きょうだいの存在

きょうだいは、親子間と同じ割合の遺伝子を共有しています。つまり、「利己的遺伝子」の点から考えると、きょうだい間の関係性には親子関係と同じ部分が多くあるはずです。親子関係に見られるように、きょうだいも遺伝的な類似度が高いことから、互いの関心が促進されるはずだと考えられます。しかし、きょうだいは平均で50 %の遺伝子しか共有していないため、きょうだいが求める利益はまったく同じではなく、葛藤が生じるのは当然です。もちろん、親子関係ときょうだい関係には重要な違いがあると言います。最も明確な違いは、親は子どもの生存を保障するために、多くの時間、力、そして資源を子どもに捧げなければならないことです。きょうだいも大きくなると、弟や妹の世話をする責任をもたされることはありますが、彼らがきょうだいの「主要な養育者」となることは稀です。親子間の投資をめぐる葛藤に加えて、子どもは資源の配分をめぐるきょうだい間の葛藤をもつのだと言います。大人になってからよくきょうだいに向けて冗談で口にする「お母さんが一番好きなのはいつもあなただった」という嘆きは、半ば本心だったりすると言います。

子どもが確実に「期待」できるもの、たとえば、授乳をしてくれる母親の存在や、父親や血縁者からの社会的サポートなどもありますが、ヒトの家族には大きなばらつきがあると言います。そのひとつがきょうだいの存在だというのです。年上や年下のきょうだいがいるか?きょうだいの年齢差はどれくらいか?子どもが多い場合、家族を支える生態学的状況はどのようであるか?家族の中のそれぞれの子どもに親や他の家族はどのような反応をしているか?もしあるとすれば、きょうだい間で互いに果たすべき責任は何か?家庭内と比較して、家庭外ではどの程度資源をめぐる競争があるか?きょうだいがいるということは、ヒトの歴史を通じて、多くの子どもに避けて通れない現実でしたが、きょうだい関係の本質が何であるかを予測するのは簡単ではありません。きようだいは非常に近くで暮らしていて、親の注目をめぐる競争があるというだけでも、多少の葛藤は避けられないのです。一卵性双生児のきょうだいがいる人は、遺伝子がまったく同じでも葛藤はなくならないことを知っているだろうと言います。さらに、きょうだい関係の「閉鎖空間的」な性質、すなわち、発達のある時点まで、物理的に家族から離れる自由がありませんが、葛藤を増強していると考えられると言います。その一方で、きょうだいは物理的および遺伝的に近いというこの特徴は、少なくとも一定の条件下では、きょうだい間の仲間意識や心理的距離の近さ、協力を促進しているはずだと言います。以上の理由から、きょうだい間で生じる「問題」に対処するメカニズムが進化してきた可能性は高いと考えられます。ただし、そのメカニズムは比較的一般性が高く、柔軟なはずだと言います。第一子用あるいは弟妹用の心理的メカニズムが進化してきたとは考えられないというのです。むしろ、血縁認識を促進するメカニズムや、さまざまな地位、たとえば、弟妹、兄姉の競争相手に、生後初期から対処するためのメカニズム、特に親からの資源獲得に関連するメカニズムに、自然淘汰は作用してきたはずであるといいます。では、きょうだい間の葛藤と協力、出生順位の効果の可能性、および近親婚回避について、進化発達的な視点から検討するとどうかという課題をビョークランドは考察しています。

きょうだいの存在” への9件のコメント

  1. 「親子間の投資をめぐる葛藤に加えて、子どもは資源の配分をめぐるきょうだい間の葛藤をもつのだと言います。」子どもの抱えるストレスの大きさは目に見えないだけで、もしかすると相当のものなのかもわからないと思えてきました。長男に頼りきりな我が家の生活スタイルも、時に彼の負担となっていることでしょう。実力以上のことを求めてしまっていたかもわからず、とても反省させられました。明日は幸い祝日で、互いに日頃の苦労を労えるような一日にしたいと思います。

  2. 私は4人きょうだいの一番上。我が子はきょうだいなしの一人っ子。家内は3人きょうだいの真ん中。3人ともが実親子関係の中で育ってきました。一人っ子。きょうだい位置のどこにいるか。その人の性格や資質の形成に大いなる影響を及ぼしているのではないかと思っています。私は4人きょうだいの年長者です。自分のやりたいように生きてきた関係上、弟妹と葛藤関係に至る経験がありません。おそらく、弟妹たちにはその葛藤関係をきょうだい間で抱いていたかもしれない。そう思われる節がきょうだい一人ひとりの中に見て取ることができますね。私のきょうだいは、基本、それぞれ。互いに依存し合う関係ではなかった分、余計ないざこざもなくこれまで来たような気がしますし、これからもそうでしょう。どうしてそうした関係になったか、ということを考える時、親が創ってくれた環境が影響しているのだろうなと推量するのです。親が残した財産を巡ってきょうだいが骨肉相食む関係になることを見聞きすることがあります。不幸なことだと私は思います。その点、そうした関係にならなくて済む環境を残してくれた親に私は感謝するのです。

  3. 「ヒトの家族には大きなばらつきがある」とあり、その1つがきょうだいの存在なのですね。確かに、そもそものきょうだいの有無や何人いるか、性別、出生順位など構成によってばらつきが出ますね。私は弟が年子ということもあってか、「『お母さんが一番好きなのはいつもあなただった』という嘆きは、半ば本心だったりする」とあったのは何だかわかる気がします。一緒に住んでいると仲が悪いきょうだいも離れると急に仲が良くなったりすると聞いたことがありますし、私も実際にそれに当てはまっています。家庭内の資源競争が原因だったのだなと振り返るとより納得します。しかし、資源競争を経たことで得たものもあるのかなと感じています。そう考えると、やはり発達や心の成長という意味でもきょうだいはいた方がいいように思えてきます。

  4. 自分は弟がいて一人いて長男ですが、〝親子間の投資をめぐる葛藤に加えて、子どもは資源の配分をめぐるきょうだい間の葛藤をもつのだ〟というのがよく理解できます。単純に弟の方が…と思うところがよくありました。自分にも同じようにして欲しいというわがままから、家に寄りつかなくなる時期もあったりもしました。要するに子どもだったのですが、弟と自分は違う人間だと思い始めてからはそのようなことはなく、家が実家となってからは、むしろ弟と仲が良くなったと思います。
    きょうだい間の経験や葛藤も多様性から考えてみると必要なものであると思います。単純にきょうだい間の仲が良くなるまでのプロセスであり、心の発達という部分でも感謝しないといけませんね。

  5. 私自身は、姉、妹といて、男一人でした。姉とは、年も近かったことからよく喧嘩してたなという印象がありますが、妹は、歳が離れているせいか、喧嘩とからはなく、少し甘い関わりをしていたような気がします。そういった点から考えると、”親子間の投資をめぐる葛藤に加えて、子どもは資源の配分をめぐるきょうだい間の葛藤をもつのだ”とあることは、姉とは年齢が近かったことからために、親子間の投資に葛藤をもつことがあったが、妹は歳が離れており、その親子間の投資の形に違いがあるからという風に考えられました。しかし、こういった関係性があることが、必要であることと人の育ちに必要な要因だと感じましした。

  6. 「きようだいは非常に近くで暮らしていて、親の注目をめぐる競争があるというだけでも、多少の葛藤は避けられないのです」とありました。私には弟と妹がいますが、関わり方は全く違います。弟とは学生時代、あまり仲の良くない時期がありましたし、今もそんなに頻繁に連絡を取り合うということはありません。妹とはたまに連絡を取り合いますし、仲が悪いという時期もありませんでした。競争をしていたという自覚はないのですが、互いに葛藤はしていたのかもしれません。そういう意味でも人は兄弟という身近な関係性の中で、他者と関わるということをスタートさせているのかもしれませんね。また「その一方で、きょうだいは物理的および遺伝的に近いというこの特徴は、少なくとも一定の条件下では、きょうだい間の仲間意識や心理的距離の近さ、協力を促進しているはずだと言います」ともありましたが、この感覚は言葉では表せませんが、なんとなく感じるような気がします。不思議な感覚ですね。

  7. 「親子間の投資をめぐる葛藤に加えて、子どもは資源の配分をめぐるきょうだい間の葛藤をもつのだと言います」とあり、三人兄弟である私はにはすごくわかる気がします。とはいえ末っ子の私ですのでより葛藤してきたのは上の2人ではないかと想像しています。そして「その一方で、きょうだいは物理的および遺伝的に近いというこの特徴は、少なくとも一定の条件下では、きょうだい間の仲間意識や心理的距離の近さ、協力を促進しているはずだと言います」というのもすごくわかりますね。現在我が子は一人っ子。そう考えるとやはり兄弟は作ってあげたいものです。

  8. 朝の忙しい時間、夜の夕飯の時間、子どもの世話が一番忙しい時に限って、二人の息子は母親の取り合いを始めます。最終的には長男が我慢し、落ち着くのですが、やはり長男にとってはストレスが溜まっているかもしれません。私自身は次男で4つの上の兄がいますが、覚えているのが喧嘩をすると決まって兄が注意されていたのを何となく覚えています。兄弟間で起きる葛藤というのは友達とはまた違った特別な物だと思いますし、葛藤したからこそ得た貴重な関係でもあるように思います。しかし中には兄弟同士で仲が悪いという話も聞きますが、そうした関係にならなくて良かったと思いますし、息子達にもそうした兄弟関係を築いて欲しいと願います。

  9. 兄弟間での葛藤は、4人兄弟なのでよく分かる部分です。特に、長男である私と次男がものすごくぶつかっていたような気がします。sasukeさんのコメントにもありますが、決まってケンカになると長男が怒られるというのもよくありましたし、次男も次男なりにいろいろと思うところがあるようで、最近では昔の話もしますし、お互いの仕事の話もよくします。小さいころは、ケンカが絶えず常に何かしらのトラブルがあったのですが、今ではケンカすらありません。小さいころのそういった関係が今につながっているのかもしれません。田舎で育ち、周りに遊ぶ友達が少なかったのですが、兄弟が多く関わる場面があったのは良かったと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です