シンガポール報告4

今日は、シンガポールで初めての講演でした。この研修会を主催したMy First Skoolという法人の紹介として、こう書かれてあります。

「私たちの法人は、40年前から、幼児のケアと教育のリーダーでした。 NTUC(National Trades Union Congress)ファーストキャンパス協同組合の就学前教育機関である私たちは、1977年に開校して以来、シンガポールで最も尊敬されている幼児組織のひとつに成長しました。子供たちは、いつも私たちの心の中心にありました。そのために私たちは、ホリスティックなカリキュラムと絶えず増え続ける就学前の施設として、情熱的な教師、親との緊密なパートナーシップによって、楽しい学習体験の場を創造しようとしています。私たちは130以上の就学前学校を運営しており、毎日、すべての子どもたちがすばらしい成長をとげることができるように、質の高い就学前教育を提供できるよう専念しています。」

今日の講演のために、昨日打ち合わせに1日かけました。どのような内容にするのかを共有するためです。最初、随分と長いと思ったのですが、打ち合わせが始まると、足りないくらいでした。それは、1日中と言っても、途中でティーブレイクタイムが入るからです。この時間は、部屋から出て、飲み物だけでなく、サンドウィチやはるさめなどの軽食や様々なスウィーツが並んでいます。

そんな準備の後、今日はいよいよ講演です。この法人の施設に勤務している職員は、全部で3000人いるそうですが、その中で現在、見守る保育をパイロット園として取り組んでいる園21園の園長、副園長、英語専門、中国語専門の先生150名ほどを対象としたワークショップが今日行われました。朝9時に始めり、夕方5時までです。会場は、Singapore Chinese Cultural Centreです。会場は昨日、下見をしてあったので、今日はそれほど驚きませんでしたが、様々なイベントが行われるかなり大きな会場です。

講演会場に入ると、まず目についたのが、「見守る保育」を実践している3園による、取り組みを紹介するブースです。

まず、どこから取り組んだか、その経緯と、意図と、様々なグッズ、環境を再現していました。そこにおける掲示物は、見守る保育をよく理解し、その取り組み内容がきちんとパネルに入ったポスターによって示されています。その内容は、私たちにもとても参考になるものでした。