子ども期の社会的相互作用

では、社会的相互作用について子ども期ではどうでしょうか?就学前児の社会的相互作用の研究は、児童心理学者ミルドレッド・パーテンのミネソタ大学における博士論文が先駆けとなったそうです。彼女は、子どもの社会的参加を、一人行動、平行的行動、連合的相互作用、協同的相互作用という視点から記述し、この順序で発達が連続的に進むという仮説を立てました。私は、これには少し異論があります。それは、彼女の論文に影響されて、乳児期では、一人行動をとり、その後、ヒトとかかわりを持たない平行的行動が現れるとし、それまでは、子ども集団ではなく、親子の関係をしっかり構築すべきである考え方が広がってしまったのです。実際に乳児を見ていると、子どもは早いうちから子ども同士が関わります。しかし、それは必ずしも一緒に遊んだり、協力したりするわけではなりませんが、相手をじっと見て学んだり、真似しようとしたり、その後の社会的かかわりを学んでいる時期であり、そのためにも子ども集団が早いうちから必要であるということを訴えてきました。

しかし、その後の研究によって、協同的な相互作用は時間とともに増加していきますが、パーテンが言ったような社会的相互作用は、個体発生的な順序を表してはいないことが見出されています。それどころか、平行的行動は子どもが社会的集団に仲間入りする際に用いられる方略であり、一人行動は協同的行動と比べて必ずしも「未成熟」ではないということが最近は主張されるようになっています。

社会的行動を種間で比較してみても、未成熟期の子どもはかなりの時間を誰かと相互作用して過ごしていることがわかると言います。研究者のなかには、霊長類に特徴的な長い未成熟期の重要な機能は、その期間に子どもが社会的スキルや関連する認知を身につけられることであると主張する者もいるようですが、私もその考えに同意をします。

幼児期では歩行期と比較すると、身体的な攻撃が減少し、ことばによる攻撃が増加します。しかし、就学前児の攻撃は歩行期と同じように物をめぐる争いの結果生じることが多いようです。この時期に身体的攻撃が相対的に減少するのは、おそらく、子どもが認知的方略、たとえば、満足の遅延や、言語的方略、たとえば、代替方略を呈示して妥協するということをよりうまく使えるようになった結果であろうと考えられています。就学前の時期の子どもが認知的に高度化していることは、関係的攻撃を用いる能力にも表れているようです。この時期に子ども、特に女児は、数ある戦略のなかでも疎外したり、うわさを広めたりすることによって、社会的関係を攻撃的に操作し始めます。すでに議論し、かつ攻撃行動や協力行動は興味深いかたちで一体となり、優位性というかたちで集団の構造に影響を与えます。しかし、優劣関係における関係的攻撃の位置づけはよくわかっておらず、それはおそらく、女性の優劣関係が十分に研究されていないためであるのではないかとビョークランドは言います。

では、青年期になるとどうなるでしょうか?子どもと青年の相互作用の基本的な違いは、それぞれの年代の集団が時間を過ごす場所と相手の違いと関連していると言います。