シンガポール報告10

二日目の講演は、理解力10%の園の園長、副園長、英語担当、中国語担当職員に向けて、午前中300名を対象に3時間、午後200名を対象に3時間講演です。そのような参加者でしたので、前日の夜、急いで話す内容の修正を行いました。まず、内容として、1日目を通じて感じたことですが、話す内容はもちろん真剣に聞いてくれるのですが、何よりもの説得力は、子どもの姿の動画です。たとえば、1歳児クラスの子どもたちが、食事が終わって、エプロンを自分で袋にしまうのですが、5月のころの映像では、自分でしまえない子が、先生のところに来て、袋を広げてもらうように頼みに来ます。今回主催した「My First Skool」のCAOが、5月に来園したときにその姿を見ていきました。子どもたちは、見学している私たちにも頼みにきましたし、来客にも頼みにきました。それが12月頃の動画では、かなりの子たちは自分でしまえるようになっています。

また、自分ではまだしまえない子たちは、子どもたちのそばに、「いつでもやってあげるよ」というオーラを出しながら立っている先生を無視して、他の子どもたちに頼みに行く姿が映っていました。しかも、その友達にやってもらった子どもは、誰かにやってもらいたいと立ちすくんでいるこのところに行って、今度はその子の袋を広げてあげたのです。そこで、もう一人の子が、着替えがしまっているロッカーのところに行って何かをしています。その中から上着とズボンを出して、残りのロッカーにしまい、今度はこの動画を撮っている職員のところに駆け寄ってきて、身振りで、「自分の服が濡れたから、その服を脱がして、新しいのを着せてね」と言わんばかりに自分の体を指した姿が映っていました。

先生にやってもらった子、自分でやれるようになった子、友達の助けを求めた子、先生に頼んだ子とそれぞれ子どもたちは選択しています。それは、子どもたちは自分でやれることを知り、また、他人の助けを借りること、そして、他人に援助することなどを経験していきます。社会の一員となる資質を備えようとしているわけですから、教育基本法の1条の教育も目的にあたります。まさに、乳児から教育です。

この動画を1日目に2回見せるように指示されました。それは、どの部分の発達が、どのような場面において促されているかを再度見ることによって、確認できるからです。日本でもよく動画を見せることがありますが、2度同じ動画を見せてほしいと言われたことはありませんでした。それどころか、前に見たので知っていると言われます。しかし、昨日のブログで紹介したように、講演を聞いて、「深く」考えるためには、何度か同じものを見ることによって、より深いところが見えてくるのです。

子どもの様子は、世界共通であることを実感しました。何よりも説得力は、現場での子どもの姿なのです。しかし、私は、このような動画を見てもらう意図がもう一つあります。それは、そこに映っている子どもの姿ではなく、それを撮影している保育者の姿です。最近の動画は、以前のように思いビデオを回して撮る必要はありません。各々が持っているスマートフォンできれいに撮れます。では、どんな場面を、いつ、撮るのでしょう。それは、映っている子どもの姿、行動、それらを予測してスマホを子どもに向けるのです。どの動画も、撮り始めた子どもは日常のさもない姿です。見ていると、そのうちに子どものさまざまな姿が映っていくのです。それは、子どものことをよく理解し、子どもの行動を予測しないと撮ることができないのです。もしかしたら、それが「見守る保育」の基本かもしれません。

シンガポール報告10” への10件のコメント

  1. 深淵な見守る保育の世界へ没入していくような、それを促すような研修の運びですね。参加された方々の眼差しが雰囲気を物語るかのようです。動画の反響の大きさを感じましたが、この度のブログの結びの言葉を思えばなるほど動画こそ見守る保育を表現し得る最高の手立てであり、先生の理論が実践化された形であるということを理解します。「子どもの様子は、世界共通であることを実感しました。」目の前の子どもたちを見守る力量を培うことは、世界の子どもたちを見守る力量を培うことに繋がるのですね。

  2. 動画の威力大ですね。セミナー参加者に伝えたいことをしっかりと伝える方法の一つが動画。写真でもそれなりの効力はあるでしょう。しかし、動画のそれは動いている分、より効果的。「百聞は一見に如かず」。学びが深まりますね。昨日のLearn deeply まさにこのことです。しかも、主催者は同じ動画を二度使用するように藤森先生に要請しています。またか、と思うより、前回のものより、より慎重に見て、参加者は動画の内容を理解しようとするでしょう。このことによっても学びが深まります。参加者に学んでほしいところ、そのツボを主催者が確実に把握していることに驚かされます。主催者の事前リサーチのレベルを推し測ることができます。さて、動画については、子どもの動きもそうですが、その動きを「予測」できる撮影保育者のことについて言及していました。藤森先生の講演の中に「ベテランは予測検証の度合いが他より高い」という旨の話がありました。そして今回のブログでは「「見守る保育」の基本かもしれません」とやや控えめに言及されています。子どもの発達を最大限度に遂げさせることが保育だとするなら、保育力とはまさにこの予測検証力のことでしょう。そして、このことから、保育とは見守ること、だということを再認識させられるのです。

  3. “子どもたちは自分でやれることを知り、また、他人の助けを借りること、そして、他人に援助することなどを経験していきます”という子どもの姿を私たちは、いかに社会性を身につける、社会で生き抜いていく力を自ら学びとろうという姿とはして、感じとることで、子どもに必要なときに必要な関わりができる応対性なのかなとも考えられました。また、”何度か同じものを見ることによって、より深いところが見えてくる”という言葉に深さを感じます。先日、見守る保育を感じれるような動画を探している際に、以前、発表に使った動画を見ていました。その時に感じなかったもしかしたら、こんな場合もあるのではと、見返すことで、違う視点、そして、不覚を感じたように思えます。見るなかにどのような意図をもっているのか見る側の意識をより考えられました。そして、子どもの姿を予測して、動画を撮る、藤森先生に以前、動画を撮る際にこの話を聞いて、子どもを理解しておかなければできないことであり、動画を撮ることには、子どもの発達を実際の子どもから感じることができる、とこのスタンスを私自身も保育と向き合うスタンスに考えることができました。

  4. 動画はやはり伝わりやすいですね。さらに「2度同じ動画を見せてほしい」というリクエストは、シンガポールの方々の熱意を感じます。1回目に見たことで気付いたこと以外のことに2回目では気付けることは自分でも経験がありますし、2回見ることでより深まることもありますね。動画を2回繰り返すことなどの見直しがとても効率の良い学びにつながることがわかります。また「子どもの様子は、世界共通であること」は、当たり前のようでしっかり認識していなかったことにも気付けました。表現が合っているかわかりませんが、子どもとは言葉や文化などを超越した存在であるように感じました。

  5. 〝何度か同じものを見ることによって、より深いところが見えてくる〟という言葉が印象的でした。今年度の研究発表で動画を撮って、それを使って発表させて頂きましたが、その準備段階の動画を見ながらみんなで話し合うという行為がその質を高めることになるものであるということを感じていました。何度も見返して動画から子供の意図や思いを探り、その後どうなるのかも予測していくというやりとりが楽しい時間でありました。藤森先生からその話を前に聞いてからは、その部分を意識して動画を撮るようにしていますが、これがなかなか難しく、自分の思ったようにならないことがよくあります…。
    動画を撮るだけでなく何度も見ること、それが簡単に行えるようになった今の世の中で使わない手はないですね。

  6. そこにいる先生に頼むのではなく、他の子に頼むというのは驚きました。ついつい先生に頼むのかなと思ってしまいますが、それが他の子になるというのはやはり、それだけ子ども同士の関係が意識されているからなのかなと思いました。また、動画を見るみなさんの姿を感じるようであります。子どもの姿の動画となると「かわいい」だけで終わってしまうこともあるのかもしれませんが、そこからしっかりと学びを得ようとしている姿勢には刺激を受けます。意識の高さを感じるようでもあります。「子どもたちは自分でやれることを知り、また、他人の助けを借りること、そして、他人に援助することなどを経験していきます」とありました。このような子どもの姿が生まれるような環境を用意していきたいですね。

  7. エプロンを片付けるという動作一つにしても、子どもたちが選べるかどうかでその環境は大きく変わるという私たちが忘れてはならないものを感じますね。しかしながら、そうした動画を2度見せてほしいというのは、とても意外でした。他にももっと見たいというのはよく見かける気がしますが、文中にもあるように、2度見ることによってさらに解釈を深めようという気持ちの表れなのでしょうね。普段、そうした感覚に至らない自分を少し見直しつつ、ブログもしっかりと理解できるよう読んでいきたいと思います。

  8. ブログの最後に書かれてある言葉「子どものことをよく理解し、子どもの行動を予測しないと撮ることができないのです。もしかしたら、それが「見守る保育」の基本かもしれません」私も何度か子どもの姿を撮ったことがありますが、確かに「来るかな??」と心の中で予測している気がします。ただ現場ではないので大抵は外れてしまうのですが、保育者は常に現場で子ども達と接しているので、素敵な写真、動画を撮っているのでスゴイ!と関心します。
    同じ動画を二回見るというのは確かに初めてかもしれません。藤森先生の講演も同じ内容でも違う学びがあるように、動画も二回見ることで新たな発見があるのですね。この手法はそれこそ「深く」学ぶことができますね。

  9. 「この動画を1日目に2回見せるように指示されました。」という主催者の意図を知ることで、藤森先生の話を2回聞いてあー知っているからという人と、ちがう発見を見つけることができる人の違いを感じました。2回見ることでまた違った発見ができることを理解していることがすごいことですし、その見せる意図には深さを感じます。また、 「子どもの様子は、世界共通であることを実感しました。」という言葉にはなんだか嬉しくなります。そして最後にある動画を撮る際の「予測」では「 それが「見守る保育」の基本かもしれません。」というのは新しい見守る保育の説明の1つなのですかね。

  10. 文章で紹介されていた動画の様子は、保育中によく見かける場面です。先生が、おっしゃる通り、年度始めと年度終わりでは子供達の行動も大きく変化しました。保育者に頼まず自力でやる姿、友達にやってもらう姿、友達のをやってあげたい姿など見ることができるので面白いです。
    1歳児の子たちが、2歳児になるにつれてだんだんと友達に頼むようになるからといって、子どもが保育者にお願いした時に「友達にやってもらったら?」という声かけをするのではなく、頼まれたらすぐに答えてあげたほうが依存しないということを、最近の先生の講演で聞きました。それがとても印象に残っています。今回のブログで、一年間を通して子どもたちがどんなふうに変わったのかを見ていけたらと思いました。しかし、普段一緒にいるとなかなか気づけないこともあると思うので、動画が残っているとそれもまたわかりやすいのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です