女性の高い抑制能力

乳児がもたらす困難に対処するために、女性には高い抑制能力が必要と考えられます。乳幼児を世話する際には、攻撃性などの情動的反応を抑制しなければならないことや、母親自身が得る満足を遅延しなければならないことも多いのです。そして、子どもの世話をする役割はいつも女性の活動とされてきました。社会的状況における性差に関する知見、たとえば、顔の表情の制御と同様に、誘惑に耐えることや満足を遅延することに関連する課題では、女性の方が男性よりも多少成績が高いことが示されているそうです。幼児の世話をすることに関連する圧力が、ヒトにおいて男性よりも女性に大きくかかっていたと考えれば、これはまさに予想される結果であるとビョークランドは言います。

進化心理学の基本的な主張は、親の投資理論によって予測される性差は、進化による、男女の遺伝的な違いを基盤とするものであり、そうした違いによって、繁殖と養育に関連する情報の処理、解釈、評価に性差が生じた、というものだそうです。ビョークランドは、この考え方に同意しています。しかし、このような「生得的」バイアスは、青年期や成人期に新しく生じるのではなく、環境要因の影響を受けやすいものであり、また、個体が子ども期に得たそれぞれの経験にもとづいて発達すると考えられます。つまり、ヒト、そしてヒト以外の種が示す行動や認知のさまざまな特徴が発達するのと同じように、親の投資の性差は発達するのだというのです。とはいえ、発達によって生じる表現型が無限にあるわけではありません。繁殖と養育の決断は、性別を問わず重要であることから、いくつかある方向性のなかから、与えられた地域環境下で、自身の包括適応度を最適化できる方向に個体発生は進んでいくと考えられるのです。

すべての行動はさまざまな要因によって決定されていきます。そして、親の投資に関する行動もその例外ではないと言います。「進化によて男性と女性は異なる心理をもつため、行動パターンに違いがある」というだけでは不十分だとビョークランドは考えています。むしろ、どのような発達メカニズムによって、適応、あるいは不適応行動パターンに違いが生じたのかを問うべきであると言います。

祖父母、きようだい、おばやおじ、そして血縁関係のない人々も、両親を亡くした子どもの世話をすることがありますが、子どもの生存について親ほど高い関心をもつ者は他にはいません。伝統社会、そして有史以降の西洋文化では、父親からのサポートのない子どもが成人期に達する前に死亡する可能性は、父親がいる子どもよりも高いそうです。また、母親のいない子どもの死亡率はさらに高くなると言います。子育てには、親、特に母親からの多くの投資が必要なのです。親は乳児に身体的、社会的、心理的ケアを行います。親は、繁殖努力あるいは親自身の維持や資源獲得に捧げられるはずの力と資源を、子どもに配分しているのです。しかし、ある子どもに資源を配分するということは、親の個体発生や繁殖努力を制限するだけではなく、生まれている子およびこれから生まれてくる子など、他の子どもに対する投資機会が奪われることにもなるのに、母親が、ひとりひとりの子どもに常に最善を尽くそうと思っているのは当然のことと思えるかもしれません。しかし、ある子どもに親がどの程度の投資をしたいと思い、またどの程度投資できるかは、子どもの健康状態、地域の経済や生態の状況、きようだいの有無、親、特に母親の年齢と生殖状態、子育てに得られる社会的サポートの量といったさまざまな要因の影響を受けていると言われています。