思春期の時期

ヒト以外の哺乳類において、血縁関係のないオスのフェロモンがあることで、メスの思春期の発達速度が加速するということは、発達中のメスと血縁関係のない大人のオスとの間の繁殖の可能性を高める働きをすると考えられます。ヒトの研究では、女性の生殖サイクルは男性の腋窩(腋の下)の分泌物の影響を受けることが示されているそうです。したがって、エリスとグレイバーは、思春期が促進される原因は父親不在それ自体ではなく、血縁関係のない成人男性の存在であるとの考えを呈示しています。

エリスとグレイバーは仮説を検討するために、思春期の時期を主に、下位中流階級から中流階級の家庭の87名のアメリカ人女子について調査したそうです。さらに、その女子の母親との構造化面接を実施し、うつを中心に気分障害を判定しました。得られた尺度は崩壊した家族関係や、母親の恋愛関係におけるストレスに関するものですが、同様のものが女子の母親からも得られたそうです。そして、実の父親や継父、母親の恋人の存在についてもデータを収集しました。先行研究と一致して彼らは、家庭にストレスがあり、父親がいない女子は、家庭にストレスが少なく、実の父親と一緒に住んでいる女子よりも早く思春期に入ると報告しています。しかし、これらの効果はどちらも、母親の気分障害の経歴(これも思春期の年齢を予測する)が媒介しており、母親の精神病理は家族のストレスや父親不在の遠隔原因である可能性があり、それによって女子の思春期が早期に訪れることが示唆されるようです。

おそらくエリスとグレイバーの結果で最も興味深い点は、継父や母親の恋人の存在の効果であり、女子の思春期の時期に関係する家族のストレスと相互作用していることであるとビョークランドは言います。。父親が継父であるか、母親に恋人がいる女子は、家族のストレスが高いときに、ストレスの程度に関係なく、実の父親と暮らしている女子や、父親が継父あるいは母親に恋人がいて、家族のストレスが低い暮らしをしている女子より、有意に早く思春期に達したそうです。さらに、思春期の成熟と娘の年齢には、継父や母親の恋人が女子の生活に入り込んでいるときに有意な関係が見出され、その女子に血縁関係のない父親が現れた年齢が幼いほど思春期に達する時期が早かったそうです。対照的に、思春期の時期と実の父親がいなくなった年齢との間には、有意な関係は見出されなかったと言います。エリスたちによる関連研究において、父親がいることと、特に、父と娘相互作用が良好であることが、女子の思春期の時期が遅いことを予測しており、このことから、父親の投資の肯定的な質は娘が思春期に入る時期に影響を及ぼすことが示唆されます。

ビョークランドらは、エリスとグレイバーの結果、および、エリスたちの結果は興味深いと考えているようです。一方で、彼らの結果はベルスキーたちによって呈示された一般モデルを支持しています。女子は家族における資源関連要因に敏感であり、多数の要因として、母親の気分障害、家族のストレス、父親の不在、父親の投資の質などの相互作用次第で代替的な発達の道筋をたどります。しかし、高いストレスを抱えた家庭環境における血縁関係にない父親の存在は、早期の思春期を引き起こす最も直接的な事柄である可能性があり、その父親が娘のもとに来る年齢とも関連しているようです。ヒト以外の動物では、血縁関係にないオスがいることでメスの思春期の開始が早まり、年長のオスと若いメスが生殖する機会が増えるようです。現代の、そしておそらく古代のヒト集団においては、継娘と継父間の性的活動はストレスの原因となるであろうし、家族構造にとっても大半の家族内の個人にとっても適応的ではないだろうと考えられます。

思春期の時期” への9件のコメント

  1. 女性の思春期について、今回のブログでは興味深いことが示されています。それは「家庭にストレスがあり、父親がいない女子は、・・・早く思春期に入る」あるいは「血縁関係にないオスがいることでメスの思春期の開始が早ま」るというところです。私には娘がいないので、よくわからないところはありますが、おそらくそうしたこともあるのだろうな、と思います。それにしても思春期を早く迎えることのメリット・デメリットは何かと考えてしまいます。メス、女性における思春期。男性のそれよりも重要な気がします。おそらく、生殖と種の維持に関わるからでしょう。「血縁関係のない成人男性の存在」が女性の思春期に大いに関わるという事実。進化発達心理学の大問題なのでしょうね。このことは、とりもなおさず、ヒトの進化発達に多大な影響を及ぼす要因ということが言えるのでしょう。血縁があるとわかった時点でその対象には思春期的関心が湧いてこないということも何となくですがわかるような気がします。

  2. 「ヒトの研究では、女性の生殖サイクルは男性の腋窩(腋の下)の分泌物の影響を受けることが示されているそうです。」何か別の研究、と言うのでしょうか、テレビなどで同じような話題を目にしたことがありました。本当なのですね。ただ「影響を受ける」からと言って、そうは言っても好まれることの少ないものであろうと思い、これからの季節は特に、と、全然関係のない話ですね。
    「高いストレスを抱えた家庭環境における血縁関係にない父親の存在は、早期の思春期を引き起こす最も直接的な事柄である可能性があり」、スラム街をテーマにした映画を見たことを思い出すのですが、女性がそういった環境の中で出産へと至るような内容が描かれていました。あまりにも早い思春期の訪れの中で、生まれてくる子どもと幸せになろうとする覚悟。とても考えさせられるものがあります。

  3. 「女性の生殖サイクルは男性の腋窩(腋の下)の分泌物の影響を受けることが示されている」とあったことには驚きました。毛嫌いされるようなポイントと思いきや、意外にも重要な役割があったのですね。そして、実の父親との生活など、父親の存在が最も関わっていると思っていましたが、そうではなく、「思春期が促進される原因は父親不在それ自体ではなく、血縁関係のない成人男性の存在である」のですね。ここから感じるのは、父親の有無や継父、母親の恋人の存在はもちろんとして、その環境における母親の状態が女子の思春期を早めたり、成熟速度を早めたりするようにも感じたりしました。しかし、「父と娘相互作用が良好であることが、女子の思春期の時期が遅いことを予測しており、このことから、父親の投資の肯定的な質は娘が思春期に入る時期に影響を及ぼすこと」とあるように、前回同様に父親の存在、相互作用がいかに重要かということが強く伝わってきます。

  4. 思春期を早くに迎えることはどんなメリットがあり、デメリットがあるのかというのを考えてしまいます。早く迎えると生殖が早く行われやすくなる反面、精神的には早熟で戸惑いや不安、妊娠期の男性には分からない大変なことのいろいろに耐えうるのかなど思いつきます。
    遅く迎えることで生殖期間は短くなる一方、生殖に関わる準備はできやすくなるのかとも考えられます。
    思春期を迎えるのが早いか遅いかは〝血縁関係のないオスのフェロモンがあること〟が関係してくるということで、早くからの継父の存在は確かに思春期を早めそうだと言えます。
    どちらにしても、生まれてくる子が望まれて生まれてくること、幸せであることを望みます。

  5. 様々な検証から、女子の思春期に入る時期への影響というものが現れるのですね。人が向かえる思春期など、それぞれにある節目というものには、周りにある環境が大きく影響していることがわかりました。そこには、”父親の投資の肯定的な質は娘が思春期に入る時期に影響を及ぼすことが示唆されます。”とあり、ここにある投資の肯定的な質というもは、父親という存在がもつ子育てに対する意味合いを強く感じるところです。多様性をもった環境化で学びの場となるならば、人類の生活には、血縁関係やその周りとの関係性によって、人類としての生き方を見出だす力を発揮できるのだと思います。

  6. 「高いストレスを抱えた家庭環境における血縁関係にない父親の存在は、早期の思春期を引き起こす最も直接的な事柄である可能性があり、その父親が娘のもとに来る年齢とも関連しているようです」とありなるほどといったところです。今のところ息子なのでまだわかりかねるところではありますが、こんなにも女子は敏感であるのですね。「女子は家族における資源関連要因に敏感であり、多数の要因として、母親の気分障害、家族のストレス、父親の不在、父親の投資の質など」というのもかなり女子を育てる上でナイーブな部分になってくるのかもしれませんね。いずれにしろ家庭が安定し、幸せな家庭を築くことで子どもよりよい育ちになることがわかりますが、女子には少し気をつけてなければなりませんね。

  7. 私は二人の息子がいるので、本音を言うと安心というか、実感が湧きませんが、とはいえ、思春期というのは男子も必ず訪れる時期なので、全く関係がないわけはないと思います。やはり男子といえども、家庭環境によるストレスにも敏感に反応しそれによって思春期が早くなるかどうか分かりませんが、何かしらの影響はあると思います。私の友人に弟が二人いる友人がいました。彼が高校の時に父が他界してしまい、母子家庭になってしまいました、その時一番下の弟は中学生だったと思います。父がいなくなった影響か徐々に非行に走ってしまい、中学の担任が友人に相談までした位です。その時に高校生だった私でも父親の存在というのは大きかったのかと感じ取りました。少し女子の思春期のテーマと逸れてしまいましたが、やはり家庭環境というのは子どもにとって私たちが思っている以上に影響力があるというのを理解しなければいけませんね。

  8. 女性における思春期とはどのようなものなのでしょうか。なんだか私たち男性とはまた違う複雑なものを感じます。今後、私自身がそのことを感じる日が来るのかなと思うと、なんだか感慨深くなったりもします。「父親がいることと、特に、父と娘相互作用が良好であることが、女子の思春期の時期が遅いことを予測しており、このことから、父親の投資の肯定的な質は娘が思春期に入る時期に影響を及ぼすことが示唆されます」ということが印象的でした。父と娘の相互作用が良好であることとありましたが、これはきっと私が考えているような簡単なものではないのだろうなと思います。藤森先生がこのあたりの絶妙な距離感の話をされていたことを思い出します。これは、しっかり実践していかなければならないなと思います。

  9. 考えてみると確かに若いうちに子どもを産んでいる方に共通するのは離婚されている家庭が多いかもしれません。また、今の社会だと父親が家庭を顧みず仕事人間である人も同じことが言える状況になるのかもしれませんね。父親の子どもに対する投資量というのは子どもたちが大人になる過程においてとても大きな影響を与えるということを改めて感じます。しかも、その影響は思春期が起きる時期ではなく、生まれてきてからずっと影響し続けているということもしっかりと胸にとめておかなくてはいけないのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です