シンガポール報告8

シンガポールでの講演は、導入する保育について、実際に現場に生かされる、また生かそうとするための工夫がされていました。研修などでは、話しの内容にはうなづくことが多くても、実際に保育の中にどう取り入れればよいのかがわかりにくいことが多い気がします。ですから、研修に多く参加しても、それが実際には反映していきません。そして、「結局、今まで通りでいいのね」とか「いいのはわかるけれど、うちではね」とか、「それは理想論なのよね」などとつぶやいて変わっていきません。今回の話し合いでは、真ん中に置いたボードでは、話し合った内容を書き込んでいきませんが、最後のページには、では、明日からどうしていくのか、何を試してみたいのか、などを具体的に書き込んでいきます。今回、試しにしていってみたいことの中で多かったのは、異年齢でのふれあいでした。シンガポールでは、まだ年齢別保育を行っています。それは私の園の実践の中で、異年齢児が関わる姿を見てのことでした。私はそれを受けて、後で、小さい子の面倒を見てあげるとか、小さい子がやってほしいことをやってもらうためには、自分が小さい頃に上の子にやってもらった経験がなければ、他人にやろうとはしません。自分がやってもらい、それがうれしかったとか、助かった経験を積み重ねることで、自然と小さい子の手伝いができるようになるので、焦って、小さい子の面倒を見させるようなことは避けた方がいいという助言をしました。

もう一つ、具体的な行動に移すためのグッズがありました。それは、参加者に小さいノートを受付で配布します。そのノートは、話し合いの中で、自分は何をやってみたいと思ったのか、どこから始めようと思うかを書いていくノートです。しかし、日本でもこのノートのアイデアを取り入れ、配っても、終わってから白紙の人が多い気がします。結局、何も書かない人が多い気がします。しかし、ここシンガポールでは、皆いっぱい書き込んでいました。そして、実際にそれを行うための課題を、話し合いの中で取り上げたり、日本からの参加者に聞いたりしていました。

あと、この保育を実践するために、そのモティベーションを、また、取り入れようとする保育のステータスを上げるためにいろいろと工夫をしていました。まず、会場の雰囲気作りです。コーナーに実際の保育室を再現し、取り組みの実践例、その趣旨などの展示もその一つです。ほかに、見守る保育についてのさまざまなグッズが用意されていました。まず、最終日の保護者講演にスタッフ皆が着るおそろいの、ロゴの入ったTシャツです。そして、首に下げるセミナー名が印刷されたオリジナルのネックストラップ。また、ノートに書きこむための、やはりロゴ入りのボールペンです。色は、この法人のシンボルカラーのオレンジです。そして、やはり最終日の保護者講演の時に資料を持って帰るためのトートバッグで、色は青と黄色と2種類用意されていました。

また、今回様々な資料、案内板、すべてのロゴの入ったフレームを使います。講演でも、私たちは、パワーポイントを用意したのですが、その内容をすべて、先方の作ったロゴ入りのフレームに入れなおして、当日は使いました。それらは、すべてこの日のために用意されたもので、すぐにかかった費用を心配してしまいました。しかし、力の入れ方に、返そうと私も話をしましたし、会場の参加者も熱心に話し合っていました。