近親相姦の回避

2個体の遺伝的特徴を混ぜ合わせると、両方の親から良い特徴を引き継いだ子どもができるだけでなく、子どもごとに違った特徴の組み合わせを引き継ぐことができます。自然淘汰はこの多様性に対して作用すると言われています。有性生殖によってもたらされる多様性がもつ明らかに重要な特徴のひとつが、寄生虫への抵抗性であるそうです。繁殖速度の速いある微生物が、ある親の身体に感染することができたとしても、もうひとりの親の遺伝子も半分もっている子どもには感染しにくい可能性がある。それぞれの違いは、生存戦略としては、かなり有効ですね。これは、他の生物にも言えることで、たとえば、以前のブログでも書いたと思いますが、トンボ池と言われるビオトープの意味もそのような役割があると言われているのです。

すなわち、免疫系に関連する遺伝子を混ぜ合わせることで、寄生虫との闘いで一歩先を進み続けることができるのだというのです。また、遺伝的多様性がもつ2つ目のよく知られている役割は、欠損のある劣性遺伝特質の回避だそうです。親が同じ対立遺伝子を多く共有していると、同じ劣性の致死的遺伝子をいくつかもっている可能性が高くなります。そのため、近親交配をすると、劣性遺伝子が次世代まで表現型としてつながる可能性が高くなり、死亡率や罹病率の上昇につながるのだと言うのです。

この近交退化の影響を受ける種は、必ずこの効果を最小化する手段を発達させているそうです。その多くが、きようだい、親、子どもという近親者が交配する可能性を低下させるものだと言うのです。たとえば、社会的な霊長類のほとんどの種は、通常、どちらかの性が生まれ育った群れを成人期までに離れ、他の群れに入って行くのです。

新世界ザルと旧世界ザルでは、ほとんどの場合、移住をするのはオスです。ヒヒチンパンジーや先史時代のヒトでは、配偶者を求めて生育場所を離れるのはメスだそうです。さらに、ヒトでは家族内での交配に対する文化的禁止という近親婚タブーが普遍的に見られます。フロイトは、このような禁止が必要な理由として、特に子どもは異性の親との性的関係に対する強い欲求、これをエデイプス・コンプレックスやエレクトラ・コンプレックスと言いますが、これをもっており、その欲求は異性のきようだいにまで拡大するという説を提唱しています。

それに対し、進化的観点では、このような文化的なタブーは進化によるメカニズムを基盤にしていると考えられています。フロイトが提唱したような、近親相姦の関係を志向するバイアスがあるのではなく、他の動物と同じように、ヒトにも近親交配の可能性を防ぐバイアスがあると考えられているのです。フロイトは、確かに心理学では偉大ではありますが、いつも首をかしげる説が多い気がしますが、これが熱狂的に受け入れられていた時代もあるのです。現在も、多くの人に支持されている説も、後世ではもしかすると修正されるかもしれないものがあるかもしれません。

近親相姦の回避” への10件のコメント

  1. 近親相姦が何故いけないのか、このことに対する答えを今回のブログは提供しているようです。有性生殖の多様性による寄生虫害の回避。劣性と劣性では、掛け算ではなく足し算ですね。「劣性遺伝子が次世代まで表現型としてつながる可能性が高くなり、死亡率や罹病率の上昇につながる」極めて説得力がありますね。ヒトの生存戦略に近親相姦は合致していない。ならば、一部であれ、なぜヒトは近親相姦するのだろうか、と考えてしまいます。私にとって「近親相姦Incest」は全くわからない癖です。LGBTはなんとなくわかります。しかし、INCESTはわからない。フロイトによる「エデイプス・コンプレックスやエレクトラ・コンプレックス」のコンプレックス。なぜこうしたコンプレックス抱くに至るのだろうか?「フロイトは、確かに心理学では偉大ではありますが、いつも首をかしげる説が多い気がします」には同意です。

  2. 何かホラーのような、フィクションを見ているような気持ちになりますが、「これが熱狂的に受け入れられていた時代もある」それを今だに真実のように胸にしまわれていることを、刷り込みと表現するのでしょうか。新しい時代の新しい研究に触れ続けることは、時代が生み出すコンプレックスから抜け出す手立ての一つかもわからず、先生の更新は社会への貢献であることを思い、改めてその偉大さに気付かされる思いです。

  3. 「有性生殖によってもたらされる多様性がもつ明らかに重要な特徴のひとつが、寄生虫への抵抗性である」のですね。これが「生存戦略としては、かなり有効」ともあるように、生命をつないでいく上でとても重要なものですね。この理由にあった、親の遺伝子を半分ずつ持っていることで抵抗性があるのと同じように、例えば視力や身長、薄毛なども同じ見解ができるのかなと気になりました。また、近親交配で生まれてくる子どもが「死亡率や罹病率の上昇につながる」とあったことは、よく聞いたことで、その詳しい理由を初めて知れたことでつながりました。フライトの近親相姦における説には驚いてしまいましたし、「これを熱狂的に受け入れられていた時代もある」ことには驚愕の思いです。自分がこのようなケースに巡り合ったことがないためか、「ヒトにも近親交配の可能性を防ぐバイアスがあると考えられている」と自然に考えています。しかし、近親交配で生まれてくる子どもへのデメリットが明確である以上、この説を信じたい気持ちになります。

  4. 〝有性生殖によってもたらされる多様性〟が大きく2つあり、〝寄生虫への抵抗性〟〝欠損のある劣性遺伝特質の回避〟だとありました。
    近親相姦がなぜいけないことなのかということの答えが書いてあり、また、なぜ近親者にそのような感情が生まれにくいのかということが、人類の進化の過程から解き明かされていくんですね。
    それなら、近親相姦をしてしまう、その願望があるという状態というのはどのような状態にあるのかということになります。これも言ってしまえば多様性ということになるのでしょうか。

  5. 2個体の遺伝的特徴を組み合わせることによって、その受け継いでくる子どもにとって社会に必要な生きやすい免疫をもつことになるのですね。たしかに考えてみれば、同じ環境かで育っていれば、その環境に必要な対応力を持っていますが、まったく違う環境かであれば、そういうわけにはいかないからですね。そういった意味で自然淘汰に打ち勝っていくために、自然に環境下の違う人を選ぼうとするのかなという考え方をもつことができました。その近親相姦になってしまう要因にはどのような理由があるのでしょうか?

  6. それぞれの親が全く違う遺伝子であるということは「ある親の身体に感染することができたとしても、もうひとりの親の遺伝子も半分もっている子どもには感染しにくい可能性がある」という寄生虫への抵抗にも効果を発揮するのですね。これが多様性の持つ重要性の一つであるとありましたが、多様性はこのような強さも持っているのですね。人は多様であるということを感じます。だとすると多様であることはある意味では当たり前でもあるのかもしれません。その多様さを認めていくことが人であることであるとしたら、現代は少しその多様さを認めていないのではと思ってしまうことも多いですね。

  7. 「他の動物と同じように、ヒトにも近親交配の可能性を防ぐバイアスがあると考えられているのです。」というのはなんだか人であることで理解できるような思いです。近親相姦とはなんとなくではありますが暗黙の了解的なところを感じていましたが、こうした説をしるとより怖くなるというか不思議な思いです。そして、「繁殖速度の速いある微生物が、ある親の身体に感染することができたとしても、もうひとりの親の遺伝子も半分もっている子どもには感染しにくい可能性がある」という寄生虫に対する多様性から人のさらなる多様性の可能性を感じさせてくれます。人は多様であるからここまで進化し、その、多様性を受け入れる力を持っていることが重要な気がします。

  8. そもそも近親相姦を回避するとかではなく、してはいけないと理解しているように思いますが、こうして理論的に説明してくれると、なぜダメなのか分かりやすいですね。「子どもは異性の親との性的関係に対する強い欲求」と書かれてありますが、驚きました。自分もそうだったのか?という疑念が湧いてきました。ただ、当時幼い時は父よりも母の方が好きというか、それこそ助けを求めるのが多かったですが、これも関係してしているのでしょうか・・・。ただその可能性を防ぐバイアスを持っていると書いてあるように、本能的に親に対する性的関係を求める気持ちは薄れ、無くなってしまうのですね。

  9. 2個体の遺伝的特徴を混ぜ合わせることで、いい特徴を引き継ぐだけでなく、寄生虫への対抗性も高まるのですね。
    この前の、人類の誕生でホモ・サピエンスとネアンデルタール人が交配していたことが分かり、それは現在の私たちへの大きなメリットでもあったという話がありました。まさにその話と繋がってきますね。そう考えると、県外の人、海外人など遠く離れた人と結婚することで、より優れた遺伝子が生まれるということでしょうか。
    現在、グローバル化も進み海外の人と繋がる機会が多くなってきています。人類がこれからさらに進化し、生き残って行くためには良いことのように感じました。

  10. 近親相姦を回避するにあたって、劣勢遺伝特質を回避するという遺伝子における特徴があるのですね。しかも、「こういった文化的タブーは進化によるメカニズムを基盤にしている」とあります。それほど人の感情の中で忌避するような印象を与えることになるのでしょうね。それを避けるためにオスは移住することを行い、メスは配偶者を求めて生育場所を離れるということが歴史的に見てもこういった様子が見られるというのはとても面白いです。近親相姦という身近な人との遺伝子を残すよりも遺伝子を残すために外に向かうベクトルが働くようになっているというのを見ると人はやはり多様な社会にいる中で発展や発達、大きな変化がそのごとに行われてきたのだと思います。人が旅に出ることや冒険心というのもこういったことを基盤にしており、今のグローバルな社会になっているのはまた新しい進化がこれからも起きていくのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です