第何子?

一夫多妻の家庭では、母親の行動が、同父同母きょうだい間の結束を促進していると考えられていますが、父親からすれば、子どもは全員、自身の遺伝子の半分を保有しているので、自身との関連度は同じです。母親が誰であれ、自分の子ども全員が協力し合うことで、父親の包括適応度は高まります。しかし、一夫多妻の家庭で母親がもつ視点はこれとは違うようです。社会および宗教的価値観に反するものではありますが、母親の包括適応度は、自分の子ども同士の結束、一夫多妻の家庭では同母きょうだい間の結束を促進することによって、最も高まると言うのです。

きょうだいと比較して、自分にどれだけの投資を親がしてくれるかということに、子どもが敏感であるとすれば、家庭内の出生順位はその子どもの行動に重大な影響を及ぼしているはずです。このことは、上述の新しいきようだいが生まれたときの第一子の反応を検討した研究結果でも触れています。出生順位が性格の発達に与える影響については、心理学でも長く研究が続けられてきたそうですが、得られたデータは相反するものが非常に多いそうです。家族内の出生順位がその人の発達を形づくる上で顕著な要因であることは確かなようだと言うのです。しかし研究では、たとえば、長子、末子あるいは中間の子であることが、発達に普遍的な影響を、それは個人に特有の影響ではなく、どの程度与えているか、ということが争点とされてきました。

科学史学者であるフランク・サロウェイは、出生順位が性格の発達に与える影響を進化的視点から解釈し、自然淘汰によって子どもは家族内の相対的地位と関連のある資源関連要因に敏感となったと主張しているそうです。特に、子どもたちは家族内のニッチを得るために互いに競争をし、それが子どもの性格形成につながると言います。サロウェイの説では、長子は親の注目や資源を伝統的な社会的ルートから獲得するため、誠実性が高いのですが、経験への開放性が低い傾向があるとされているそうです。

その一方で、長子は自身の高い地位を年下のきょうだいからの脅威から守らなければならないため、同調性は低くなると言うのです。後に生まれる弟妹は反対に、成功や親の注意を得るための別のルートを探し、地位の高い兄姉から頻繁に受ける圧力に抵抗しなければならないと言います。その結果、弟妹は共感性が高く、個人主義的傾向が強く、また、サロウェイのことばを引けは「反逆者」である傾向が高いと言うのです。こんな分析を聞くと、自分のきょうだい関係を見直してみてしまいます。また、自分はきょうだいの中で何番目かを意識してしまいます。そして、確かにと思い当たることも多くあります。でも、それだけでもないという気もしてきます。

そんなこともあって、サロウェイは、出生順位は重要な要因ではあるものの、相互に関連しながら性格の発達に影響を及ばしている子どもと家族のいくつかの特徴のひとつにすぎない、と指摘しています。出生順位の他には、親子間の葛藤の大きさ、きょうだい数、性別、年齢、親を亡くした年齢、社会階級や気質が、相互作用しながら性格に影響を与えているということは、予測されることです。