女性の投資量

生態環境、成熟過程、子どもが必要とすることが種によって異なるため、オスが交尾後に行う子どもへの投資量も種によってさまざまだそうです。交接後、オスが子どもや子どもの母親に明確なサポートをまったく行わない種もあれば、オスが配偶者や子どもに食料をなえる種や、さらにはオスが子どもを背にして移動するなど「子育て」に多くの時間を費やす種もあります。しかし、 95 %以上の哺乳類のオスは、子の出生後に子への投資をほとんどあるいはまったく行わないそうです。

他の多くの哺乳類とは対照的に、ヒトの男性は頻繁に自分の子どもと相互作用をし、資源の提供も行います。しかし、すべての文化において、子どもを支援し、子どもと相互作用をもつ時間は男性よりも女性が長いと言います。たとえば、 6つの文化(ケニア、インド、メキシコ、フィリピン、日本、アメリカ合衆国)に関する研究では、子どもが母親と一緒に過ごす時間が、父親と一緒に過ごす時間の3 ~ 12倍だったそうです。この傾向は、家庭外で働く女性の多い西洋社会でも変わらず、生まれた子どもの世話を中心となって行うために育児休暇をとった父親たちにおいても、この傾向が認められたそうです。価値観の変化、特に労働力としての女性の社会参加が増したことによって、現代の西洋文化では父親が子どもと過ごす時間の長さが、母親が子どもと過ごす時間に近づいてきているようです。しかし同時に、母子家庭の子どもの数は1960年から4倍に増えています。つまり、今日では社会動向の影響を受けて、父親の投資量に変化が見られてはいますが、全般的なパターンとしては、最も女性解放の進んだ家庭や国であっても、依然として女性が男性よりも多くの時間を子どもの世話に捧げているのです。

このような子どもへの投資量の差は、行動の性差となって表れます。ヒトの女性の場合、性交によって受胎および9ヶ月の妊娠期間に至る可能性があります。さらに、今日の伝統社会では、そして私たちの祖先にとっては、子どもを産むということは、その後数年間、乳児の唯一の母乳という栄養源となるということを意味します。このように、女性にとって、親の投資は義務であり、またその量は非常に大きいものでした。科学技術の賜物である体外受精児を除き、乳児は、出生前も出生後も、母親からの投資なくして生存は不可能です。男性が投資をする可能性は、進化適応の環境においては女性よりも大幅に少なかったし、そして今日でも少ないですね。このため、女性は男性よりも性交渉の同意に慎重だと言うのです。女性は、自分の子どもの父親候補の、肉体的に健康で、強く、繁殖力がありそうか?というような質を評価するだけでなく、その男性の資源入手力である、裕福で、社会的地位が高いか、あるいは家族を支える能力があるか?など 、さらに、その男性がその資源を彼女や子どもに投資する可能性を評価しなければなりません。反対に男性は、将来の配偶者が有する資源や、それを共有できる可能性についての関心は低く、遺伝的適応度である、その女性は健康か?など、そして、その女性が子どもを受胎し、出産し、育てる能力に高い関心をもっています。このことは以前のブログでも紹介しました。