親の投資の性差

男性と女性が結婚相手を選ぶときに、相手が自分たちの遺伝子を子孫に残すために有利かを評価します。それぞれ、その子どもへの投資量に性差がありますが、その差は、行動の性差となって現れます。しかし、このような男性と女性の関心は、ヒト以外の動物の行動にも認められるため、必ずしも意識的なものではないと考えられています。

行動に見られる2つ目の性差は、投資が少ない方の性が、通常はオスだそうですが、通常はメスですが、投資の多い性をめぐって競争をすることだと言います。また、投資量の性差が大きいほど、その競争は激しい傾向があると言います。多くの動物で、このような競争は大きさと強さを使って行われるため、肉体的に大きいオスが勝つことになります。身体が大きく、強さも備えたオスは、他のオスとの競争で有利であるため、多くの種でこのようなオスの社会的地位が高く、メスとの配偶機会が多くなるのです。

地位が高いオスや、その他の方法で成功したオスは、メスを配偶者として単に「獲得する」わけではありません。むしろ、オス間競争に勝つということは、進化の過程でメスが選り好むようになった特質をもっているということなのです。成功した、強いオスが、身体の小さいメスを力ずくで屈服させているというよりは、多くの場合、メスが成功したオスを選んでいるのだと言います。これが性淘汰の過程なのです。性淘汰の過程では、メスがオスの特徴を選択することで、繁殖のために有利な特徴が引き継がれていくのだと言います。しかし、オスをめぐるメス同士の競争がないということではなく、実際に、メスにもそうした競争はあると言います。しかし、オス間の競争は通常肉体的で激しく、負傷することも多く、ダーウィンのゲームかららまとめて「締め出される」というのです。

3つ目は、母性は常に明白であるのに対し、父性は常に不明確ということだそうです。子どもを受胎し、胎児が育つのは女性の身体内であるため、母性は確実となります。それに対し男性は、妻の不義による他の男の子どもに対し、そうとは知らずに自身の資源を投資することになる可能性もあります。これは進化的観点からは、適応的とはいえないと考えます。以前のブログで紹介しましたが、現代のヒトの社会では、おそらく、妻の不義に対する父親の不安を軽成し、父親の投資の可能性を拡大するため、母親や母方の親族は生まれた子どもが父親に似ているというコメントをする傾向があるということでした。その時に驚くデータを知ったのですが、これを評価した最初の研究では、赤ちゃんの外見に関する全発言のうち、 80 %が父親に似ていることに触れており、母親に似ていることに触れた発言は20 %のみであったということでした。しかも、このような結果は、さまざまな文化で確認されているというのです。これに沿った結果として、家庭内での暴力に関するプログラムに参加した男性では、子どもとの関係性の質に関する評価が、父親と子どもの類似度と正の関連があり、配偶者が負った怪我の重症度とは負の関連があることが示されています。このことから、男性は、父親に似ているかどうかを、父性の指標としていることが示唆されます。

ホモ・サピエンスでは、この性差がやや大きいと言われています。他の多くの哺乳類のメスとは違い、ヒトの女性は月経周期を通じて潜在的に性的受容が可能だそうです。そのため、性交意欲を示すことが、必ずしも妊娠可能のサインではありません。同様に、他の多くの霊長類のメスが、性的準備と繁殖可能性があることを、たとえば、生殖器部が膨張するといった身体的に示すのに対して、ヒトの女性は、そのような信号を出しません。女性の排卵時期、つまり妊娠可能性が最も高い時期がいつであるかは、男性だけでなく、女性自身にもわからないことが多いのがヒトなのです。