文化化した類人猿

野生の大型類人猿は、近距離での社会的相互作用で、同種の仲間と身振りのコミュニケーションをします。しかし、野生の類人猿が、遠くの物体を指さすような身振りをするかどうかについては、はっきりとした観察結果が得られていないようです。さらに、野生の類人猿間で見られる身振りのコミュニケーションは、そのほとんどが、観察(社会的)学習によるものではなく、個体発生上の儀式化のメカニズムに起因するものであると言います。個体発生上の儀式化では、コミュニケーションの合図が、 2者間で相互作用を繰り返すなかで学習されます。たとえば、チンパンジーAが、チンパンジーBの頭をたたいて、遊びの闘いをけしかけるとします。チンパンジーBは、 Aがたたく前に必ず手を振りかざすことに気づき、最終的にはAが手を振りかざすだけで、Bとの遊びが始まるようになるそうです。

別の例としては、乳児が母親から授乳を受けたいとき、母親の手を除けて母親の乳首に頭を近づけるかもしれないというのです。こうしたエピソードを繰り返す中で、母親は乳児の意図を予測し、乳児が最初に触れた時点で授乳の準備をするようになるだろうと考えられます。その結果、乳児は行動を簡略化することを覚え、単純な接触や身振りだけで自分の意図を伝えられるようになるというのです。このような事例は、2者が互いの行動を形成しているため、複雑な身振りのコミュニケーションのように見えますが、比較的単純な連合学習のメカニズムで説明できると言います。

野生の類人猿や保護施設で育った類人猿に関する観察結果とは対照的に、文化化した大型類人猿は、どの種でも、ヒトとの相互作用で指さしを用いることが観察されているそうです。しかし、これらの研究の多くは、厳密な統制が欠けていることに注意が必要であるとも言っています。ヒトに近い環境で類人猿を養育する場合には、遠くにある物体を指し示す行為が含まれ、類人猿がヒトが指さす方向に目を向けたり、あるいは、ヒトに物体を指し示すと、社会的強化が与えられます。こうした共有-共同注意の日常的やりとりは、ヒトの乳児-大人間の相互作用ではよく見られ、子どもが参照的指さしを理解する上で不可欠な経験といえると言います。

文化化した類人猿の研究の中心テーマは、参照的指さしの基盤にあるメカニズムに関するものであると言います。類人猿が遠くにある物体を指さすのは、そうすれば報酬、社会的または有形の報酬、たとえばおもちややごほうびの餌などがもらえるからだろうかとビョークランドは考えます。あるいは、指さしをすれば、他者の視点では見ていない、あるいは知らない物体に、他者の注意を向けさせられることを理解しているのだろうかと言うのです。後者の解釈は、類人猿が心の理論の基礎を有するという考えと一致するものと、ビョークランドは考えているようです。類人猿は、自身が有する知識は他の個体のものとは異なること、そして、指さしによって他者に注意を向けさせられることを理解しているのだろうと疑問を持ちます。

指差しについての研究も、以前のブログで随分と長く紹介しました。そこでも、保護施設で育った類人猿にも、指さしの訓練をすることは可能であることを紹介しましたが、この場合は、明らかに指さしと報酬との関連を学習しているだけであり、指さしを他の個体に情報を伝える手段とは理解していないと考えます。