継親の投資

親の投資理論に従えば、継親は、自分の生物学的な子ではないことが明らかな子どもの繁栄に、ほとんど興味を示さないはずだと言います。実子以外の子どもに資源を配分することによって、自身の繁殖適応度への直接的な利益が得られるとは考えにくいと言います。それどころか、継子に資源を与えるということは、他人の子どもの繁栄を保障する助けをすることになる。他者の子どもに資源を浪費する傾向には.淘汰は不利に働くはすである。しかし実際には、現代の多くの継家族で、継親は継子の世話に大きな役割を果たしています。しかし、継子に与える世話の量は、実子に与える量とは有意な差があることが多いのです。

継母の数と継父の数はほほ同数だそうですが、ほとんどの分析は継父と継子との関係性に焦点を当てたものです。その理由は、主に、実の両親が離婚する際には幼い子どもの養育権を母親がもつことが多いため、子どもは母親と継父と共に生活をする事例が多いこと、また、そうしたケースの方が、研究者がアプローチしやすいことによるそうです。以下に示す事例の多くは、継父子間のダイナミクスを検討したものですが、継母にも同様の過程が作用しているものと推測されるようです。

継親の投資に関する進化的な説明の多くは、継子に与える世話の量を継親の配偶努力と関連付けています。その議論では、女性にとっては、自身の子どもに関心が全くない男性と関係性を持つよりも、今いる子どもの援助に関心を示す男性と関係性を持つ方が有利と考えるのです。そのため、新しい配偶者を探している男性にとって最もよい方略は、配偶者となる可能性のある女性の子どもに対する気遣いを見せることです。そうすることで、男性は自分には価値があるということ、つまり、その女性および今いる子ども、さらには、これからふたりの間に生まれる子どもに対する投資を行う意志および能力があるということを、女性に納得させることができるのです。

継親が行う養育努力の裏には別の思惑があると疑うのは、少し残酷なように思えるかもしれませんが、このダイナミクスは、生物学的な父子関係の中で起こっていることとあまり変わりがないとも考えられると言います。実の父親の養育努力についても、その行動の背後にある本当の動機が何であるのかが問われてきたと言います。実の父親は、養育努力と配偶努力のかたちで子どもの適応度に貢献していると主張する研究者もいれば、父親による子どもへの投資は、配偶努力のかたちでのみ行われると主張する研究者もいるそうです。この論争は、いまだ決着がついていないそうですが、ひとつだけ直接的な通応度の観点から比較的はっきりといえることは、「継親に期待される子どもの適応度に対する投資量は、実親に期待される投資量よりも低い」ということだそうです。そのため、継親が行う投資は、実際の養育努力よりも配偶努力を日的とするものである可能性が高いと考えられるのだと言います。

しかしこれは、継親子間に、固い情緒的な絆が成をしないということではないと言います。多くの継親が継子を深く愛しているのです。しかし、多くの場合、継子との間に実子と同じような情緒的愛着を形成することは難しいとも、継親は感じているようです。アメリカ合衆国の中流階級の継家庭を対象としたある研究では、継子に対する何かの「親の感情」があると答えたのは、継父で53 % 、継母で25 %のみだったそうです。それでも、多くの継親子が親密な継続的な結びつきを形成していることについては、そうした結びつきに対する継親の動機が関連しているものと考えられます。