別居経験

近親婚回避の進化的な説明は、19世紀後半までさかのぼり、フィンランドの人類学者エドワード・ウェスターマークの著作に見ることができるそうです。ウェスターマークは、著書『人類婚姻史』の中で、子どものころに多く接触した者同士は、配偶者となる可能性がある場合でも、結婚することは非常に少ないことを指摘しています。その理由は、子どもの頃からなじみがあることによって、必ずしも侮蔑にはつながりませんが、性的魅力がなくなるからだと言っているのです。

一緒に育った人は近い血縁関係にある可能性が高いため、そのような人との交配を嫌忌することで、近親婚による退化が生じるリスクが低下します。そのため、子ども期の親交が、近親婚回避の近接メカニズムとなるのだと言うのです。ウスターマーク効果を支持する証拠としてよく引用される研究が、 2つあるそうです。その1つが、人類学者アーサー・ウルフの約40年間にわたる、台湾の「小婚」の伝統に関する研究です。19世紀後半から20世紀初期にかけて、家族間で幼い子どもの縁談がとりまとめられていました。このような場合には、女児は男児の家庭の養子となり、将来の新郎新婦は兄弟姉妹として一緒に育てられました。ただし、ここで留意すべきは、このやり方は、父方家族による配偶者確保の一種として機能し、父系の確実性が増すということです。ウルフの観察では、このような女児は、特に生後30ヶ月以内に養子となった場合に、義理のきようだいとの結婚に抵抗を示すことが多かったそうです。そして、このような結婚が現実となった場合には、「通常の結婚」と比較して離婚率が3倍高く、子どもの数は40 %少なく、妻が婚外関係をもっていると認めることが多かったそうです。

ウェスターマーク効果の証拠として多く引用される2番目の研究は、以前ブログで紹介したイスラエルのキブツで共同で育てられた人々に関する研究です。血縁関係のない子どもたちが、子ども期を通じて多くの時間を共に過ごし思春期に達する以前から異性同士で遊ぶことも多いのです。しかし、青年および成人となると、同じキブツの仲間同士が性的関係を結ぶことはきわめて稀であり、211のキブツの2769組の夫婦のうち、同じキブツの仲間同十の結婚は1例もなかったそうです。

これらの研究からは、非血縁者が幼少期から一緒に育てられると、両親共に同じきようだいの場合と同様に、互いを性交渉の相手とするのを回避することが示唆されます。では、きょうだいはどうでしょうか?きょうだいにおける近親婚回避を、非血縁者と対比してみて系統的に検討した唯一の研究が、べヴックとシルヴァーマンによる研究です。その最初の研究では、500名の大学生を対象に行った調査をもとに、子ども期以降の「成熟した」性的行為(性器性交、肛門性交、口腔性交など、またはその未遂)の発生率が、別居経験のないきょうだいよりも、幼少期に別居したきょうだいで高いことを報告しています。子ども期以降の「未成熟な」性的行為(愛撫、露出、接触など)の発生率については、別居の有無との関連はなかったそうです。しかし、この調査対象での「成熟した」性的行為の事例は絶対数が少なかったため、2つ目の研究が計画されました。