シンガポール報告9

セミナーの前には、こんなメッセージが流れます。「Be Here in the Present – 3 full hours of learning and reflection」「Listen deeply to learn and understand」「Test assumptions」「Share & make your thinking visible」「Turn off/silent all mobile devices」「Enjoy the Learning」です。このセミナーは、学習と振り返りのための3時間だと言います。学習はよくありますが、振り返りは意外と少ないような気がします。もちろん他人の話を聞くことによって、自分を振り返ることは多くあります。しかし、その気持ちで講義を聞くことも大切です。次の項目についても、私はあまり英語は得意ではないので、直感ですが、よく言いそうなことは「Listen carefully and seriously」のような気がします。しかし、「deeply」という言葉を使っています。それは、表面的な意味だけでなく、その言わんとしている意図も理解するように聞くことが大切であることを言っているのでしょう。そして、その考えを人にわかるように説明する必要があります。考えを実行に移すには、考えを可視化する必要があるのです。そうしなければ、お互いに理解しあうことは困難になるのです。そして、セミナーへの参加は、何よりも喜びであり、学ぶ喜びがあるのです。また、学ぶ喜びを感じる人は、その学びを実行することにためらいがなくなります。

また、そのセミナーの重要性を認識してもらうための工夫があります。それは、内容に共感することが必要ですが、そのためにまず、話し手に対するその内容の信用が必要です。今回は、私に対する信用です。主催者や代表は私のことを園に訪ねてきたときにいろいろと話をしたのでよく知っています。しかし、参加者は今回初めて私を知ることになります。そのために、代表が、私のことを重視することが効果的になります。そこで、話し終わって代表は、「この人に、本にサインをしてもらえるのは、とても貴重ですよ」「この人と会えるのはめったにないくらい有名な人ですよ」とみんなに言うのです。そこで、参加者は、私の本を自慢げに持ち、その本に私がサインをするのを頼みにきます。それは、アイドル並みでしたが、私は見守る保育を勧めるための作戦の一つだろうと思っています。やはり、マネジメントに学ぶことが多いですね。

二日目の講演対象者は、1日目と違って、また「見守る保育」」に取り組んでいない園に対して話をしてほしいということでしたが、打ち合わせをしていて若干違っていました。この法人は、全体で「見守る保育」を実践しようということは合意されているそうです。しかし、その理念を理解していて、具体的に取り組んでいるパイロット園は21園あり、その園の園長・副園長・英語担当、中国語担当が講演対象者でした。代表が言うには、ほぼ50%程度の理解だとすれば、二日目の講演対象者はほぼ10%理解している人たちだというのです。私からすれば、パイロット園を見学したときに、よく理念を理解し、本質を理解することからすぐに実践に移した園が、50%の理解とすれば、10%の理解している園だとしても、かなり理解しているだろうと推測できます。今回、二日目に話そうと思っている内容は、まだ取り組んでいない園に、取り組むように説得するのだと思っていましたので、いかにこの保育が次世代のために、また、最近の知見によって必要な保育であるかを強調する内容にしていました。そこで、その日の夜は、その修正で大変でした。