シンガポール報告6

シンガポールでのディスカッションでは、随分と参考になることが多いです。まず、話し合いの内容を、書記が記録するのではなく、机の真ん中に置かれたボードに次々と書いていきます。書きながらみんなの意見を聞き、なるべく主観的にならないように、皆に見えるように書いていました。しかも、その記録は、後で主催者が回収します。話し合われた内容が、記録として保存できるのです。同時に、個人的に疑問に思ったこと、課題だと思ったことは付箋に書いて、壁のボードに貼り付けます。そのあとは、日本でもよく行われるように、各グループから話し合いの内容の報告です。しかし、それもボードを見ながらの報告ですから、単に主観的な意見ではなく、きちんとした内容報告です。しかも、話し合う課題がきちんと設定されているため、内容も整理されてあります。

しかし、時間の都合で10グループも無理ですので、そのあとはどうするのかと思っていたら、面白いことを行いました。各グループに二人残して、残りの人たちは隣のグループに移動します。そして、隣のグループの残っている二人が、移動してきた参加者に話し合った内容をプレゼンします。そして、また次のグループのところに移動しています。こうして、内容を共有していきます。

話し合っている間、責任者と話をしていたのですが、興味のある話を聞きました。それは、保護者にどう説明するかということに対してです。今回、ブースで紹介していたのは、見守る保育の中で、どこから取り組んでいるかです。たとえば、それを聞いたときに、すべて取り組もうというのではなく、できるところから取り組むというと、あまり構えずに取り組みやすいという考え方に感心したのですが、実はもう一つ意図があったのです。それは、保護者対応です。「見守る保育に代えます!」というと、「それはどのような保育か?」「そのような保育で子どもたちはきちんと見れるのか?」といろいろと質問を受けます。それどころか、変えることに抵抗することもあります。それを説得したり、子どもが変わってくるまでじっと辛抱しなければならないことがあります。しかし、たとえば、「ピーステーブル」を取り入れるだけであれば、特に保護者への説明はいりません。しかし、それを作ったことで、「子どもにこんな姿が見れるようになりました。」という報告をしていきます。そうすることで、次第に見守る保育を広げていけば、保護者は特に意識せず、知らないうちに見守る保育になっているというのです。

今回の講演で異年齢保育のかかわりを紹介しましたが、それを見た園では、さっそく取り入れたいと言っていましたが、それは異年齢の活動を増やしていき、知らないうちに異年齢保育に代わっていくという取り組みだそうです。代表は、「何も大々的に取り組みを保護者に言わないで、少しずつ取り入れて、知らないうちに代わっていたということであればいいので、すぐにでも取り組めばいいのよ。」と取り組みが進まない園に助言していました。そんな導入もあるのですね。

いま、「はじめの一歩」という、取り組み始めての苦労を紹介する本を紹介しています。その中に、ぜひ、シンガポールで取り組み始めた例を入れたいという意向を話したところ、喜んで提供してくれるそうです。それは、28日に訪れた実践園で見せてもらった導入についてのプレゼンを見せてもらったので、それが欲しいと要求してみたのです。