母方の祖父母

他にも成人の回想による報告でもこの結果と一貫性がある結果が得られており、父方の祖父母よりも母方の祖父母の方が身近に感じた、あるいは、実際に父方の祖父母よりも母方の祖父母と多く接触したことが示されているそうです。同様の傾向が、母方のおじ・おばと、父方のおじ・おばによる、姪・甥への技資でも観察されているそうです。大学生を対象とした研究では、父方のおじ・おばよりも母方はのおじ・おばの方が自分に関心を示していると受けとめられていたそうです。

母方の祖父母の方が父方の祖父母よりも、孫の世話を多くし、より身近であるという一般的傾向に反する報告をしているのは、私たちが知る限り、出版されたものとしてはパショスの研究のみだそうです。パショスの研究では、ドイツとギリシアの成人を対象に、それぞれの祖父母が自身の世話をどの程度してくれたかを評価するよう求めたものです。都市部の参加者に関する結果は、オイラーとヴァイツェルなどの報告と同様であり、母方の祖父母が父方の祖父母よりも多くの世話を提供していました。

しかし、ギリシアの田舎の参加者では正反対の傾向が観察され、父方の祖父母の方が母方の祖父母よりも多くの世話を提供していたのだそうです。この結果をもたらした要因のひとつとしてパショスは、ギリシアの田舎の伝統的家庭では、孫は通常父方の祖父母の近くに住むか、同じ家に住むことも多い慣習があることをあげています。

また、父方の祖父母には、孫、特に後継ぎとなる孫息子の世話をする社会的義務があります。父方の家族と物理的な距離が非常に近いことにより、都会の場合よりも父性の確実性が高くなるとも考えられます。夫の家族は、息子の妻の動きをある程度把握し、また制限しているため、父性の不確実性がほとんどなくなります。その結果、父系の伝統がある社会では、父方の家族の孫に対する投資が高まると予測されるのです。

パショスの結果は、親の投資理論の予測と対立するものではないと、ビョークランドらは提えているようです。それどころか、他の文化的伝統の関与を考慮しても、祖父母の技資が父性の確実性に影響を受けることを実証するものと考えられると言います。現代の都会の環境のように、社会的慣習が父性の確実性を低下させている場合は、父方の祖父母による投資は減少します。反対に、ギリシアの田舎のような父系社会では、社会的慣習によって女性の行動が制限され、父性の確実性は高くなります。このような場合は、父方の祖父母は比較的高い確信をもって孫に投資することができ、地域社会の要請にも快く従うことができるのだと考えています。

離婚率および再婚率が高い情報化時代の社会では、継家族が次第に増加してきているようです。しかし、継親子関係は現代の環境の新しい産物ではありません。古代では、主に病気や戦闘のために、親の死亡率がきわめて高かったのです。配偶者が死亡した場合、生き残った親は他の配偶者候補と新しい関係を形成し、子どもの父親あるいは母親の代わりになる人物を得たと考えられます。このような状況は、進化適応の環境で頻繁に生じたと考えられることから、現代人は、継親としての子育てに適応的な固有のメカニズムをもっていると考えられると言います。

母方の祖父母” への10件のコメント

  1. 古来から受け継がれてきたシステムを投資理論という言葉で説明をされてきていますが、改めて頷けてしまいます。我が家もまた母方の祖父母からの投資を多く受けている家族の一つで、そういった慣習があったことを知るわけではないのにとても素直に研究の示す通りと言わんばかりの日々を送らせていただいています。
    「ギリシアの田舎の参加者では正反対の傾向が観察され」と、新しい切り口によって投資理論を深めている点がとても興味深いですね。その理論に奥行きがある場合、反対意見はむしろその理論を確立させる要素になるということだと感じます。

  2. 私は「ギリシアの田舎のような父系」家族に生まれ育ちました。つまり、父方の祖父母の投資を受けながら育ちました。村社会における本家の長男は父系継承者とみなされました。私の母は「嫁」の立場で、結局さまざまに制限され、挙句の果てには、実家に行くことも容易ではない状態に置かれておりました。また、母の実家も娘の嫁ぎ先のことを気にしてか、孫である私に対しても必要以上の関わりをすることはなかったような気がします。それでも長じた私は母方の祖父母を大事にしたいなと思いました。父方母方バランス良く大事にしたいと思いました。やってもらったから云々ではなく。父や父方の祖父母が存命の頃母方の祖父母や叔父叔母との関わりは希薄だったと思います。父方の祖父母、父が亡くなった今、一人になった母は母の弟や姉と親しく行き来しています。母方の祖父母が他界してしまっていることは申すまでもありません。そのおかげで、幼い頃はほとんど関わっていなかった母方の叔父と今はとても懇意にして頂いております。何か身の上話的コメントになってしまいました。

  3. 都市部の参加者に関する結果は、「母方の祖父母が父方の祖父母よりも多くの世話を提供していた」のですね。都市部となると最も核家族化が表出していると感じていて、それ故に父性の不確実性も加味され、母方の祖父母の方が孫に対する多くの関心と世話をしているように思えました。逆にギリシアの田舎の参加者では正反対の傾向があった例のように、「孫は通常父方の祖父母の近くに住むか、同じ家に住むことも多い慣習」があれば正反対の傾向が出るのですね。私の地元では、都市部ではないこともあり、核家族化がそこまで進んでおらず、祖父母と同じ家や近くに住むというケースは多かったです。そして私もそうでしたが、それは父方がほとんどである印象です。父性の不確実性もありますが、その地域の伝統が祖父母の孫に対する関心や世話の程度を変えることを知ることができました。

  4. “ギリシアの田舎の参加者では正反対の傾向が観察され、父方の祖父母の方が母方の祖父母よりも多くの世話を提供していた”とありました。この伝統文化的背景を考えると、私自身も父方の祖父母との生活が長く、毎日、ご飯も祖母に作ってもらうくらいの関係性がありました。しかし、現在まで、それが続き、代々、続いているわけではないことを考えると感じました。しかし、考え方的には、社会的慣習によって女性の行動が制限されることが、父性の確実性が高くなることについては、そうすることがより遺伝子を残すために、文化的背景においては、確実性を高める仕方のようにも感じます。

  5. どちらの祖父母が孫への投資が高いかは、都会か田舎かやその土地の地域性などによっても異なるということですが、一般的には母方の祖父母からの投資が高いということなんですね。
    我が家の場合は嫁の実家は農家をしていますので、米や野菜はほとんど買うことがないくらい頂いています。そして、自分の実家からはオムツやお尻拭きなどを頂いています。自然と分担して投資してくれるので、我が家はすごく助かっています。嫁の実家には二週に一度くらいは遊びに行っていますが、子どもが熱発した時などにみてもらうのは自分の親ご多いですので、どちらがより投資してくれているのか、ということよりどちらも投資してくれていて、いつまでも元気でいて欲しいですね。
    あまり関係ないかもしれませんが、ギリシャの田舎の慣習で〝夫の家族は、息子の妻の動きをある程度把握し、また制限している〟とあり、その行為は核家族や女性の社会進出など、女性がアクティブになっている社会では、制限されるのを嫌う傾向にあり、母方の祖父母からの投資が増えるのかなと思いました。

  6. 「父系の伝統がある社会」とありました。そのような伝統が私の周囲であったのかは何とも分からない部分ではあるのですが、どこかしら父親の祖父母の方が何と言ったらいいのでしょうか、力的にというか、存在感というのか、やはり力関係ということになるのでしょうか。そんなものは強かったのかなと思います。「ギリシアの田舎のような父系社会では、社会的慣習によって女性の行動が制限され、父性の確実性は高くなります」ともありましたが、このような感覚は幼いながらに感じていたように思います。だからこそ、それに対する反発も抱いているということも言えるのかもしれません笑。「父系の伝統がある社会では、父方の家族の孫に対する投資が高まると予測されるのです」「現代人は、継親としての子育てに適応的な固有のメカニズムをもっていると考えられると言います」とありました。人と人が関わることの力強さのようなものを感じます。やはり、人は人と関わることで生きてきたのだなとということを感じます。

  7. ブログの内容を踏まえて、自分の環境を思い返すと、私の実家は父方の祖父母と一緒に暮らしていたため、ギリシャの田舎の伝統的家庭だったのかもしれません。とは言え母方の祖父母も時々、遊びに行くと良くしてくれてた思い出もありますが、実際のところ環境によって祖父母からの支援は異なってくるのかもしれません。ちなみに今私達家族は両親とも遠方のため、祖父母からの支援は基本的にありませんが、何かと気にかけてくれるので有難いです。私のコメントも何だか身の上話になってしまいましたが、親としては家系を継いでくれる事が一番重要視したいところのような気がします。孫への投資も純粋に可愛い気持ちもありますが、人間の遺伝子というか本能的な部分で孫を可愛がり、継いで欲しいという気持ちから孫への投資が自然と起きているように思いました。

  8. 「母方の祖父母の方が父方の祖父母よりも、孫の世話を多くし、より身近であるという一般的傾向」というのが一般的にあるのですね。それに反するギリシアの田舎の傾向というのもなんだか新鮮に感じます。私自身生まれてきた環境下では父方の祖父母が近く、関わる機会が多かったことからギリシアの田舎の傾向が大きかったのかなと感じています。しかし、実際に子どもができ、子育てをしていると父方よりも母方の祖父母の方が信頼して預けられます。これは育て方、接し方、親子関係もあるとは思いますが。笑 父方の祖父母が、近くいるという環境を別にすると自然と母方の祖父母に寄っていくのかなというのは実際に感じるものはあるのが不思議だなと感じます。

  9. 今回のブログの内容を読んで、自分の実家での環境はどうだったのか振り返ってみました。私は、父方の祖父母の隣に住んでいたのでギリシャの田舎の伝統的家族と同じです。でも、最近では母方の祖父母の方がつながりが強いように感じます。どちらにせよ、実家に帰ると、必ず両方の祖父母に会いますし、気にかけてくれています。そんなつながりがこれからも続いていけばと思います。sasukeさんのコメントを読んで、親の気持ちが少しだけ分かったような気がしました。自分に子どもはいませんし、親から直接後を継いでほしいといわれたこともありません。でも、親であればそう思うのだろうなと感じました。初めは嫌がっていた後継ぎが、今ではそこを目指して保育を学んでいる最中であることに改めて不思議な気持ちになっています。保育実習で、「見守る保育」に出会うことができて、本当によかったです。

  10. 国が違えば子育て感も違うというのは、保育の現場に入っていると感じることがよくありますね。私も今回の例に当てはめる感じだとギリシアの田舎のという感じですね。もちろんどちらの祖父母にも、かかわる機会が多かったのは覚えていますが、「夫の家族は、息子の妻の動きをある程度把握し、また制限しているため、父性の不確実性がほとんどなくなります。その結果、父系の伝統がある社会では、父方の家族の孫に対する投資が高まると予測されるのです。」といった所は、地方だからこそまさにという感じであてはまってくる感じでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です