個体の協力行動や利他的行動

包括適応度の理論によると、個体の協力行動や利他的行動、反社会的行動は、相互作用する者同士の遺伝的血縁度の度合いによって変化し、個体は、血縁関係の遠い者や血縁関係のない者と比較して、自分と関係が近い者とより協力すると言うのです。。したがって、たとえば、この理論によると、親と子、それは、遺伝子の50 %を共有している関係ですが、25 %しか遺伝子を共有していない祖父母や、12.5 %しか遺伝子を共有していないいとこよりも協力すると予測されます。このようにして、社会的行動に関連するコストは行為者が負うのですが、血縁者にも行為者にもその行動に関連する利益が生じることで、釣り合いがとれるのです。この議論と一致して、現代のイギリスにおける成人社会ネットワークのかなりの部分は血縁関係だそうです。ダンバーとスプールズによると、成人は援助やサポートの対象として、非血縁者に比べ高い割合で血縁者を指名することがわかっています。

血縁者との協力的な相互作用から非血縁者との相互作用までを考慮すると、これらの戦略が進化した環境ではないかと推測することができます。進化適応の環境において、個々の社会的集団は血縁者の割合が比較的高かったわけですから、個人が相互作用する集団は、遺伝子だけではなく、社会的な過去や社会的な未来をも共有する親族から構成されていたのではないかというのです。親族同士は、過去に相互作用をしたことや、将来も相互作用し続けることを認識しています。実際、親しさは個体が血縁者を認識できるようにするメカニズムであることが示唆されているそうです。この親しさと、将来関わっていくことの重要性により、同種個体との協力が生まれるのだと言うのです。言いかえると、親しさと将来相互作用をする見込み(あるいは恐れ)が、親族関係に代わるものとなったのかもしれないとビョークランドは考えています。

社会的行為者が互いになじみがあったり、繰り返し会ったりする場合に社会的行動が協力的になる傾向があることを示すのが、互恵的利他的行動の理論です。つまり、社会的行為者は、将来相互作用すると考えられる者同士で協力し合いますが。協力行動や利他的行動に関連するコストは相手から返礼を受けることによって最小化され、同様に、攻撃的な行為や欺まん行為も多大に返報されるでしょう。このようにして、安定した社会的集団で個体同士が関係をもつ場合、裏切りに関連するコストは利益を上回るのです。行為者がお互いに関係がない、あるいは親しくない場合や、将来出会う可能性がほとんどない場合には、個体は当面の自己利益で行動します。そういう状況では、欺きには復讐をし、協力や利他的行動を軽視することになるでしょう。要するに、親戚や親しい同種個体同士の協力は、利益がコストを上回るため、自然淘汰が有利に働きます。拡大解釈すれば、「欺き」や「裏切り」を検知する能力は、おそらくそういう圧力に対応するために進化した重要な認知スキルであると言うのです。

コストと利益を評価する社会的行動の経済モデルは、自然淘汰に有利に働く戦略を推測するのに役立ちますが、ある特定の環境におかれた個体が用いる特定の戦略の有効性は説明はできません。たとえば、協力や攻撃などのある戦略の最適性は、相互作用者間の一連の行動におけるその行動の順序、それはその行動は最初の働きかけか、反応か?という順序や、その他の協力的か攻撃的か?というような行動の性質、その相互作用が生じる場における資源の価値、集団内におけるその行動の頻度に応じて変化すると考えられます。