シンガポール報告14

よく見守る」というと、子どもを見ているだけだと思う人がいるということを聞きます。しかし、goo国語辞書やデジタル大辞泉には、子どもを見守るというように使うときには、「無事であるように注意しながら見る。また、なりゆきを気をつけながら見る。」とあります。また、大辞林 第三版には、「目をはなさないで見る。間違いや事故がないようにと、気をつけて見る。」とあり、どこにもただ見ているだけという意味は書かれてありません。今回、シンガポールでの保護者向けのセミナーの説明には、こう書かれてあります。

「子どもを見守るには、子どもを愛し、保護して注意深く観察し、ニーズを特定することです。目標は子どもたちを直接教えるか指導することではなく、誤った行動を修正する時には、すばやく介入することです。そうすることによって子どもたちは次第に自分で考え、様々なことを学ぶようになります。これは、子どもに教えたり、子ども自身でできることをやってあげたり、なんでも与えたりせず、子どもの本来の能力を「引き出し」、育てるための育児のアプローチです。」

今回のセミナーでの私の話の前に、今回主催した「my first skool」からこんな問題提起がされました。「Mommy、 I do not have any friends in school」「Yes、 darling?Why?」「because I do not know how」「I will speak to your teacher tomorrow.」(「ねえ、お母さん、僕学校には誰も友達がいないんだ」「本当?どうして?」「よくわかんない」「わかった、お母さんが明日学校の先生に話してみるわ」)

こんな会話を聞いて、「教育者として、私たちは、この子どもへのお母さんのかかわりが心配になりませんか?」と問いかけています。また、1枚に写真を見せて、会話の時と同様に、「私たちは教育者としてこの写真を見て心配にはなりませんか?」と問うています。そして、私の言葉が紹介されます。「MIMAMORUの育児のアプローチは、子どもを教えたり、できないことを与えたりすることではなく、子どもの本来の能力を引き出し、育むためにこの保育が必要です。」という言葉です。

ここで、なぜ「見守る保育」が必要であるのか、導入の動機は、私たち日本と同様な母子の関係にあるようです。シンガポールは、世界でもトップクラスと言われる学力の高さを誇っています。その役割の一つとして、ECDA(= Early Childhood Development Agency、幼年期開発局)というエージェンシィが行う事業のひとつとして、幼児教育・保育の質の向上をめざす、「SPARK」と名付けられた認証システムがあります。しかし、この評価におけるQRS の項目で測定しきれない部分や違和感を感じた部分を、「見守る保育」の中に見つけたようです。確かに、評価だけでは、質は向上しないのです。特に、考え方、いわば保育における哲学は評価で測れるものではないのです。

先日、ある男子大学生が、卒論として「“見守る保育”の理論と実践に関する一考察」という卒論を持ってきてくれました。彼は、結果の考察として、最後にこうまとめています。

「ただ“見守る保育”という言葉を学ぶのではなく、“見守る保育”の本質、何を大切にしているのかを理解することが学ぶ上で大切だと感じた。“見守る保育”という言葉も素敵だと思うが、言葉よりもその体制と精神を記憶と心に残すことが、良い学びであり、習得のしかたなのではないかと考える。」

若干荒い理解ではありませんが、言わんとするところは、よくわかりますし、大切なことです。

 

 

シンガポール報告14” への11件のコメント

  1. 昨日3月11日は、私にとって特別な日でした。東日本大震災と称される自然及び人工災害によって、私は多くの知己を失いました。遺体で発見された人々もいます。そして、いまだに「行方不明」とされている人々もいます。思うとため息が出ます。自分は果たして何をやっているのだろう、と自己懐疑に陥って辛くなる時もあります。被災地にいたかどうかではない。今私自身に問われていることは?と考えるのです。「子どもの本来の能力を引き出し、育むためにこの保育が必要です。」それは何のためか?幸せな人生を送る、平和な世界を自分自身で築いていく、そして生きている限り、如何なる困難をも克服できる力を身に着け、先へと生き延びていくため、だと思うのです。私たちは生き延びるために学ぶのだろうと思うのです。そして、その学びを保障するメソッドが「見守る」ということでしょう。この「見守る」は、言うまでもなく、物理的そして精神的、の両方を含みます。Believe in youそしてSupport you with my sincere mindこのことが「見守る」ことの意味に近い表現だろうと思うのです。「“見守る保育”という言葉も素敵だと思うが、言葉よりもその体制と精神を記憶と心に残す」とても素敵なことです。この学生さん、このことを是非終生自分のものにしておいてほしいと思ったのでした。

  2. 感動します。現代に当たり前のように浸透している保育、教育に疑問を感じ、海を越えて見守る保育に答えを求めた人たちの存在をこんなにも身近に感じられるものだとは思ってもみませんでした。一枚の写真から放たれる濃霧のような色味は心の中をにわかに暗くさせます。背景、国、時代、その違いはあってもきっとこういった光景に胸を痛め、奮起し、変えていこうと心の中で立ち上がった人たちが「見守る」という言葉、保育に、安らぎと信頼、そして希望を見つけるのだと思います。
    そんな仲間がこれから世界中に増えていくのだと思うとワクワクします。明るい未来が待っているような、春の朝です。

  3. シンガポールの見守るに書かれている説明にある言葉にある、本来持っている力を「引き出し」、育つためのアプローチというのは、まさに、子どもたちへ大人が教えるのではなく、子どもが本来持っている力を十分に発揮できる環境、また、引き出してやれる環境というものが社会を通して必要だと考えます。子どもは、埋まれてから学び始めるのではなく、胎児の頃から成長していることを考えたときに、生まれたときの社会の形というものは、世界共通で大切だと思います。私は見守る保育を共生と貢献を理念に保育していますが、常々、考えなければいけないのは、意図をもった保育を、また、どんな保育が将来を担う子どもたちが、幸せに生きていけるのかを意識しておかなければならないと感じます。

  4. どの辞書で「見守る」を引いても、どこにもただ見ているだけという意味は書かれていないとありました。これだけでも「見守る」という言葉に対する保護者の誤解は解けそうだなとも感じますが、そう簡単ではないのでしょうね。また、シンガポールでの保護者向けのセミナーの説明の一文からも、見守る保育に対する深い理解があることが伝わってきます。また、問題提起の一文や写真からは違和感しか感じませんね。それは自分が見守る保育と出会えたからだと感じています。出会えていなかったらもしかしたら違和感を感じていないのかもと思うと恐ろしいです。もっと多くの人に見守る保育と出会って欲しいと心底思えました。そして、「MIMAMORUの育児のアプローチは、子どもを教えたり、できないことを与えたりすることではなく、子どもの本来の能力を引き出し、育むためにこの保育が必要」とあり、「見守る」という言葉にたくさんの想いが込められていることに改めて気付くことができました。

  5. セミナーの説明に書かれてある〝子どもの本来の能力を「引き出し」、育てるための育児のアプローチ〟というところ、特に「引き出す」というところに初めてこの保育に触れた時に感動しました。
    子どもを信じることでやってあげるのではなく、本来持っているものを引き出すような関わり、環境を整えていくことがこれからの時代に求められるもので、そのことが根本にあること、それが世界ではスタンダードとなっていることでこれからの世界がどのように変貌していくのかが楽しみになります。

  6. 日本での教育、保育における「見守る」という言葉のイメージはどこからきてしまっているのでしょうか。何かのイメージが先行してしまっているのかは分かりませんが、見守るという言葉の意味は決して「ただ見ているだけ」というものではありませんね。「確かに、評価だけでは、質は向上しないのです。特に、考え方、いわば保育における哲学は評価で測れるものではないのです」とありましたが、この本質的な部分の重要性、そして、それが見守る保育ではしっかり行われているということを海外の人たちが感じてくれた、知ってくれたというのはすごいことですし、嬉しいことですね。また、写真と説明も、相手にインパクトを与える意味でも効果的なものだなと感じました。分かりやすく相手に大切なことを伝えるということもまた意識していきたいことですね。

  7. 主催者が問題提議した親子の会話、そして一枚の写真、逆に違和感を感じない保護者がいるのでしょうか。いないというか、似たような親子関係が実際に起きているから幼児教育を見直すために「見守る保育」を取り入れようとしているのでしょう。また評価だけでは質が向上しないと書かれてあります。確かに評価をすることである程度のレベルまでは向上するかもしれませんが、それこそ卒論に書かれてあるように、言葉や方法論だけの理解が見守る保育ではなく、本質を理解することが質の向上だと思います。子ども本来の力を引き出すように、私は保育者の力も引き出す事も見守る保育には含まれていると思います。

  8. シンガポールでの保護者向けのセミナーの説明は本当にわかりやすいですね。今度説明する機会があった時は少し使ってみたいと思います。文中にある親子の会話、そして一枚の写真から、子どもとの関わりに関して大切にしなければいけないポイントが国が違えど同じことを感じます。シンガポールという学力が高く評価されている中でも、こうして子どもの教育に対して更に力を入れているところを見ると、日本としてこれから取り組まなければならない多くのことを感じてしまいますね。私も少しでも子どもの本来の能力を引き出せるよう頑張っていきたいと思います。

  9. 「子どもを見守るには、子どもを愛し〜子どもの本来の能力を「引き出し」、育てるための育児のアプローチです。」というシンガポールの保護者向けの説明というのはわかりやすく、すっと体に入ってくるようなイメージですね。また最後にある卒論で書かれている文章も見守る保育を研究した上で見守る保育というのはどういう保育なのかを真摯に向き合った結果の言葉であるように感じます。「見守る」という言葉には計り知れないほどの奥深さがあることをここでより感じ、大切にしなければならないことを肝に銘じでおかなければならないですね。

  10. 主催者側が提示した問題、親のあり方がとても印象的でした。
    親として、子どもに厳しくすることは時にはつらいのかもしれませんし、子どもの望みを聞いてあげる方が子どもも喜び、親子の中が良くなるような気もしてしまいます。しかし、本当に我が子のことを思うのであれば、時には厳しくすることも必要であり、それが子どもにとっても将来のためになると思います。保育士として、子どもたちの成長を間近で見ることができ、子どもが成長していく上でどんな関わり方が大切かを知ることができます。それこそが保育の質にもつながり、保護者にも伝えていくことが私たち保育者の役目でもあるような気がしました。そしてそのためにも、常に学びの意識は必要だと感じました。

  11. 「見守る」という言葉を中心にとても本質的な話になっており、とても考えさせられます。実際、自分の園で「見守る保育」というものを進めるにあたって、モデルとして真似をする部分と考えていても猿真似にならないか、本質はどこにあるのか、それが「見守る」ということなのかと考えるようにしています。そして、働く職員にも同様に同じように考えてもらえるように自分自身が発信していく必要があり、そこが悩みどころでもあります。自分自身が職員の先生を「見守る」ためにはどうしたらいいのかを考える毎日です。そんな中でのシンガポールは非常に刺激になりました。とても高い意識の中で保育がされていることを感じる機会にもなりましたし、それに合わせて自分自身ももっと意識する部分がクリアになって気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です