目の重要な役割

研究室での研究から、チンパンジーは目が知識の源であることを、本当の意味では理解していないことが示唆されているそうです。私は、「見守る」という行為は、進化上どのような意味を持つのかと関心がありますが、あらためて、「見る」という行為をチンパンジーで考察していることを初めて知りました。ポヴィネリとエディの研究では、保護施設で育ったチンパンジーに、ヒトに向かって手を伸ばすと、ごほうびの餌がもらえることを教え、チンパンジーと顔なじみの飼育員2名がチンパンジーの前に立ち、うち1名はチンパンジーが手を伸ばすしぐさが見え、食べ物を与えることができ 、もう1名にはチンパンジーが見えないようにしました。すると、後者の飼育員に手を伸ばすしぐさを示しても、見えないので、ほうびはもらえません。チンパンジーは、自分に背を向けている(すなわち、チンパンジーと反対側の壁に向かっている)人物に、手を伸ばす反応を示すことはほとんどなかったそうです。この場合は、チンパンジーは見ることのできる人(すなわち、チンパンジーの方を向いている人)に対して、手を伸ばすしぐさを一貫して示したというのです。

しかし、チンパンジーは、人物が頭にバケツを被っている、目隠をしている、あるいは目を閉じている場合には、見ることのできる人との区別があまりできなかったそうです。多くのチンパンジーにおいて、これらの条件の課題成績はチャンスレベルであり、見ることのできない人とできる人のどちらにもほば同頻度の反応を示したそうです。こうした結果から、チンパンジーは、人が背中を向けている場合はこちらが見えないということは理解しているものの(これは多くの場合正しいが、正しくない場合もある) 、目前の環境に関する有益な知識を獲得するためには、目が重要な役割を担っていることの理解が欠けていると考えられると言います。

しかし、より自然的な状態での実験で、ヒトの飼育員ではなく同種の仲間が見ることができるときとできないときで評価すると、状況によっては、チンパンジーが「視線を向けることは見ることという知識を確かに示すことが示唆されているそうです。ヘア、コール、トマセロたちは、地位の高いチンパンジーと低いチンパンジーを1つにつながった檻に入れ、檻の中のさまざまな場所に食べ物を置く一連の実験を行いました。上位、下位のチンパンジー両方から見える場所に食べ物を置いた場合には、上位のチンパンジーがほほ毎回食べ物を手に入れたそうです。しかし、食べ物が自身からは見えるが、上位のチンパンジーには見えない場所に置かれた場合には、下位のチンパンジーが食べ物の獲得に成功しました。ヘアたちはこの実験を変形させていくつか実施し、別の解釈の可能性(たとえば、下位のチンパンジーは上位のチンパンジーの行動を監視しており、上位のチンパンジーが食べ物がある方向へ動かなかったときにだけ、食べ物を取りに行った)を棄却したのです。そして、少なくともこの条件下では、チンパンジーは、他のチンパンジーに何が見えて何が見えないかがわかっており、その知識をもとに判断をしていると結論しました。

ヘアたちの研究は、野生のチンパンジーあるいは捕獲されたチンパンジーの群れでの社会生活に関する観察結果や、私たちの直観に合致するものであると言います。