なぜ、利他的行動?

資源をめぐって競争が生じる生態系において子孫が繁殖し、生存するという点で、利益を最大化する能力によって判断されます。利益を最大化する能力は、得ようとする利益に付随するコストやリスクとの関連からの見方では、ある個体が他の個体より得をするかどうかという点から容易に理解できるので、特にリスクが低い場合には、一連の社会的行動、たとえば攻撃行動を説明するのは容易であると言います。その場合、自然淘汰は、配偶者や資源を効果的に守るために攻撃行動を起こす個体に対して、明らかに有利に働きます。経済的観点からいうと、自然淘汰は利益がコストを上回る戦略に有利に働くのです。そのためたとえば、資源や配偶者を手に入れる機会を得るといった利益の方が死や負傷などの付随するコストを上回るなら、攻撃行動は選択されるでしょう。

攻撃行動に関連したコストが利益を上回る場合、たとえば、配偶者を確保するために衰弱するほどの傷を負う場合には、その攻撃行動は選択されないでしょう。攻撃性の適応度を説明するのは比較的単純ですが、進化論は当初、協力行動や利他的行動があることと折り合いをつけなければならないという困難を抱えていました。これまでの説明は、随分と難しく、回りくどい気がしますが、何度も言いますが、それが研究なのでしょう。要するに、私たちは進化の過程で、競争と協力の両面を持って生存してきました。その時、自分が生存するためには、相手を攻撃したり、相手の生存を阻止することで自分たちを守るということは容易に想像がつきますが、協力をするとか、自己犠牲を払うということは、一見自分たちの生存にどう結びついていくのかは見えにくいものです。とくに、自己犠牲の上で、他人のために行動すると行くことはどう理解したのでしょうか?また、、なぜ自然淘汰において有利に働くのでしょうか?

この問題を解決しようと試みたのが、群淘汰の理論だそうです。簡単にいうと、群淘汰の理論では、自然淘汰の単位は集団であり、個体ではありません。そうすれば、協力や利他的行動は、集団全体の利益という点から説明できると言うのです。つまり、利他的行動は個人にとっては非常にコストが大きいのですが、集団にとっては多大な利益をもたらすと考えられるのだと言うのです。私たちは、自分にとっての利益だけを考えていくことでは、私たちがとってきた生存戦略は説明できませんが、集団を構成し、集団の利益という点から考察すれば、その行動は説明がつくと言うのです。

しかし、この理論は、分子生物学における発見や、 DNAコードの解読によって反撃を受けることとなったそうです。簡単にいえば、それらの進展により示唆されたのは、自然淘汰の単位は個体、より正確には遺伝子であり、集団ではないということなのです。したがって、進化論は利他的行動を説明するという難問に再び直面することになったのだそうです。

その中で、利他的行動を最初に説明したのは、ハミルトンの包括適応度の理論だそうです。この理論は後にトリヴァースが発展させたそうですが、この包括適応度の理論によると、個体の協力行動や利他的行動、反社会的行動は、相互作用する者同士の遺伝的血縁度の度合いによって変化するとしました。個体は、血縁関係の遠い者や血縁関係のない者と比較して、自分と関係が近い者とより協力すると言うのです。