進化によるメカニズム

2つ目の研究では、兄弟姉妹との性的関係に関する質問紙への回答者を求める広告を、トロントの大手新聞に出してボランティアを募りました。この手法により、全体のサンプル数は178名と小さくなりましたが、きょうだいとの性器性交の経験をもつ回答者数は54名と多かったそうです。性交の報告があった54例のうち、35例は射精を伴う膣性交、10例は射精を伴わない膣性交、9例は膣性交未遂だったそうです。また、性交渉以外の性的行為の報告もあったそうです。この2番目の研究結果も、最初の研究報告と同様であり、幼少期に別居をしたきょうだいは、別居経験のないきょうだいよりも性器性交を行う傾向が高く、「未成熟な」性的行為については、別居の有無の影響は見られなかったそうです。

ベヴックとシルヴァーマンは、彼らの知見が、ウェスターマーク効果の主要な解釈を修正する必要性を認めるものだと述べています。幼少期から一緒に暮らすことによって、生殖的な性行動、たとえば、性交などの減少にはつながりますが、性交渉以外の性行動、たとえば、愛撫や露出などは必ずしも減少しないのです。さらに、ウルフの説と一致する仮説として、近親婚の回避効果に対する敏感期は3歳までであると指摘しているそうです。

ベヴックとシルヴァーマンの調査では、回答者の約3分の1がきょうだいと性器性交を行っていたそうですが、もちろんこの高い値は一般的な母集団の近親婚の割合を表すものではありません。ただ、子ども期以降のきょうだい間の性的関係の発生率が、「成熟した」「未成熟な」共に0よりは多いことから、同居きょうだい間の近親婚回避効果は完全なものではないと考えられるとビョークランドは言います。

幼少期からの同居と「なじみ」がウェスターマーク効果の最近接的な原因であると指摘するだけでは、近親婚回避の生物学的メアニズムや心理的メカニズは明らかになりなりません。同居となじみの何が、きょうだいの性的関心を減少させているのでしょうか?最近の研究では、嗅覚的な手がかりが、幼少期からの同居者との性的関係に対する嫌悪を生じさせるメッセージを運んでいることが示唆されているそうです。たとえば、動物研究では、免疫系、特に、主要組織適合性複合体(MHC)がもつ特徴の違いが、嗅覚的手がかりを通して感知されることが示されているそうです。動物は、MHCの遺伝子型が自身と異なる異性を交配相手として好む傾向があり、その差を匂いで感知しているのだそうです。それは、先に述べた免疫系に多様性があることで、寄生虫への抵抗性が高くなることを思い出します。同様に、ヒトの女性も、ゲノムのMHC 領域が異なる男性の匂いを好むという証拠が得られているそうです。

また、 411組の隔絶的な生活をし、固有の文化を維持しているキリスト教の宗派集団であるフッター派の夫婦を対象とした研究では、自身とはMHCの型が異なる人と結婚している傾向があることが報告されているそうです。シュナイダーとヘンドリックスは、子どもは同居者の臭いに対する性的嫌悪を発達させること、そして、この嫌悪、あるいは、異なる臭いをもつ人に対する選好性の発達には敏感期があると主張しているそうです。近親婚回避を引き起こす最近接な要因や、近親婚回避が生じる条件や生じない条件を整理するためには、さらにさまざまなレベルでの研究が必要だとビョークランドは言います。しかし、進化によるメカニズムが、環境要因や発達的制約と相互作用することで、一般に適応的な行動が生成されているのは明らかなようです。

進化によるメカニズム” への10件のコメント

  1. ふと香る匂いである時のことを思い出すことがあります。考えてみればそれ程に脳に強烈な印象と衝撃を残すものであるのですから、それが人類メカニズム上の重要項であるという考えは、納得出来ます。あまりにも身近過ぎることが実は大きな価値を持っていて、灯台下暗しではありませんが、物事の解答はもっともっと傍にあるものなのかもわかりません。
    「近親婚の回避効果に対する敏感期は3歳まで」改めて乳幼児期が重要であることを思います。愛が大きくなるとヒトはまともになる、とは至言で、その敏感期をまともに過ごせるような社会へと貢献することが、福祉に携わる人間の使命の一つではないでしょうか。

  2. 「同居となじみの何が、きょうだいの性的関心を減少させているのでしょうか?」という問いはとても興味深く、その最近の研究で「嗅覚的な手がかりが、幼少期からの同居者との性的関係に対する嫌悪を生じさせるメッセージを運んでいることが示唆されている」ことに驚きました。普通の友達でも久しぶりに会うと高揚し、その高揚が今までの「友達」という概念を越えてしまう、今までの関係をリセットしてしまうような経験をしたことがありますが、これも嗅覚的な手がかりが引き起こすことなのかなと考えると、なぜかワクワクしてきます。匂いが起こすフラッシュバックのようなものに奇妙さを感じたことかありますが、それもこれにつながるように思えました。また「自身とはMHCの型が異なる人と結婚している傾向がある」とあり、一石二鳥ではないですが、結果として以前の内容にあった感染への抵抗にもつながるように感じました。

  3. きょうだいかんの性的交渉?私は4にんきょうだいです。弟ひとり、妹ふたり。う~ん、性的関係を彼らと持つことを考えたことさえありません。近親相姦といい、きょうだい間性交渉といい、私の思考の範疇外の出来事であります。とはいえ、人類の進化過程においてこれらが存在してきたことは事実であり、人類の進化メカニズムを解くカギとして有力な要素と考える学者がこうして存在していることは最近の臥竜塾ブログでわかります。「嗅覚的手がかり」。匂いですか?確かに匂いは私も気になります。動物は匂いに敏感のようですね。近親相姦やきょうだい間性交渉のきっかけが匂い。このこともよく分かりません。「子どもは同居者の臭いに対する性的嫌悪を発達させること」なるほど。しかも「近親婚の回避効果に対する敏感期は3歳まで」どうやら3歳までの親子きょうだい関係要素のいくつかがいわゆるpervertedな出来事を招来してしまういうように理解できました。

  4. 〝最近の研究では、嗅覚的な手がかりが、幼少期からの同居者との性的関係に対する嫌悪を生じさせるメッセージを運んでいる〟ということで、嗅覚というのが他者との相性のようなものの感知をするのに重要なものであるということなんですね。子どもたちも自然と「いつものメンバー」のようなものができあがっていき、そのメンバー間でいろんなことを経験していったりしますが、そういうものでも嗅覚が導いていたりするのでしょうか。たしかに、ふと振り返ってしまうくらいいい香りがすることがありますが、その匂いというのが〝自身とはMHCの型が異なる人〟ということになるんですね。そして、その情報が人類をここまで繋いできたものであると思うと、嗅覚が崇高なものに思えてきます。

  5. 「嗅覚的な手がかりが、幼少期からの同居者との性的関係に対する嫌悪を生じさせるメッセージを運んでいることが示唆されているそうです」とあり、、驚きました。私たちはそのような匂いを感じとっているのですね。MHCの型の違う人ということですが、その違いを感じとる力が私たちにあるということなのですね。「なんか嫌な予感がする」とか「なんか変な感じ」といった一見すると根拠のないような感覚というものが、そうではないということが少しずつ分かってきているようなそんな印象を受けます。しかし、まだまだ分かっていない人の力というのがたくさんあるんだろうなということを感じます。

  6. “近親婚の回避効果に対する敏感期は3歳までであると指摘している”とあり、3歳という幼児期になる子どもたちの関係のなかでこのような枠組みにある内容まで。関係していることは、幼児期からの人がもつメカニズムがいかに遺伝子を残すために淘汰されてきたかを考えられます。
    “嗅覚的な手がかりが、幼少期からの同居者との性的関係に対する嫌悪を生じさせるメッセージを運んでいることが示唆されている”この嗅覚の関係性は、感覚的なものなので、ある意味で納得いきます。匂いがそれぞれあることによって、人のもつメカニズムが、意識的にそう思うことが感覚的にあるのでしょうね。

  7. 兄弟姉妹との性的関係が意外に多いことに正直驚きました。日本もそうであるのですかね。そして新しい言葉が出てきました。「主要組織適合性複合体(MHC)」とあり、動物も女性も、「MHCの遺伝子型が自身と異なる異性を交配相手として好む傾向があり」というのは匂いを本能的に感じて反応しているということでしょうか。「この嫌悪、あるいは、異なる臭いをもつ人に対する選好性の発達には敏感期がある」ともありそれには反抗期のように匂いに敏感な時期が存在するということですかね。敏感な時期に多くの匂いを嗅ぐのか、それとも嗅がない方がいいのか。多くの人と関わるということに繋がりますのでその時期の影響というのはどう影響してくるのですね。

  8. 178名のうち54名もきょうだいとの性交渉を行なったという数字には驚きました。偏見ではないのですが、日本でも同じくらいの数字が出るのか気になりますが、やはり外国は日本に比べるときょうだいが何らかの理由で一緒に暮らさない事が多々あるのでしょうか・・・。
    性的関心を減少させている新たな理由として「匂い」が出てきました。ヒトは動物並みに鼻がいいわけではないので、実感がわきませんが、本能的な部分で匂いを選好しているならば驚きます。家庭によって洗濯の柔軟剤や髪から香るシャンプーなど明らかに匂いを察知できますし、それによって惹かれる事もあるような気がします(笑)

  9. “嗅覚的な手がかり”とありました。MHCの型の違う人ということですが、人間がにおいから察知していることは初めて知りました。毎回そうですが、人間がもともと持つ力とは、とても不思議でびっくりさせられます。「匂い」というと個人的にとても気になるところです。今では、香水をつけたり、家庭で使用しているシャンプーや、洗剤、柔軟剤でも匂いが変わってきます。それが当たり前になっていると思いますが、本来の匂いから察知する能力からするとあまりよくないことなのでしょうか。

  10. トロントで行われた実験結果には驚きですね。大体3分の1の回答者がきょうだいによる性器性交の経験を持っていたのですね。「兄弟姉妹との性的関係に関する質問」という広告を出したからより多くなっているのかもしれませんが、それにしても例の多さに驚きます。実際にそれほどあるのですね。また、今回は嗅覚についての話もありましたね。「動物研究では免疫系、特に、主要組織適合性複合体(MHC)がもつ特徴の違いが、嗅覚的手掛かりを通して感知される」とあり、そんなところにまで嗅覚というものが感知しているのかと驚きます。自分としてはそんなにおいを感じたこともなく、フェロモンみたいなものなのかなと感じているのですが、どうなのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です