文化の創造

私たちが考えているような文化は、仲間の意図を推測できる社会的な種でしか進化しなかっただろうと考えられています。少なくともトマセロたちが述べているような模倣学習程度の複雑性をもつ社会的学習ができなければ、儀式や科学技術、そして生態に関する重要な知識を、次の世代に効果的に伝達してゆくことはできなかっただろうと言います。また、心の理論がなければ、形成される社会的関係性は3歳児やチンパンジーの群で見られる程度のものにとどまるだろうと言います。そのような関係性もときに非常に複雑であり、優位性の階層およびたくさんの仲間や過去の相互作用の歴史に関する記憶が関わっているのです。しかし、「心の理解を欠く(マインドブラインド)」個体が集まって形成する文化は、複雑性や結東性が非常に乏しくなるのです。

子どもは、他者の意図を推測する能力をもっては生まれてはきません。しかし、ヒトのこの能力は生後早期に発達し、4 ~ 5歳までに、大型類人猿は絶対に達成できないと思われる社会的認知を示すようになります。この例外が、ヒトに近い養育環境で育てられた類人猿です。いくつかの課題では、文化化したチンパンジーやオランウータンはヒトの飼育員の意図を推測できるようです。この「文化化仮説」への決定的な結論はまだ得られていませんが、これらの知見から、ホモ・サピエンスの社会的知能のルーツは、ヒトがオランウータンとの共通祖先を最後に分かち合っていた、おそらく1500万年前にまでさかのほることが示唆されます。社会の複雑さの変化や未成熟期が長くなったことで、養育環境の修正が促進され、その結果、他者の意図を理解する能力が生じ、最終的に文化の創造に至ったと思われます。

このような社会的知能の発達の知見を見ると、まず、生後早期からの環境が大切であることがわかります。そして、それは幼児期までの期間が重要なのです。また、社会的知能による文化の創造は、他者との日々の相互作用の中に反映されているといことからも、他人との関係性の大切さがわかります。しかも、それは模倣学習程度の複雑性を持つ社会的学習が必要であると言うことからも、子どもたちの異年齢集団における学びの大切さもわかります。そして、それらは、私たちホモ・サピエンスがヒトとして進化していった大切な要因であるのです。

この項の最初にビョークランドが指摘したように、「ヒトに特有な知能の進化は、社会集団内の仲間とのやり取りをする必要性から生じた」という観点を、少子時代を迎えた現代、もう一度振り返る必要があります。そして、そのやり取りから学ぶ必要な力とは、他者の知識、欲求、意図を表象する力です。それがなければ、成人として成功することは困難なのです。協力のしかた、競争のしかた、そして一般的な社会的方略の中で、どの方略が最善か学ばなければなりません。他者との協力と競争に共に成功した個体が、社会性の乏しい個体よりもうまく適応し、私たちの先祖となったと考えられているのです。

そのために必要なのが、「社会的認知」と呼ばれるものなのです。それは、社会的関係性や社会的現象に関する認知なのです。そして、社会―個体モジュールとして、非言語的行動、言語、顔の処理、心の理論に関連する情報処理が含まれ、社会―集団モジュールとして、血縁、集団内の地位、集団外の地位、社会的イデオロギーに関連する情報処理が含まれるのです。