社会的戦略の複雑性

ゲーム理論という、行動に付随するコストと利益を計算するものがあるそうですが、ちょっと難しいので、詳しい説明は省きますが、この理論は、特に攻撃行動を他の社会的行動との関連で扱うようです。

一般に、行動や戦略は利益がコストを上回るときに選択されます。コストー利益モデルも、ゲーム理論モデルも、いくつかの他の要因、たとえば自分に対するコストや、資源の価値、特定の個体と再対決する可能性などと関連させて戦略の価値を、ヒトは無意識的に計算する個体を扱っているそうです。さらに私たちは、自然淘汰はおそらく個体の発達史のさまざまな局面で圧力をかけていることをビョークランドは強調しています。したがって、行動や戦略は、それが現れる時期にとっての価値という観点からも評価されるべきであると彼は言うのです。

こういう社会的戦略の複雑性が、幼児期が長いという、ヒトや他の霊長類の特徴を作り出した要素のひとつかもしれないと言うのです。この時期に、子どもはさまざまな社会的スキルを大人や仲間と相互作用することによって学んでいきます。ヒトの子どもや他の霊長類の子どもは、その機会が奪われると社会的発達が著しく阻害されてしまうと言われています。さらに初期の社会的剥奪の影響は、未成熟期に年下の仲間と相互作用する機会を与えられると修正することができるということもわかっているそうです。このように安全で脅威のない状況に支えられて、個体は新しい社会的スキルを試し、学習し、磨いていくのだといわれているのです。

この研究は、非常に需要ですね。子どもは、ある意味では、社会的スキルを学ぶのは幼児期であり、その学び方は大人や仲間と相互作用することで学ぶため、この幼児期という学ぶ機会を長く過ごすということにもなるのでしょう。そして、この機会が奪われると、社会的発達が著しく阻害されてしまうということは、母子だけで、マンションの一室でほとんどの時間を過ごすことは、この機会が奪われていることになりかねません。しかも、その機会が奪われ、社会的発達が阻害されてしまった時の修正は、未成熟期に、年下の仲間と相互作用する機会を与えることだというのです。ここでは、幼い頃に異年齢との触れ合い、特に年下の子どもとの触れ合いが大切であることを示唆しています。

さらに、このようなことがわかっています。親や他の大人も間違いなく、子どもの社会的発達を育む役割を果たしているのですが、子どもが4歳か5歳になるまでに、社会化の第一促進者は、大人から他の子どもに取って替わると言います。いわゆる、未満時のころの子ども同士の関係が重要であるということです。そうは言っても当然ながら、未成熟期の子どもが生きていくには、大人の保護と資源の供給に頼る必要があると言います。

しかし、家族ではなく、子どもの仲間集団が主体となって社会化が進んでいくとするこの議論を発展させたひとつが、 J. R.ハリスの集団社会化理論だそうです。ハリスによると、親や教師の影響でさえ子どもの仲間集団でふるいにかけられると言います。子どもは、自分の親ではなく仲間と同じようになろうとするというのです。家庭環境が人格や知的発達に与える影響が弱まっていくことは、繰り返し検証されてきました。この研究は、興味がわきます。