社会的交換

心の理論については、何度もブログで取り上げてきましたが、ヒトの集団における高度な社会的相互作用に不可欠な一連の認知能力であると考えられています。どのような文化であっても、その中でうまくやっている成人、あるいは10歳児が、少なくとも素朴な信念―欲求の推論すらできないというのは考えにくいとビョークランドは言います。私がこの心の理論をよく取り上げるのは、最近の若者だけでなく、老人においても、この能力が欠けている人が多いことを実感するからです。しかし、心の理論は、世界中のすべての村や町、都市で日常的に行われているものであり、より高度な社会的認知のための土台に過ぎないと言います。効果的な社会相互作用のために、心の理論を持つことが必要ではありますが、十分条件ではない一つの領域が、社会的交換――いうなれば、取り引きすること――と、ごまかしをしている人を検知する能力であると言うのです。

進化心理学者レダ・コスミデスとジョン・トゥービーは、うまく社会的約定を形成し、ごまかされないようにするためにはいくつかの特定の認知能力が必要であると提唱しているそうです。その中には、たくさんの違う人を認識する能力、人との過去の相互作用を覚えている能力、自分の信念と欲求を他者に伝える能力、他者の信念と欲求を理解する能力、そして、交換している商品やサービスのコストと利益を表象する能力があると言います。なんだか、自分はこのような能力を持っているのか?と振り返ってみる必要がありそうです。さらに彼らは、社会的にごまかしている人を見分ける能力を最終的に左右するのは、交換の論理を理解する能力であると言うのです。しかし、形式的な論理については、それが社会的交換の文脈に関するものではない限り、ヒトはそれほど得意ではないそうで、少し安心します。

コスミデスとトゥービーは、抽象的な問題の解決に用いる論理と、同じ論理を社会的約定問題の解決に用いる場合とを比較する一連の実験を実施し、その結果を報告しています。ます、抽象的な問題としてコスミデスとトゥービーが用いたのは、ウェイソンの課題の修正版だそうです。成人の実験参加者に、4枚のカードをテープルの上に、たとえば「A G 2 7」のように呈示します。そして、参加者に次のルールを伝えます。「母音が書かれているカードの裏には、偶数が書かれている。」そこで参加者は、目に前にあるカードがこのルールに従っているかを判断するように求められます。ただし、このルールの真偽を判断するために裏返すカードの枚数は、できる限り少なくしなければなりません。ほとんどの人が「A」のカード、あるいは、「A」のカードと「2」のカードを裏返しました。「A」のカードは確かに正しいです。ルールによれば、母音のカードの裏には偶数があるはずであり、これを調べる唯一の方法は「A」のカードを裏返すことです。

しかし、「2」のカードを裏返すのは無駄です。このルールでは、偶数のカードの裏には必ず母音が書かれているとは言っていません。つまり、「2」の裏に何が書いてあっても、このルールの正否は判断できません。ここで重要なカードは「7」です。「7」の裏に母音が書かれていれば、ルールは破られます。つまり、この問題を最少の動きで「論理的に」解決する方法は、「A」と「7」のカードを裏返し、他の2枚には手をつけないことです。この問題は難しいので、大学生でもできないかもしれないと言います。