シンガポール報告5

シンガポールでの講演1日目は、午前中は私の講演でした。会場のセッチングは、丸テーブルに座る方です。それは、午後のディスカッションのためです。講演内容として、私は、もうすでに取り組んでいる園の園長たちですので、「見守る保育10か条」に沿って、具体的な動画と写真を交えて話をしました。この10か条については、事前に英語に訳して先方に渡しておいたところ、それを資料として配布されていました。

この講演は、当初9時から13時までの予定であることが告げられていました。しかし、12時10分前になると、責任者から12時に終わるように指示されました。それは、会場の聴衆者を見ていると、真剣に聞いていて、頭がいっぱいいっぱいになっているようなので、これ以上続けると、頭に入らなくなるので、途中にいったん講演内容を整理する時間を設けたのでした。そこで、午後に予定されていたディスカッションを、午前中の1時間を当てて、講演内容を整理する時間にしたのです。参加者の顔を見て、柔軟に対応するのに感心しました。

13時からの昼食は、ロビーにおいてカフェテリア方式で行われました。メニューはシンガポール料理がメインでしたが、割と日本人にもなじめるものでした。しかし、何よりも感心したのは、紙皿とプラスチックのスプーンとフォークの並べ方です。今まで見たことのない、まさに芸術的とも言える並べ方です。

14時からは当初の予定を変更して、私の話を1時間して、そのあとディスカッションです。日本から、助っ人として同じ保育を進める仲間の園として10名が参加してくれていました。そこで、丸テーブルを10テーブル用意をし、参加者を10のグループに分け、日本からの参加者を各テーブルごとに1名、そして通訳の人をやはりテーブルごとに1名つけてくれました。話し合う内容として、講演を聞いて、どんなことが参考になったのか、何が課題なのか、自分の園で何に取り組みたいと思ったのかを話し合います。そして、出た意見を、テーブルの真ん中に置いたボードに書いていきます。このボードは、3Mの「ポストイット イーゼルパッド」と呼ばれるもので、その商品説明に、「模造紙のように大きな紙で作られた、巨大なふせん。」「簡単に壁に貼ったりはがしたりできるので便利。」「持ち手がついているから、持ち運びも簡単。」「会議室などで使うのにも最適。」とあり、サイズは、584x508mmで、紙の枚数は、20枚です。

参加者の中の一人が、その紙に参加者から出た意見を次々に書いていきます。私は、その話し合いには参加しませんでしたので、どのような話が出たのかはよくわかりませんでしたが、聞くと、日本と同じように、保護者にはどう伝えるのか、どこまで見てどこで保育者が介入したらよいのか、このような保育を受けた子たちはその後どうなっているのか、などだったそうです。