%で起こているそうです。いじめは、小学校から中学校への移行に伴って増加し、青年期に入ると再び減少します。それはおそらく、若者が中学校で新しい社会集団を作っていく際、いじめが優位性を確定するために用いられるということだと推測されます。たとえは、男子は同性の仲間をいじめるのに身体的な攻撃を用い、女子は他の女子に関係的攻撃を用いることが多いが、どちらも資源を獲得するためです。攻撃行動の割合は、優位性が確定した後に減少します。いじめの被害者には、身体的に弱く、友達や仲間が少ない子どもがなりやすいと言われています。たしかに社会的な親和的関係が欠如すると、いじめの被害者になりやすいようです。しかし、いじめの被害者が社会的ネットワークに入るか、いじめの加害者がいる場から離れると、被害の受けやすさは低下するそうです。事実、さまざまな状況でいったんいじめの被害者と見なされた子どもたちも、まったく「健常」な発達をしているようです。このようないじめの被害者の適応性は、代替方策の概念をかなりうまく表しています。つまり、資源は、最優位の者やいじめの加害者だけではなく、他の集団のメンバーも獲得可能なのです。たとえば、低地位の者は、他の低地位の仲間や、第一位の者に挑みたいと考えている高地位の仲間と協力関係を築くことによって、資源を入手することができるのです。

今回、中学校で道徳が教科化され、それに沿った教科書が発表されました。その内容で、どの教科書も取り上げているのが、この「いじめ」についてです。しかし、このいじめの分析を見ると、少しその対応は違っているように感じます。道徳だけではなくならない気がします。もっと、人類の進化からの考察が必要な気がします。