きょうだい差

サロウェイは、出生順位は重要な要因ではあるものの、相互に関連しながら性格の発達に影響を及ばしている子どもと家族のいくつかの特徴のひとつにすぎず、他には、親子間の葛藤の大きさ、きょうだい数、性別、年齢、親を亡くした年齢、社会階級や気質が、相互作用しながら性格に影響を与えていると言います。彼のこのモデルについては、これを支持する研究、不支持する研究が混在しているそうです。たとえば、サロウェイは自身の研究のなかで、科学や政治の「革命」の指導者は第二子以降であることが多く、それに対し、現状の支持者は長子である傾向が強いという証拠を示しているそうです。サロウェイが第一子は、誠実性が高い、経験への開放性が低いという特徴があり、第二子以降の子どもは、同調性が高い、反抗的であるという特徴的があると予測した性格因子を検討した研究では、サロウェイの仮説を支持する結果も、否定する結果も得られているようです。

行動遺伝学者ジュディス・ハリスは、サロウェイの主張と一致して、出生順位効果は家族内での子どもの行動に大きく影響していると言っているそうです。しかしハリスは、サロウェイとは異なり、子どもはそれを家庭外での行動に一般化しないと主張しています。ハリスによると、学習はむしろ文脈に依存しているため、家族内で獲得された行動や態度は、その文脈でしか使えないものであり、家族外での行動には大きく影響するものではないと言います。デルロイ・ポーラスたちの成人の自分自身およびきょうだいの性格に関する認知を評価した研究では、サロウェイの仮説と一致して、出生順位効果が最も高かったことを報告しているそうです。このように、家族内で比較をした場合には、サロウェイの予測と一致する出生順位効果が認められています。しかし、家族間の比較では結果の頑健性は低くなり、ハリスの仮説と一致します。

進化発達心理学の視点からは、子どもの家族内での出生順位がその子どもの発達に重要な影響を与えないとは考えられません。資源をめぐるきようだい間の競争は現実に存在し、そして、親は、意識的であるにしてもないにしても、ある特定の子どもを他の子どもよりもひいきするものなのです。また、長子には年上であるという強み、つまり、 2番目の子どもが生まれるまでにすでに数年間生きのびているという利点があります。乳児死亡率が高い環境では、このことが、たとえ短期間ではあっても年上のきょうだいの直接的な強みとなります。

しかしビョークランドは、出生順位が子どもの行動や性格に影響を与えることは認めますが、出生順位の影響は家族内で最も大きいとするハリスの主張に概ね同意しています。ハリスの主張と異なるのは、きょうだいとの相互作用を含む家族内での経験が、性格や発達全体に大きな影響を及ばすと捉えている点だと言います。しかし、子どもの学習はほとんどが文脈に依存しており、子どもの家庭内の行動と家庭外の行動を区別する際には、この点が特に重要であると、彼も考えているようです。

子どもたちの性格や特徴が、どのような要因を持って決まるのか、どのような影響を受けているのかということは置いておいても、このような違いを持っているということの基本的な目的は、多様性を生み出すことなのです。