社会的推論

ハリスとヌニェスでは、決められたルールの違反が含まれる短い話と、同じ内容でルール違反がない短い話を子どもに聞かせました。たとえば、規範的(義務的)条件では、子どもに「ある日、キャロルは絵を描きたいと思いました。キャロルのお母さんが、絵を描くのならエプロンをつけなさいと言いました。」と話します。記述的条件の子どもたちには「ある日、キャロルは絵を描きたいと思いました。キャロルは、絵を描くときにはいつもエプロンをつけると言いました。」と話します。その後、子どもに実験者が説明をしながら4枚の絵を見せました。たとえば、キャロルがエプロンをつけて絵を描いています。キャロルがエプロンをつけないで絵を描いています。キャロルがエプロンをつけて絵を描いていません。キャロルがエプロンをつけないで絵を描いていません。といいます。そして、義務的条件の子どもには「キャロルがお母さんに言ったことをしないで、悪いことをしている絵を教えてね。」と言い、記述的条件の子どもには「キャロルが言ったことをしないで、違うことをしている絵を教えてね。」と言います。3歳児、4歳児共に、義務的条件でも記述的条件でも、正しい絵を選択した割合が4つの選択肢のなかで最も高かったのですが、両群共に、義務的条件( 3歳児、4歳児それぞれ72%、83% )において、記述的条件(3歳児、4歳児共に40%)よりも正答率が高かったそうです。成人と同じように、幼児は、社会的約定の違反が起こる問題については正しく推論できますが、社会的義務が明示されていない問題の場合にはそれほどよく推論できなかったのです。

カミンズは、子どもの義務的推論能力は生得的であり、霊長類の群れにおける優位性の階層の文脈で進化したと主張しているそうです。優位性の階層内で生き残るためには、自分の地位で許される行動、あるいは、許されない行動はどんなことかを知り、他者がルールに従っているときあるいは違反しているときを認識しなければならないと言うのです。それが、階層におけるその個体の地位に影響を及ほしかねないのだと言うのです。これだけでは、心の理論も社会的推論も必要ありませんが、カミンズは、階層的に組織化された霊長類の複雑な社会システムと、大きな脳との複合的な力によって、社会的推論が進化したと主張しているのです。ビョークランドらは、この主張に同意していますが、それに加えて、子ども期が長いことも、義務的推論の進化の必須要素であったのではないかと考えているようです。

こうした観点から、この推論は「生得的」なのではなく、子どもは社会的約定や社会的交換に関連するフィードバックに注意を向けやすい傾向があり、またそうしたフィードバックに敏感であることにより、義務的推論の発達が促進される、とビョークランドらは考えているようです。

ヒトという種のすばらしい知的達成について考えるとき、新しい科学技術の発明や、衰弱性疾患の医療処置や治療法の発見、あるいは、アインシュタインの相対性理論のような抽象的あるいは数学的な発見に注意を向けがちであると指摘しています。しかし、私たちの最も際立った知能は、少なくとも広い視点から見れば、他者との日々の相互作用のなかに反映されているのです。私たちが考えているような文化は、仲間の意図を推測できる社会的な種でしか進化しなかっただろうと考えられています。