シンガポール報告11

子どもの行動を予測するということは、子どもをよく見ているとできるようになってきます。以前ブログでも紹介したと思いますが、ある蝶の写真家と飲んだ時の話です。彼は、なぜ自分が蝶の良い写真が撮れるのかを私に聞きました。彼に言うのは、技術でもなく、カメラの性能でもなく、蝶の行動が予測できることだと言ったのです。飛んでいる蝶を見ただけで、この蝶は、どこに行って、何をしたいのかがわかるのだというのです。ですから、先回りをして、そこにカメラを向けているので、決定的写真が撮れるというのです。その時に私は、いい保育者とは、子どもが歩いているのを見ただけで、その子がどこに行き、何をしようとしているのかがわかるのではないかと思ったのです。最近、園の職員にその力が育ってきたなあと思うようになったのは、いい動画が撮れるようになったからです。

これらの動画が園にはたくさん保存されています。それは、その動画をみんなで見て研修をしたり、行事の時に保護者に見てもらっているからです。それが、今回のシンガポールでの講演に役に立ったのです。

今回、もう一つ予測する力が役に立ったことがありました。シンガポールでの講演の二日目の会場は、コンサートホールのようなところです。舞台が広く、観客席が傾斜になっていて、操作室が一番後ろの上の方になるホールでした。今回の講演は、パワーポイントで説明しながら、それと関連する動画を織り交ぜていきます。そこで、講演資料は、話す順序に沿ってパワーポイントを構成し、その間に動画を取り入れておき、順に話を進めていきます。しかし、思いがけないハプニングがありました。それは、資料にかなりの動画を挿入したためか、データが壊れているのを朝、気が付きました。

当日のデータは、前日に修正したばかりで順序がバラバラなうえに、さらに、今回一緒に来た私のアシスタントが、会場で急いで作り直したこともあり、何を使うかは話の流れで考えていかなければなりません。事前に私が日本で使うであろうパワーポイントの場面を打ち出しておいたので、それに番号を振り、次はどの画面を使うかをアシスタントに番号で指示したのです。そして、間に「次は、エプロンを自分でしまう動画」と指示して、それを探してアシスタントは映し出さなければなりません。しかも、操作は、会場の一番後ろの操作室で行います。そこで、まずインカムを借り、それで連絡しあうことにしました。しかし、動画を探して、いったんパワーポイントを消して動画に切り替えると、かなりのタイムラグが起きてしまいます。そこで、アシスタントは、2台のパソコンを使うことにしたそうです。片方のパソコンで、話している画面を映写し、その間にもう片方のパソコンで動画を用意します。そして、私の指示に従って画面を切り替えていきます。それを素早くやるためには、私が話の流れで、次はどの場面を使うか、どの動画を使うかを予測していかなければなりません。彼が後で言うには、それがピタッと当たった時の快感は何とも言えなかったそうです。さすが、何年か全国を一緒に講演に回ったパートナーですね。

そんなバタバタの二日目の講演でしたが、反応は良かったです。しかし、会場の作りのせいなのか、今回はサイン攻めというよりも、一緒に写真を撮ってほしいという希望者が並びました。あまり写真が好きでない私は、たぶん顔がこわばっていたでしょうね。