親の養育

最近、先進国と呼ばれる国々では、少子化が進んでいます。その理由は国によって若干違うものの、多くは、育児の大変さや、自分を犠牲にすることを嫌がる傾向があるようです。しかし、私はよく話をするのですが、もし育児が、親にとって一方的に負担であれば、現在まで遺伝子をつないでくるはずがないと思っています。理屈上で、遺伝子を子孫につないでいかなければという認識のもと。子どもを産んできたはずはないのです。ただし、もしかしたら戦時中は、国民の義務だと思って子どもを産んだかもしれませんし、また、家長などは家を存続するために子どもを産んだことがあるかもしれませんが、それでも、たぶん親は子どもたちから何かしらの見返りがあったはずです。

ビョークランドは、「子どものしあわせに、親ほど重要なものはそうそうない。子どもの生存は、乳児期を過ぎて未成熟期、そして、おそらくそれ以降も親から受ける養育に依存している。しかし、子育てをすることによる利益は、親にもある。」と進化心理学的にみても、子育ては親にも利益があるだろうと考えているようです。さらに、このことについて、「子どもが生存すること、そして、子どもが繁殖に成功することほど、成人の適応に重要なことはないだろう。進化的な視点から考えると、子どもは自分の遺伝系列を継続させるための最も直接的な手段であり、自然淘汰を生き残ったことの真の証しなのである。子ども、そしてその親が、親子関係に莫大な投資を行っていることは、発達心理学や進化心理学が指摘してきたところである。」と言います。ビョークランドは、投資理論から家族というものを考えようとしています。

彼によると、進化発達的理論によれば、子どもは親から受ける養育を高めるために、そして、地域生態の条件に最も適合するかたちに個体発生を調整するために、心理的、そして身体的メカニズムを進化させてきたと言うのです。同時に親もやはり、乳児の価値を評価し、子どもへの投資量や投資期間を周囲の環境に応じて判断するためのメカニズムを進化させてきたと言うのです。また、親と子は、「親の遺伝子のコピーを有する子どもが生殖年齢に達する」という自己利益を等しくしていると言います。親子関係ほど相互作用相手との協力が促進される関係は他にないだろうと言うのです。

しかしその一方で、親と子の利益はまったく同じではないと言います。子どもにとっては、自身の生存がきわめて重要です。包括適応度の観点から考えると、子どもは、近縁者の生存と繁殖の成功からも「利益」は得られますが、一般に、自身が繁殖可能な成体となること以上の成功はないと言いますが、確かにそうかもしれません。しかし親にとっては、どの子どもも、自身の遺伝子を次世代につなぐための、潜在的にたくさん存在する子どものひとりにすぎません。親は子ども全員が生きのびることを望んでいると言ってよいのですが、現実には成功の可能性が高い子どもも低い子どももいます。そのため、子どもたちは全員、親からの注目や資源投資をめぐって、きようだいと本質的に、また潜在的に競争関係にあることになります。それだけに親は特定の子どもに「過剰投資」しないように気をつけなければならないと言うのです。

つまり、親は、ある子どもを養育するためのコストと、他の子どもや親自身が使う資源とのバランスをとらなければならないのです。それは、たぶん意識的ではないでしょうが、それぞれの子どもよりも大きな視野で捉えているのだというのです。これから示すように、その結果生じるのが、親子間、そしてきようだい間の競争だと言うのです。