社会的戦略の複雑性

ゲーム理論という、行動に付随するコストと利益を計算するものがあるそうですが、ちょっと難しいので、詳しい説明は省きますが、この理論は、特に攻撃行動を他の社会的行動との関連で扱うようです。

一般に、行動や戦略は利益がコストを上回るときに選択されます。コストー利益モデルも、ゲーム理論モデルも、いくつかの他の要因、たとえば自分に対するコストや、資源の価値、特定の個体と再対決する可能性などと関連させて戦略の価値を、ヒトは無意識的に計算する個体を扱っているそうです。さらに私たちは、自然淘汰はおそらく個体の発達史のさまざまな局面で圧力をかけていることをビョークランドは強調しています。したがって、行動や戦略は、それが現れる時期にとっての価値という観点からも評価されるべきであると彼は言うのです。

こういう社会的戦略の複雑性が、幼児期が長いという、ヒトや他の霊長類の特徴を作り出した要素のひとつかもしれないと言うのです。この時期に、子どもはさまざまな社会的スキルを大人や仲間と相互作用することによって学んでいきます。ヒトの子どもや他の霊長類の子どもは、その機会が奪われると社会的発達が著しく阻害されてしまうと言われています。さらに初期の社会的剥奪の影響は、未成熟期に年下の仲間と相互作用する機会を与えられると修正することができるということもわかっているそうです。このように安全で脅威のない状況に支えられて、個体は新しい社会的スキルを試し、学習し、磨いていくのだといわれているのです。

この研究は、非常に需要ですね。子どもは、ある意味では、社会的スキルを学ぶのは幼児期であり、その学び方は大人や仲間と相互作用することで学ぶため、この幼児期という学ぶ機会を長く過ごすということにもなるのでしょう。そして、この機会が奪われると、社会的発達が著しく阻害されてしまうということは、母子だけで、マンションの一室でほとんどの時間を過ごすことは、この機会が奪われていることになりかねません。しかも、その機会が奪われ、社会的発達が阻害されてしまった時の修正は、未成熟期に、年下の仲間と相互作用する機会を与えることだというのです。ここでは、幼い頃に異年齢との触れ合い、特に年下の子どもとの触れ合いが大切であることを示唆しています。

さらに、このようなことがわかっています。親や他の大人も間違いなく、子どもの社会的発達を育む役割を果たしているのですが、子どもが4歳か5歳になるまでに、社会化の第一促進者は、大人から他の子どもに取って替わると言います。いわゆる、未満時のころの子ども同士の関係が重要であるということです。そうは言っても当然ながら、未成熟期の子どもが生きていくには、大人の保護と資源の供給に頼る必要があると言います。

しかし、家族ではなく、子どもの仲間集団が主体となって社会化が進んでいくとするこの議論を発展させたひとつが、 J. R.ハリスの集団社会化理論だそうです。ハリスによると、親や教師の影響でさえ子どもの仲間集団でふるいにかけられると言います。子どもは、自分の親ではなく仲間と同じようになろうとするというのです。家庭環境が人格や知的発達に与える影響が弱まっていくことは、繰り返し検証されてきました。この研究は、興味がわきます。

社会的戦略の複雑性” への8件のコメント

  1. 「親や教師の影響でさえ子どもの仲間集団でふるいにかけられる」5歳児クラスになり立ての女の子たちが、今日ケンカをしていました。何ともささいなきっかけで始まったケンカは保育者が入ることでこじれるものがあるのか、はたまた展開をするものなのか、結局最後は仲直りをするのですが、どこかの段階で無理矢理仲直りをさせようと思っても、最早無理だと感じます。彼女らが納得し、彼女たちで解決できるよう、席を用意したり、保育者に伝えたい言い分があれば聞いてみたり、まさに応答的な態度で、そして環境へアプローチすることでしか介入できませんでした。子どもたちの織り成す子ども社会、大人は土足で入ることのないよう気をつけなければならないかもわかりません。

  2. 「子どもは、ある意味では、社会的スキルを学ぶのは幼児期であり、その学び方は大人や仲間と相互作用することで学ぶため、この幼児期という学ぶ機会を長く過ごすということにもなる」とありました。人類の発達のもともとの在り方が結果的には、必ず重要な要因に辿り着くことに改めて驚きですし、その環境を提供できる場こそ保育園であると思えます。さらには「社会的発達が阻害されてしまった時の修正は、未成熟期に、年下の仲間と相互作用する機会を与えること」とあることも、保育園ではより保証できることであり、異年齢児保育の重要性がより強調される結果だと感じました。また「子どもが4歳か5歳になるまでに、社会化の第一促進者は、大人から他の子どもに取って替わる」ことは何となくですが、幼児クラスの子どもたちの姿から今まで感じていました。大人と子ども間も大切ですが、何より子ども間の関わりを大切にしていけるような環境を作っていきたいと思えました。

  3. 〝子どもはさまざまな社会的スキルを大人や仲間と相互作用することによって学んでいきます〟その社会的スキルの複雑性のために幼児期が長いという研究があるんですね。人間に老年期があるのは孫の世話をするためだということでしたが、幼児期にも重要な意味があるということなんですね。幼児期は社会的なスキルを身につけるための時間が当てられているということで、まさに人間としてのこれからの準備をする時間といえると思います。シンガポールの方のように本でいえば「序論」となるのでしょう。その大切な時期を無駄にしないためにも専門性の駆使が必要であり、学びの機会を奪わずに、与えていけるような環境を整えることを改めて感じました。

  4. 人との関わりをどうやって学んできたか?このことを振り返った時、私の場合は、親などの大人によって、あーしろ、こーしろと言われながら、そのことを学んだという記憶がありません。自分が子どもだった頃の記憶を辿ってみます。大人からやってもらった記憶はもちろんあります。しかし、葛藤を抱きながら、自分の思い通りならないことを経験しながら、その時期その時期を経過していった頃を思い出すと、そこには、異年齢集団の中の自分というものが存在しています。「社会的スキルを学ぶのは幼児期」このことは説得力がありますね。きょうだいであり、近所の子たちであったり、そうした子どもたちとの関わりが自分のその後の社会性を形成していったのだろなと今気づくのです。大人になった今、ともあれ、子どもの必要なことをやってあげつつ、たとえば、わが子は我が子なりに、友だちとの関わりを通して社会スキルを学んでいるのだろうなと思うのです。

  5. まさに異年齢での関わり、子ども同士の関わりの重要性が明らかにされた研究ですね。社会的スキルの発達のためには幼児期の他者との相互作用が重要になってくるのですね。このことは見守る保育を行なっている多くの人が理解していることだと思いますが、このような研究がもっと多くの人に周知されるといいなと思いました。また「さらに初期の社会的剥奪の影響は、未成熟期に年下の仲間と相互作用する機会を与えられると修正することができるということもわかっているそうです」とありました。これも印象的でした。園では入園時期が様々子どもたちがいます。0歳児クラスから入ってくる子も入れば、2歳児、3歳児クラスで入ってくる子もいます。そういった子たちの中で、もし社会的スキルの獲得が不十分な子がいれば、異年齢での関わりを重視している見守る保育の中では、それを修正することができるのかもしれませんね。

  6. 乳幼児期に育つ環境によって、社会的スキルを身につける、社会的関係性のなかで、多種多様な関わりをもつことによって、情報を得て、自分が社会的ななかで、どういった存在であるのか、遺伝子的に近いものとの協力だけでなく、社会的共存者とうまく関係を築きながらいきていくことの利益を獲することなど、社会という集団の存在することのメリットを生きるなかで感じることが、子どもたちにとって必要なことだと考えます。”さらに初期の社会的剥奪の影響は、未成熟期に年下の仲間と相互作用する機会を与えられると修正することができるということ”とあり、自然のなかで、関われる年下との関係性が個体への利益だけでなく、互いに利益があること、互いに利他的行動であることを感じます。”子どもが4歳か5歳になるまでに、社会化の第一促進者は、大人から他の子どもに取って替わる”という言葉は、社会的スキルを獲得するための関係性ができる環境を専門性をもって構成するのが役割ではなく、私たちが、社会的、人格形成に対する立場についてどのような立場にいるべきかとしっかりと考えていかなければなりません。

  7. 「子どもは、ある意味では、社会的スキルを学ぶのは幼児期であり、その学び方は大人や仲間と相互作用することで学ぶため、この幼児期という学ぶ機会を長く過ごすということにもなるのでしょう」とあり、いかに幼児期に人と関わることが大事かが伺えます。また「この機会が奪われると、社会的発達が著しく阻害されてしまう」というのは我々保育者は把握しておかなければならないことですね。そして「いわゆる、未満時のころの子ども同士の関係が重要であるということです」とあり、現場で0.1歳を見る限り積極的に関わろうとする姿が見られます。ヒトは自ら関わろうとして成長しようとしているのとが姿からわかりますね。

  8.  親や教師の影響でさえ子どもの仲間集団でふるいにかけられると書かれてありますし、社会化の第一促進者は、大人から他の子どもに取って替わるいわゆる、未満時のころの子ども同士の関係が重要であるとも書かれてあります。子どもにとって優先順位が親や先生でもなく、友達というのが印象的です。もちろん大人の支援や保護が必要なのは理解できますが、子どもとの距離間を意識した関わりをしなければいけないと思います。私たちが実践している見守る保育は基本的に異年齢の関わりですが、社会的スキルを学ぶ為の異年齢という見方により、新たな見解が増えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です