シンガポール報告3

今日は、明日からの講演の打ち合わせ会議を朝9時から午後4時まで行いました。まず、昨日の視察の振り返りです。まず私から昨日のブログで紹介したように、できるところから取り組むことが大切であるという話をしました。どうしても、すべてにおいて「見守る保育」を導入しなければならないと思うことで、改革の第1歩が踏み出せない園が多いからです。昨日紹介した園では、ピーステーブルを作るところから、給食の配膳を見直すところから行った園でした。

そのほかには、絵本ゾーンの見直しから行った園もありました。同時に、その場所は子どもたちがリラックスできる場所として設営されていました。絵本を、表紙が見えるようにして、子どもたちがどの本を読もうかという動機を持ちやすくします。また、リラックスして本が読めるように、下には絨毯とかクッションを敷いて、上には、他の場所を空間的に区別するように天蓋などを取り付けます。それまでは、きちんと椅子に座り、背筋を伸ばして本を読んでいましたが、子どもたちがリラックスして本に親しめるような工夫がされていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、子どもたちが自分で室内の掃除をやることができるように、掃除道具の使用目的を明確にしていました。たとえば、雑巾も拭く場所によって色を変えてあります。それによって、子どもたちは、床の上を拭こう、机の上を拭こうという行為がしやすくなります。ほうきとちり取りにしても、使用場所が決めてあり、子どもたちが自ら道具を使うことをしやすくします。

また、取り組むためにまず行ったことが、少し違う観点ですが、こんな見直しもありました。それまで、子どもたちが自発的に取り組む環境として様々な「コーナー」が用意されています。今回、最後に見学した園では、そのような場所の掲示として、「ゾーン」という言葉が使われていました。しかし、まだそれは徹底しておらず、場所によってはコーナーと表示されているところもあったので、そうしてか聞いてみました。すると、今までは、子どもが何かを取り組むための場所としてコーナーという表示をしていたが、そうなると、ここではこれ、ここではこれ、というように活動が分断されてしまいます。子どもの活動はもっとダイナミックなものであり、いくつかのコーナーをまたがって活動することもあるために、ゾーンという言葉を使うようになったのですが、まだ導入したばかりなので、すべての場所には徹底してはいず、今後少しずつ、すべての場所の考え方としてゾーンに切り替えていくという話でした。また、コーナーに充てる漢字に「角」という字が使われていたところを見たので、ちなみにゾーンとなると、どのような漢字を使うのか聞いてみたところ、「区」を使うと言っていました。

今回の視察の中で、最後の見学した園で少しびっくりしたのが、定員が500名だということです。その園は、とても広く、各年齢においてオープンなつくりとなっているために、それほど多いという感じがありませんでした。聞くところによると、現在建設中で、来年開園する園の定員は、なんと、1000名だそうです。想像がつきませんね。その園では、開園当初から「見守る保育」を実践する予定だそうです。定員が多くても、見守る保育を行えば、それほどてんてこ舞いをしないで済むかもしれません。楽しみですね。