男性の育児参加

哺乳類のオスの圧倒的多数は、親として子どもの世話をほとんどあるいはまったくしないようです。それに引き換えヒトはこの傾向から外れていますが、それはヒトだけではないそうです。現代文化では、「なぜ男性はもっと子どもと一緒の時間をもたないのか」という問いも適切に思えるかもしれませんが、大局的に種全体の視点で考えると、「そもそもなぜヒトの男性は子どもの世話に貢献するのか」という問いの方が適切であるとビョークランドは言います。

他の種について見てみると、父性の確実性が高く、新たな配偶機会が少なく、子どもの生存が父親の投資によって高まる場合に、オスが食物を与えたり、乳児の世話をしたりする可能性が高いようです。しかし、子どもに多くの資源を捧げても、子どもが父親とは遺伝的に無関係である場合にはそのオスの適応性はほとんど高まりませんし、そのことによって配偶機会が増すのでなければ、子どもの成功が父親の養育努力とは無関係の場合も同様だそうです。このような場合には、オスは、たくさんのメスと交配することによって最も大きな利益を得られるため、養育の仕事はメスに任せてしまうだろうと言います。しかしオスの包括適応度が、オスによる子どもへの資源提供に依存している場合には、複数のメスと交配をしてもオスの繁殖価は高まりません。繁殖価を高めるには、オス自身が養育努力をすることで、子どもが成人期に達して繁殖できる可能性を高めなければならないのだと言います。

ホモ・サピエンスの生活史のさまざまな特徴から、ヒトの父親の投資量は中程度となっているそうです。ヒトは親への依存期間が他の哺乳類よりも大幅に長いのです。粉ミルクができる時代以前は、母親からの授乳が唯一のカロリー摂取源となる生後2 ~ 4年を過ぎても、子どもは大人の食事が食べられないため、子ども用の特別な食べ物が必要な依存期間がさらに数年続きます。こうした条件下では、父親による食糧供給によって子どもの生存の可能性は高まります。また、現代の狩猟採集社会の多くでは、子どもや配偶者の消費カロリー源の大部分を父親が提供していると言われています。

実際、ヒトの未成熟期の拡大と父親の投資は、共進化したと考えられています。成長が遅く、依存的で、脳が大きく、そして、複雑な社会で必要なことを身につけるために長く時間を要するこの生物が、父親のサポートなしで進化してきたとは考えにくいとビョークランドは考えています。裏を返せば、父親サポートによって依存期間の長い子どもの生存価が高まらないならば、女性が投資量の多い男性を選択することはなかっただろうと言います。現代のホモ・サピエンスの進化、およびヒトのほぼ一夫一妻/ほぼ一夫多妻の交配パターンの進化は、さまざまな要因が相相互作用をした結果もたらされたものだそうですが、なかでも父親の投資の増大は、ヒトの祖先と推定されるサルと比較して、それがなければ現代の人間の存在が考えられないような、非常に重要な要因と考えられています。

父親の投資が増大したことによって、ヒトの女性はこの依存性の高い子どもを複数育てることができ、また、子どもの死亡率が他の霊長類や集団狩猟をする肉食動物の半分まで下がったのだと言います。やはり人類にとって、父親の育児参加は大きな意味を持っていたようです。