義務的推論

コスミデスとトゥービーは、抽象的な問題の解決に用いる論理と、同じ論理を社会的約定問題の解決に用いる場合とを比較する一連の実験を実施しましが、この問題は難しいので、大学生でもできないかもしれないと言います。しかし、彼らは、抽象的な問題の解決に用いる論理と、同じ論理を社会的約定の間題に適用するよう参加者に求めた場合に、どうなったかを調べてみました。たとえば、成人に、「ビール コーラ 1 6歳 25歳」というカードを提示しました。そして、参加者には次のルールを確かめるよう求めました。「ある人がお酒を飲んでいたら、その人は21歳以上である。」昨日のブログの間題と同様に、参加者は裏返す枚数をできるだけ少なくして、ルールの真偽を判断するよう求められます。成人はほとんどが、「ビール」と「16歳」のカードを裏返し、この問題を簡単に解決しました。参加者は、「25歳」のカードの裏と「コーラ」のカードの裏には、何が書いてあっても関係がないことが即座にわかったのです。コスミデスとトゥービーは、世界中のどの文化でも、大人は「ビール/ 16歳」問題のような社会的約定問題は簡単に解決できますが、より抽象的な、あるいは社会的約定以外の問題の解決には、通常、これと同じ論理を用いることができないことを示したのです。
彼らは、同じ論理を用いる問題であっても、「抽象的」な問題と「社会的約定」の問題とでは成績に差が生じた理由として、論理的な問題を解決する際に、人は常に一般的な問題解決能力を用いるのではなく.社会的約定に限られた、領域固有に進化した「ごまかし検知」メカニズムを用いると提唱しています。同様の観点から、社会的約定問題には、義務的推論が関連すると考えられています。義務的推論とは、人がするであろう、すべき、あるいはする義務があることに関する推論です。それに対し、抽象的問題には、記述的推論または指示的推論が関連すると言います。これは「事実」の単なる記述に関する推論であり、社会的ルールの違反は関与しないと言うのです。
この議論をさらに進めて深化させたのがプルーナーだそうで、彼は、「物語的思考」は個人的な義務的事項に関するものであり、「論理―形式的思考」はより論理数学的な推論と関連があると指摘しました。この考え方では、人は両方のタイプの思考を利用でき、そのどちらを使うかは、その時点の環境の要因によって決まると言います。最も基本的なレベルでは、慣例違反や、個人的価値や義務を示す「must」や「should」などの義務的な法助動詞で示される個人的な葛藤によって、物語的思考が「誘発」されると言います。ヒトは明らかに形式の異なる2つの論理(形式的では、抽象的な論理と、具体的な社会的相互作用に関与する論理)を自由に用いることができると考えられるのだと言うのです。
義務的推論は幼児期にも認められることがわかっています。前述の4肢選択課題を簡略化した課題を3 、4歳児に実施した実験で、状況を単に描写した問題の場合に対して社会的逸脱をはらんだ問題として呈示された場合には、チャンスレベル以上の成績を示すことが報告されているそうです。たとえば、ハリスとヌニェスでは、決められたルールの違反が含まれる短い話と、同じ内容でルール違反がない短い話を子どもに聞かせました。