シンガポール報告12

いよいよ講演最終日です。この日は、午前中に3,4,5歳児を持った保護者向けに3時間、午後は0,1,2歳児を持った保護者向けに3時間講演です。まず、保護者が3時間も聞いているだろうかということが心配でした。日本では、保護者講演の場合は、1時間から多くて2時間講演のことが多く、3時間もやったことがありません。しかも、子ども連れで来て、その間子どもたちは待っているのだろうかという不安もありました。

会場は、1日目と同じ会場で、丸テーブルに座ります。テーブルの真ん中には、風船のディスプレーが置かれてあります。今回の講演会は、オープンではなく、事前申込者に限ったものでした。それは、セキュリティの関係で、入り口では、きちんとチェックしていました。その脇では、「見守る保育」の本の販売をしていました。その並べ方は、以前紹介した紙皿とスプーンの芸術的な並べ方と同じでした。

また、会場のロビーでは、協賛として、乳酸菌飲料がチケットと交換で配られていました。現地では、1本4Sドル(約324円)もします。隅では、待っている子どもたちのために、制作コーナーと、マジシャンによるマジックショーを行うそうです。私は中にいたので、どのように行っていたのかわかりませんが、講演中3時間子どもたちが会場内に入ってくることはありませんでした。

今回、会全体を仕切っている代表はアイリーンさんという非常に頭のいい女性ですが、彼女は会全体を見て臨機応変に進めていきます。今回の話す内容ですが、私は保護者講演の時には、とても気を使います。それは、たとえば、英語教育を早い段階からあまりやらない方がいいと思ってそのことを話したら、その園では早くから英語教育に熱心に教えている園であったらまずいからです。ですから、よく知っている園でしたらいいのですが、そうでない場合には、事前にどのような保育を行っているのか、たとえば異年齢保育なのかなどを聞いておきます。ですから、あまり特殊な、また、私の園での実践は話さないようにします。特に、動画や写真はあまり使いません。保護者はそれがいいと思って、園に要求したり、自分の子どもが通っている園と比較したりしてしまうことがあるからです。そんなわけで、用意した内容は、今後どのような社会になっていくのか、高校、大学入試がどのような問題になっていくのか、そのためにどのような力が子どもに求められているのか、そのために家庭では、子どもにどのように接したらよいかなどを話す予定にしていました。

しかし、アイリーンさんから、事前にメールで、あの時の動画を見せてください、あの話をしてくださいなど送ってきました。それだけならいいのですが、話している最中でも、バンバンと流す動画を要求してきます。そして、どの時間までにまとめるようにとか、タイムスケジュールも指示が飛んできます。私も、すぐに切り替えるわけにはいかず、何とか話の流れをそちらの方に持っていったり、全体の話が通じるように変えていきます。アイリーンさんからすれば、それまでの三日間の話の内容、流した動画、紹介した写真をすべて覚えていて、それを指示してくるのです。私ももともとは、聞き手の顔や態度によって、話す内容を変えていきますし、午前、午後と同じ話でもいいと言われても、自分自身がつまらないので、つい違う話を入れてしまっていましたから、今回のように指示されてもそれほど困らないのですが、通訳は大変だったでしょう。

通訳についても、最初は皆さんにイヤホーンをつけてもらい、同時通訳の予定でしたが、今回一緒に行ったメンバーの中で二人英語が堪能なので、彼らに訳してもらうことになったのです。私は、結果的に良かったと思います。私が話して、区切ってそのあと通訳をしてという間が、聞き手にとって、頭に入れるのに、また整理するのによかった気がしました。

シンガポール報告12” への10件のコメント

  1. 何とも濃密な最終日ですね。主催者の要望に全霊で応える先生の姿が目に浮かぶようです。3時間に及ぶまるでセッションのような講演、保護者の方々の反響が気になります。文化水準の高さはこれまでの報告で知り得たことでありますが、保護者の方々もまた保育、教育への関心は想像以上のものなのではないかと想像します。社会全体が善い方向へ進歩しているイメージです。
    街を歩けば色々なものが落ちている日本のなんと寛容なことでしょう。この国に生まれて不平を言うのではなく、この国を褒め、そして向上していく指針を立てることなのかもわかりません。

  2. 保護者に3時間講演。これにも驚きですね。主催の配慮にも脱帽します。『見守る保育』英語版の販売、ヤクルトの販売、そして子連れの親子のための製作コーナーやマジックショー、講演時には親だけ、そのことを可能にする準備。My First SkoolさんのFujimori Seminarに対する並々ならぬ力の入れよう。ただただ感服。そして、主催者側のアイリーンさんのセミナーマネージメント。どうすれば、講演が聴衆に対して効果的に機能するか、その点からの様々な配慮、藤森先生へのリクエスト、ということになっていったのでしょう。「事前にメールで、あの時の動画を見せてください、あの話をしてくださいなど送ってきました。それだけならいいのですが、話している最中でも、バンバンと流す動画を要求してきます。」いやはや何とも凄まじい。そして驚くべきは、アイリーンさんからのリクエストにこたえていく藤森先生とアシスタント。さぞかし大変だったろうなと思います。本当にお疲れ様でした。それから午前3時間午後3時間、通訳の方、よくぞやれました、プロじゃないのに。通訳の経験があるので身に沁みてその大変さがわかるのです。

  3. 最終日には、保護者向けの講演会が3時間だったのですね。
    時間の長さを聞くと、保護者は聞いてくれるのかなと思いますが、実際に事前申し込みということで、実際に保護者が興味をもち、参加されたということが保育へ対して関心を持たれていることを感じました。実際に、学力が世界でもトップクラスであるシンガポールであることは、聞いていますが、この子どもへ対する熱心さは、どのような文化的背景があるのだろうと疑問が浮かぶくらいです。
    藤森先生の突然の話の展開にも、うまく対応されるところは、改めて凄さを感じています。

  4. 保護者向けの講演を3時間するというのは驚きます。シンガポールという国がそれだけ乳幼児に力を入れているのでしょうか。子どもたちのことに目がいきやすい環境という部分で国としてそんな風になっているのかな、とも感じました。
    その3時間が怒涛のように流れていくようにアイリーンさんからリクエストが届くというのにも驚きます。アイリーンさんの秀逸さ、そのリクエストに答えていく藤森先生、通訳の方々みんなで作り上げていった最終日の講演、大変そうですが、楽しそうだなと思いました。

  5. 講演最終日は、保護者向けに3時間講演。長いですね。シンガポールではそれがスタンダードだと思うと、保護者の保育や子育てに関する興味関心も高いのだろうなと感じます。また、待っている子どもたちのために、制作コーナーと、マジシャンによるマジックショーを準備しているのも参考になります。特にマジシャンのマジックショーなんて見れる機会はそんなにない上に、子どもたちだけで見て、共感し合えるのも良いなと思いました。保護者にとっては藤森先生のお話を聞ける良い機会ですし、その場にくる子どもたちにとっても、マジックショーなど非日常的な良い機会となるような取り組みはとても参考になります。アイリーンさんの臨機応変な対応もすごいですし、それに応える藤森先生もすごいなと感じますが、それは信頼関係がないと難しいものだと思うので、アイリーンさんの藤森先生に対する「信頼」を強く感じました。

  6. アイリーンさんの記憶力、そして頭の回転の良さは相当すごいものなのでしょうね。そして、その指示を受け入れ、なんとか講演の中に組み込んで話をされる藤森先生の臨機応変さにも驚いてしまいます。どうしたら聞いている人に伝えることができるのかということを何人もの人が考え、動き、素晴らしい時間を作っていったそんな時間なのかなと思えてきました。また、保護者の方が3時間も講演を聞くというのもやはり意識の高さを感じるようでもあります。主催者としても見守る保育のことをしっかり理解してもらいたい、この保育を進めていくんだという強い思いがあるのかなということを感じます。

  7. 保護者講演のために、子ども達が遊べるスペースを用意し、マジックショーのイベントまで用意するのですね・・・驚きです。また藤森先生での国内の保護者講演は1時間~2時間なので、3時間というのも驚きますが、もし私が保護者の立場だったら、それだけ「見守る保育」を保護者の皆さんに知ってもらい、それを自分たちが目指していくという、本気度が伝わってきます。
    代表のアイリーンさんは文章を読む限り、相当頭の回転が早い方なんでしょうね!先生の話しを一度聞いて覚えてしまう記憶力というか、吸収力は驚愕ですが、そんな方から、どんどんくる注文に的確に対応していく藤森先生もスゴイです・・・。
    なんだかシンガポール報告の私のコメントは「スゴイ」の連呼のような気がしました(笑)

  8. 保護者講演での内容は想像をはるかに超えているような印象を受けました。やはり主催者側のアイリーンさんという方のすごさを感じます。そしてその要求を即座に受け入れ流れを変えていける藤森先生…次元が違いすぎて圧倒された感じです。保護者がどんな保育をしてほしいのか、または保護者の方にこういうところを理解してほしいというアイリーンさんの思いというのも感じますね。そんな気をつかう講演を何時間もされた藤森先生に生意気ですが、お疲れ様でしたとお伝えしたいです。

  9. 保護者講演で3時間というのはすごいですね。それも子どもも一緒に来ても大丈夫というシンガポールでの見守る保育に関する関心の高さに本当に驚かされます。そして、忘れてしまいそうになっていましたが、日本語では通じず、英語での通訳が必要になりますものね。同じ日本で英語でわざわざ通訳を付けられて保育の話を聞くとなると相当な関心がないといかないでしょうね。こうした国民の保育の関心の高さも、シンガポールが発展してきたという中でも大きな役割を占めているのでしょうね。

  10. 塾で初めてシンガポール報告を聞いた時に、アイリーンさんという方はとても印象的でした。先生も頭の良い方と紹介されているように、話を聞いているだけでそれがイメージできます。シンガポール研修がこれほどまでに素晴らしいものになったのはアイリーンさんの力かもしれませんね。保護者講演で、先生が注意されていることがいくつか書いてあり、話す内容をその時その時で考えて対応していけるのがすごいと感じました。私は、人前で話すのが得意ではありません。保育士になってそういった機会が沢山あり毎回、自分の伝える能力の低さを痛感しています。でも、保育士になってこういう経験ができていることは、これから先、絶対プラスになると思うので頑張りたいと思います。シンガポールとは話が逸れてしまいましたが、そんなことを感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です