進化と家族の関係

人類は、子育てをするために家族を作りました。その中で特に重要な存在は、もちろん「親」です。人間は未成熟で生まれるために、その生存は親から受ける養育に依存しています。そして、それは、子どもからだけではなく、親の方にも利益があることです。

また、進化発達的理論によれば、子どもは親から受ける養育を高めるために、そして、地域生態の条件に最も適合するかたちに個体発生を調整するために、心理的、身体的メカニズムを進化させてきました。

しかし、子どもが社会の一員として成功するように支援することは、親だけではなく、社会全体の責任です。そこで、遺伝子的母親以外の個体による子どもの世話が必要であり、そのような存在がヒトの子育てにおいて常に重要な役割を担ってきたと考えられているのです。かつては、この役割は通常は近隣の社会グループの親しい人、多くの場合、女性の親族が担っていたようです。

進化と家族の関係性に関して、20世紀後半のアメリカの政治家は、健全な社会には「家族の価値」が重要であると、盛んに訴えました。このとき政治家たちが思い描いていた価値や家族は、現実のものというより、広告宣伝によって作り出されたものであったかもしれませんが、家族は、何らかのかたちで、子どもの生存と成功、それは社会にとっても、きわめて重要なものです。子どもには親が絶対に必要であり、そして、親にとって子どもは自分の遺伝子を絶やさないための道なのです。親子は互いに強く恩恵を受け合い、与え合う関係にあります。そして、それぞれが、数十万年もの進化の過程で、その関係性を最大限活用できるよう準備されてきたと言われています。

しかし、子どもをもつこと、そして親やきょうだいがいることによって生じる問題に対処するための後成的なプログラムが、自然淘汰によって形成されているとしても、こうしたメカニズムは環境条件に敏感です。家族の中にあらかじめ決まっている結果など存在しません。事実、「生得的な」要因と出生後の経験要因とが相互作用して発達を形成することがおそらく最も明らかなのは、家庭においてでしょう。その結果、家庭は協力、葛藤や競争すべてが同時に存在する環境となり、進化によるメカニズムに支えられて、家族の構成員それぞれが適応度を最大化させようとしているのだとビョークランドは考えています。

D.Fビョークランドは、進化発達心理学の中で、ヒトの本性の起源を探ろうとしています。ヒトは、社会的な種であり、お互いに協力し、理解しあう必要があったことが大きく関与して、現代のヒトの心が進化したのだとビョークランドは言います。ホモ・サピエンスは、進化によって人の集団生活への備えを持ちました。しかし、そういう準備があるからといって、繰り返し起こる社会的問題に対処する既成の解決方法を、子どもが持っているということではないと言います。ヒトの社会的環境は、多種多様であるため、よく相互作用をする相手と付き合っていくための方法を柔軟に身につけていかなければなりません。

代替可能な社会的戦略があること、そして、それらを用いることは、生物の発達環境を概念化するうえで重要な例です。環境は単に、ある行動やローレンツの言う意味での一連の行動を「解発する」だけではないと言います。