様々な戦略

ビョークランドは、彼の著作の中で、繰り返し「ヒトは社会的な種であり、お互いに協力竸争し、理解し合う必要があったことが大きく関与して、現代のヒトの心が進化したのである。ホモ・サピンスは、進化によってヒトの集団生活への備えをもった。」と述べています。しかし、そういう準備があるからといって、繰り返し起こる社会的問題に対処する既成の解決方法を子どもがもっているということではないと言います。ヒトの社会的環境は多種多様であるため、よく相互作用をする相手と付き合っていくための方法を柔軟に身につけなければならないと言うのです。ということは、ヒトは社会的な生き物でありますが、それを人との関係の中で学んでいかなければならないということです。

代替可能な社会的戦略があること、そしてそれらを用いることは、生物の発達環境を概念化する上で重要な例であり、環境は単に、ある行動やローレンツのいう意味での一連の行動を「解発する」だけではないということなのです。それどころか、生物には選択の余地があり、適合性を最大化する環境を選んだり、形づくったりしていきます。したがって、個体の発達は、個体と環境の相乗的相互作用の結果として起こる変化のプロセスとして概念化することができ、個体はさまざまな方法で発達的問題を解決していくのだと言うのです。つまり、発達に「王道」はないのです。ヒトが生まれるニッチの多様性、さらに、遺伝にもとづく個人差を考慮すれば、ヒトは繰り返し生じる発達的問題に取り組むためのさまざまな戦略をもっていることが必須なのだとビョークランドは言うのです。

社会的行動は、資源を得て、それを利用する機会を保持するために用いる戦略という点から概念化することができます。資源は繁殖や生存に関係しているからです。この点から考えると、社会的行動はさまざまな次元から分類することができるとビョークランドは言います。たとえば、行動価を記述することができると言うのです。それは友人関係や利他的行動や協力を反映したポジテイプなものかもしれないし、攻撃行動のようにネガテイプなものかもしれません。社会的行動は、もっと連関的なカテゴリーでも説明可能です。行動生物学者ロバート・ハインドは、たとえば、社会的行動は、相互作用、関係、構造という観点から記述できると主張しました。なお、構造とは社会的集団における行動を指します。ここで、ビョークランドは、ハインドの明確に進化的視点に立つモデルに従い、相互作用や関係、集団の中に見出されるポジテイプな社会的行動(協力)と、敵対的な社会的行動の発達を、ヒトの子どもと他の社会的な種に関して検討しようとしています。しかし、社会的行動の詳細を評価する前に、ます、社会的行動に関する進化論のいくつかの側面について彼は論じています。特に、自然淘汰と適応度において果たす役割という点から社会的行動を評価する方法について以下のように述べています。

進化論はその当初から、生存し、繁殖するための「闘争」の中で、個体が単独で、また集団の中で相互作用する方法を問題にしてきました。実際、行動や戦略の「機能」は、進化的な意味では繁殖価のことを指します。その際、行動の価値は、資源(配偶者や食料)の量が変化し、それらの資源をめぐって競争が生じる生態系において子孫が繁殖し、生存するという点で、利益を最大化する能力によって判断されます。利益を最大化する能力は、得ようとする利益に付随するコストやリスクとの関連から検討されると言います。