シンガポール報告7

講演会では、会場には様々な工夫がされていました。まず、紹介したように会場の一角には、取り組みの例としての保育室がブースとして紹介されています。そこには、展示のほか、様々なグッツも並んでいます。

環境からの展示としては、まず、「人」については、日本ではまず保育者を挙げますが、この展示では、まず「食事の時間」を上げています。そして、そこでは、食事の時間は、子どもたちが自助、自立、社会的スキルを育てる活動であるとしています。当番活動を通して、自助、自立という「人は支えあって生きていくこと」を実感することができ、集団保育の役割として、この人という環境は、家庭では用意するのは困難なものです。もう一つの人という環境を、クラスルームにおけるコミュニティとしています。この取り上げ方は、私からすると「見守る保育」で目指すことがよく理解できていると思いました。この2点を人という環境から取り組み始めたことは、代表の言う、「この園は、見守る保育の理解がまだそれほどできていない」ということはないような気がします。

次に「物」の環境の捉え方です。その一つは、「発達を意図した手作りおもちゃ」です。それぞれの年齢における意図を持った遊具を手作りで作るというのには感心しました。当日、そのいくつかが展示されていました。私も手作りおもちゃを見ることがありますが、きちんとその意図を意識して、それをきちんと表現しているのは感心しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一つのものとして「パズルとボードゲーム」を挙げています。この選び方もさすがですね。私の提案は、家庭とは違う子ども集団のある役割を主に環境を用意することを提案していますが、その一つにボードゲームがあります。これについては、かつてブログでも取り上げましたが、かつてのボードゲームのように、二者で戦うというよりも、数人で助けあう、かかわりあうことを学ぶボードゲームが大切です。このような遊具を用意しておく必要があります。

そしてもう一つの環境である「空間」です。それもただ場所とか、出来事とかいうだけで、どのような場所が必要であるかはあまり論じません。この展示では、まず、「絵本ゾーンとリラックスゾーン」としています。この度、実践園で見せてもらったゾーンの一つがこの場所です。これは、&とはなっていますが、それはそれぞれが別の場所ということではなく、二つの機能を持った場所という意味でもあります。これは、ドイツでもそうですが、本を読むということは学習という意味もありますが、リラックスするという効果もあります。そのための場所は、床にクッションを敷いたり、天蓋をつるしたり、部屋の隅に作ったりと工夫します。その一つのグッズの提案として、癒しのために座るクッションとして、タイヤの中にクッションを入れたものなどが並べてありました。見学した園では、そのような設定がされていました。

もう一つは、Engagementと創造ゾーンとあります。最初、Engagementゾーンの意味が分かりませんでした。ここでお互いに婚約するわけではないのにと思ったのですが、どうも私の園のピーステーブルのことで、この場所でお互いにここで出会って、分かり合うというような意味のようです。本質をよく理解しているようです。ですから、相手と自分の感情がよくわかるように感情パネルがあったり、握って心を鎮めるためのものとして、風船の中に小麦粉、コネ、豆、砂などを入れて、その表面に顔の絵が描いてあり、そのような気持ちの時にはこれを握るといいというかのように表現されています。