同父同母きようだい、同父異母きょうだい

社会学者ウィリアム・ヤンコウィアックとモニーク・ディーデリクは、アメリカ合衆国南西部におけるモルモン教の一夫多妻制の共同体に住む家族を対象に、文化的慣習に起因する効果と包括適応度とを分離することを試みるために、大規模な面接調査を行いました。この共同体では、父親が家長であり、家族生活に関する公の教えは、父親が同じ子どもは皆平等であるというものです。また、父親を頭として家族がまとまることの重要性が、教会での礼拝、日曜学校、そして地域の学校で一貫して強調されています。子どもの家庭は、公的には母親ではなく父親で特定され、一夫多妻の家庭内では協力が最優先事項です。つまり、社会通念上は、両親共に同じきょうだいと片親が違う(同父異母)きょうだいとを区別することなく、家族内の非常に強い協力関係が求められているのです。

ヤンコウィアックとディーデリヒは、両親共に同じきようだいと片親が違うきょうだいがいる一夫多妻の32家族70名を対象に、結東に関連する面接を行いました。成人の面接協力者に、たとえば以下のような質問をしたそうです。きょうだいにお金を貸したり、きようだいのために子守りをしたりするか?それは、「機能的結束」とします。また、きょうだいそれぞれとの親密さはどれくらいで、父方の家族で一番好きな赤ちゃんはどの子か?それは、「情緒的結束」とします。そして、誕生日パーティ、結婚式に出席する等のやりとりがきようだい間でどの程度行われているか?などの質問です。

そして、各質問項目に対し、同父同母きようだい、あるいは同父異母きょうだいが回答された割合を示しました。差はすべて統計的に有意であり、すべての項目について、同父同母きようだいが、異母きようだいよりも多くあげられました。これらの結果が目を引くのは、結果に一貫性があることはもとより、同父同母きょうだいを好むというこの結果が、「家長の子どもはすべて等しく扱わなくてはならない」ということを強調する共同体の価値観に反している点だと言うのです。

このデータは、きょうだい間の結束する気持ちや行為は、単に同じ家庭で一緒に育つことで生じるものでも、きょうだいの協力を促す社会的拘束によって生じるものでもないことを、はっきりと証明しています。むしろこのデータは包括適応度の理論と一致するものであり、きょうだいの結束には遺伝的な類似性が決定的な役割を果たしていると考えられると言うのです。しかし、子どもたちが「本能的に」自分のきょうだいを認識し、きようだいとの結束の感情を発達させるというわけではありません。ビョークランドは、両親共に同じきょうだいを片親が違うきようだいよりも強く結びつける要因として、近接的な効果があると確信しているそうです。たとえばヤンコウィアックとディーデリクは、「母親は自分の子どもを特別扱いすることが多く、それは他のきょうだいがすぐ気づくようなかたちで行われる」と述べているそうです。

たとえば、多くの家庭で、母親は自分の子どもを自分の寝室へ連れて行って、テレビを見たり、本を読んだりします。他の子どもはこうした集まりから排除されるわけではありませんが、子どもは自分の母親および同母きようだいと集まる傾向が高いそうです。このように、一夫多妻の家庭では、母親の行動が、同父同母きょうだい間の結束を促進していると考えられるのだというのです。