シンガポール報告13

シンガポールでの講演の最終日の保護者講演は、午前、午後とも3時間という長い講演でしたが、皆熱心に最後まできちんと聞いていました。そして、私の書いた保育者向けの本も随分と多くの方が購入していきました。保護者の中には、有名な芸能人もいましたが、彼も最後まで聞いてくれました。彼については、翌日のホテルにおいてある新聞の一面に、家族と一緒の写真が掲載されているほど有名なようです。そんな有名な人も、自分の子の園の主催の講演会に参加するのですね。また、日本では、熱心な保護者は割と子どもに英語を教えてくれとか、もっと勉強のことをさせてくれということが多いと思いますが、シンガポールの園でも、ニュースなどで紹介される保育でも、受験が非常に厳しく、早いうちからいろいろなことをやらせようとする保護者が多いと聞いていました。しかし、今回の講演を通して、私の、それよりも自発的に行動できる子、子ども同士のコミュティを大切にすること、そんな主張に賛同してくれました。たまたま昨年は韓国で講演したのですが、韓国も同様受験競争が激しく、保護者がそれに向けての教育に熱心な国です。

私は、必ずしも受験競争に反対ではありませんし、ある意味での試験も必要だと思っています。また、学力も必要だと思っています。しかし、講演で主張したのは、今子どもたちは大学の入学試験を受けるわけでも、社会に出るわけでもないのです。子どもたちが、大学入試を受験するころ、社会に出るころに、どんな力が必要になるのかを考える必要があると思っているのです。また、本当の学力とは何であるのか、また、何のために学力が必要であるかを考える必要があることを主張しているのです。それは、保護者講演のまとめで話をしましたが、子どもたちが人生を幸せに送れるように、そして、その時の世界が平和であるように、そんな世界を子どもたち自身が築いていけるように願って、乳幼児期にどのような力をつけてあげたらよいかという、将来を見据えた保育をするべきであると思っているのです。それは、決して、一人ではできませんし、1つの国でできることでもありません。子どもを中心にした社会になることを願っているということで締めました。

このこと自体は直接にはシンガポールの方々には伝わらなかったかもしれませんが、今回、国を超えて私に講演の依頼が来たのは、そのような気持ちに共感してもらえたからだと思っています。この思いは、世界共通なものだからです。

この日の講演を終えて、やっと夜にホテルに閉じこもっての作業がなくなり、夕食後初めてシンガポールの街を歩いてみました。ホテルから出て、しばらく川に沿って下流の方に歩いていくと、遠くの方にライトアップされたマリーナ ベイ サンズホテルが見えてきました。それを目指してなお歩いていくとシンガポールではべたな観光地である上半身がライオン、下半身は魚の像であるマーライオンが、やはりライトアップされた姿を見せてくれました。この像は高さ8mあるそうですが、実は、シンガポールには計7つのマーライオンがあるそうです。この夜には、もう一つ、その背後にあるミニマーライオンもみることができました。ちなみに、次の日は、セントーサ島にある、人が登れる37mの「マーライオンタワー」も見ることができました。

講演が終わって、その解放感というよりも、次の課題が見えてきたこの夜でした。

シンガポール報告13” への10件のコメント

  1. 「子どもを中心にした社会」子どもに優しい大人を見るとホッとします。考えすぎかもわかりませんが、息子にとってのおじいちゃん、おばあちゃんの世代の方々には特に可愛がってもらえたり、優しい眼差しで微笑みかけていただいている印象を受けます。今朝のニュースでも男女共に平均年齢が上がったと耳にしました。高齢化社会になり、そして少子化、と言われますが、より子どもを見守る眼差しが優しくなるような社会の風潮が日本で築かれるのであれば、現代も本当に有難い時代と認識できそうな気がしてきます。
    この国を作り上げて下さった偉大な先輩方から学ぶ感性を磨くことを怠らず、子どもを中心とした社会の形成に微力ながら貢献していきたいと思いました。

  2. ホント~~~~~~~~に、おつかれさまでした。と労いを思ったところ「講演が終わって、その解放感というよりも、次の課題が見えてきたこの夜でした」えっ、もう次ですか?私もやり遂げなければならない課題を背負うことがあります。そして、その課題をやった後は、できはともかく、あ~やれやれ、と解放感いっぱい。「次の課題」はまた今度、ということになるでしょう。藤森先生との違いを実感したところです。やはり、プロは違う!「本当の学力とは何であるのか、また、何のために学力が必要であるか」「子どもたちが人生を幸せに送れるように、そして、その時の世界が平和であるように、そんな世界を子どもたち自身が築いていけるように願って、乳幼児期にどのような力をつけてあげたらよいか」これらの課題は国境を越えて全世界の人々に響く問いかけでしょう。一人はみんなのために、そしてみんなはその一人のために。ヒトの関わりとは詰まる所そこにあるような気がします。「一人ではできませんし、1つの国でできることでもありません。」その通りです。シンガポールの聴衆一人ひとりにちゃんと伝わったと思います。それは彼らによる藤森先生へのリスペクトの仕方でわかります。

  3. 子どもたちが幸せに生きていくためにはどのような力が必要なのか、そのために乳幼児期にどのような環境を用意することによって子どもが自ら考え、行動できる、自発的な姿を私が無くしていかないような考え方をもつことにより、子どもが育とうとする力を阻害しないことなど、子どもの将来を考えたものを乳幼児期からというように社会的に変わっていかなければならないと感じます。”将来を見据えた保育をするべきである”という言葉につまっていると思います。また、”決して、一人ではできませんし、1つの国でできることでもありません。子どもを中心にした社会になることを願っている”という言葉には、園にいる子どもたちだけではなく、すべての子どもたちが幸せと感じることができるのは、世界共通であり、その共通理解となるものがもっと”輪”となり、つながっていくように私自身も努力しないといけないと感じました。

  4. シンガポール講演お疲れ様でした。締めにあった「子どもを中心にした社会になることを願っている」という世界共通の想いがその国その国ではなく、藤森先生の講演から国を超えた形でつながっていくことに単純に感動しています。また、シンガポールも韓国同様に受験競争が激しい国でありながら、「それよりも自発的に行動できる子、子ども同士のコミュティを大切にすること」に賛同してくれる辺りがシンガポールの方々の柔軟性を感じるところです。今までの固定概念にこだわらず、新たな知見や考え方を柔軟に取り入れていくスタンスを見習っていきたいものです。そして、シンガポールに訪れる機会が今まで一度もなかった私にとって、マーライオンが計7つあることにとても驚きました。今後訪れる機会があれば、全てのマーライオンを見て回りたいと思います。

  5. 〝将来を見据えた保育をするべきである〟とあります。そのために過去の先人たちから学び、どのようなことができて、最善なのかということを考え、実際に行動、発信していくということが求められていくのではないかと思います。
    この前、テレビでも異年齢保育を取り入れている園が放送されていたりして、だんだんとベクトルが同じ方向に向いているのを感じています。今回のブログの内容のようなことが国内だけでなく、世界共通の認識として浸透していくことにより、世界平和となるような壮大なものを感じました。

  6. 今後、社会に出るためにどんな力が必要になるのか、本当の学力とはなんなのか、そして、なんのために学力が必要になるのかとありました。「私は、必ずしも受験競争に反対ではありませんし、ある意味での試験も必要だと思っています。また、学力も必要だと思っています」という藤森先生の言葉も印象的でした。社会の一員としてどのような人に育っていくべきなのかということをしっかり見据えたのが藤森先生が考える教育であり、私たちが行なっている教育であるのだなということを改めて感じました。将来を見据えた時に、今現在、私たちは何をすればいいのかという視点はあらゆる場面で必要になってくる力だと思うのですが、この力というのはもしかすると段々と薄れてしまっているような気もします。大切にしていかなければなりませんね。

  7. 「子どもを中心にした社会」本当にそのような社会を築き上げていかなければいけませんね。それは日本だけでなく、世界中共通です。昔、藤森先生の講演で私が初めて感動したのは「日本の将来を担っていくのは目の前の子ども達です。そんな子ども達を私達は育てていかなめればいけません」という言葉です。「いま」も、もちろん大切だと思いますが、やはり次に繋がっていく社会、それこそ「持続可能な社会」「平和な未来」を可能にしていくのは、自分ではなく子ども達です。今回のシンガポール報告を読んでいて、私自身、なんだか視野が広くなった気がします。

  8. シンガポールの有名人も聞きに来るほど有名になっているのですね。しかしながら、写真だけを見ると講演会場とは思えませんね。結婚式や何かのパーティーに見えますね。何から何まで異なる環境の中で、「子どもを中心にした社会になること」といった意識が、共通で持てることは本当に素晴らしいですね。その後の、マリーナベイサンズホテルやマーライオンもこうした話の後だと、また違った景色に見えてきますね。私もいつか保育の話に携わりながら海外に行きたいものです。

  9. 「子どもたちが人生を幸せに送れるように、そして、その時の世界が平和であるように、そんな世界を子どもたち自身が築いていけるように願って、乳幼児期にどのような力をつけてあげたらよいかという、将来を見据えた保育をするべきである」長く抜粋しましたが、見守る保育の大きな視点は保育者として見据えておくべきことであり、保育者自身がそう願って保育をするべきであることを教えてくれているようです。まさに国を越えての講演というのはその意味を持っているのですね。またまた次元の違いを感じますが、微力ながらも現場の人間として頑張りたいと思えます。

  10. シンガポールと韓国のように、受験競争の厳しい国では、早期教育に力を入れる保護者が多く、日本でも子どもに早いうちから習い事をさせたりする親の姿が見られるということでした。そして、先生のまとめの言葉にあったように、「将来を見据えた保育をするべきだ」という言葉に、保育の真の目的といいますか、目指すべきところはそこだと感じました。そして、今、実際に新宿せいが子ども園で、その保育を勉強できていることを幸せに思います。時代が変わるにつれ、保育も変化しなくてはいけないという先生の言葉もそうですが、見守る保育を勉強することで、自分が実家の園に戻った時に、目指すべき保育のあり方が見えるのではないかと感じています。そのためにも、さらに学びを深めていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です