類人猿における心の理論

保護施設で育った類人猿も、指さしの訓練をすることは可能ですが、この場合は、明らかに指さしと報酬との関連を学習しているだけであり、指さしを他の個体に情報を伝える手段とは理解していないと考えます。たとえば、コールとトマセロは、保護施設で育ったオランウータンに食べ物の隠し場所を指さすよう訓練をし、食べ物のありかを知らないヒトの飼育員がその指さしを元に食べ物を探し出してオランウータンに与えました。しかし、食べ物を取り出すために必要な道具を一番目の実験者が隠した場合は、オランウータンは道具の隠し場所を次に登場する実験者に確実に指さして示すことはなかったそうです。さらに、保護施設で育った大型類人猿は、ヒトが示す指さしの意味を理解していないと考えられるようです。たとえば、ポヴィネリたちの研究では、保護施設で育ったチンパンジーが、報酬の場所を表象するコミュニケーション装置として指さしのしぐさをするのではなく、欲しい報酬にヒトの手を近づけることが示されたのです。もちろん.身振りの参照的な性質に関する理解を示しているのは、前者のみだったそうです。

それとは対照的に、文化化したオランウータンやチンパンジーは、見ていない物体に他者の注意を向けさせる手段として、参照的指さしを理解していることが、統制された研究によって示されているそうです。たとえば、先に簡単に触れたコールとトマセロの指さし実験で、保護施設で育ったオランウータンは、隠された道具に人の注意を向けさせるのに指さしを使えませんでしたが、文化化したオランウータンのチャンテは、試験2日目にはほば満点の成績を示したそうです。文化化したオランウータンと保護施設で育ったオランウータンを対象とした2番目の研究では、実験者がいくつかある容器のうち、1つに食べ物を隠し、その後、そのターゲット容器を指さしてから部屋を去ります。そして、第2の実験者が部屋に入ってきて容器の前に立つと、文化化したオランウータンのみが、ターゲト容器をチャンスレベルよりも有意に多く指さしたそうです。これと同様の成績を文化化したチンパンジーが示すことが、関連研究で報告されているそうです。

確かに、大型類人猿が心の理論をもつかどうかという問題は、単純ではないとビョークランドは言います。ヒトと大型類人猿は系統発生の上で関係性が深いことから、私たちの共通祖先が心の理論の基礎となる能力をもっていたとしても不思議ではありませんが、すべての種は、それぞれの生態学的ニッチに適合した認知を進化させてきました。もし大型類人猿が心の理論をもたないのであれば、なぜヒトにはこうした能力が進化したのだろうか?とビョークランドは疑問を投げかけます。これは文化化した大型類人猿を対象とした研究によって明らかになるだろうと言います。脳が大きく、複雑な社会的な群れで生活をする、未成熟期が長い動物が、種に非特異的な環境におかれると、種に非特異的な認知や行動が発達すると考えられています。その新奇な環境が安定的に続けば、そして新奇性が失われれば、認知や行動のパターンも安定し、新しい表現型が生じ、進化的変化が生じる準備となると言います。おそらく、オランウータンやチンパンジーは、認知的な柔軟性が高いため、ヒトのような環境で育てられると、心の理論に関連のある重要な認知能力がヒトに近いかたちで発達するのだろうと言います。このような認知能力が存在することや、それが種に非特異的な環境で発現することは、社会的学習に対する前適応を反映していると考えられるというのです。現代の大型類人猿とヒトの共通祖先も、養育環境に応じて変化するこのような高い認知的可塑性をもっていたとすれば、ホモ・サピエンスに至った認知的進化を生じさせたメカニズムのひとつが見えてくるというのです。

類人猿における心の理論” への9件のコメント

  1. 今回のブログを読んで、前回ブログのコメントを撤回しなければならないかも、そんな思いを抱きました。何のことか?それは「猿の惑星」のことです。前回のコメントでは「「猿の惑星」の可能性は当分ないな」と記しました。ところが、今回のブログを読みながら考え付いたこと、それはやはり「猿の惑星」の可能性は否定できない、ということでした。「保護施設で育った」「文化化した」それぞれの類人猿の違いは察することはできますが、実験結果を示されると驚きに値します。「新奇性が失われれば、認知や行動のパターンも安定し、新しい表現型が生じ、進化的変化が生じる準備」・・・これこそは「猿の惑星」到来のきざし。ちょいと、「猿の惑星」に拘り過ぎています。さて、「もし大型類人猿が心の理論をもたないのであれば、なぜヒトにはこうした能力が進化したのだろうか?」この問こそは私が知りたがっているところです。「ホモ・サピエンスに至った認知的進化を生じさせたメカニズム」、果たして如何なるメカニズムか?知りたい病が頭を擡げます。

  2. 「文化化したオランウータンやチンパンジーは、見ていない物体に他者の注意を向けさせる手段として、参照的指さしを理解していることが、統制された研究によって示されている」とあり、改めて同じ種でも過ごす環境次第で大きく変化することが伝わってきます。人はほとんどがみんな大きく変わらない環境で育っているためか、心の理論の有無といった大きな違いは生まれませんが、日本人と外国人の違いなど細かい点で言えば、環境が影響しているように思えてきます。また、「オランウータンやチンパンジーは、認知的な柔軟性が高いため、ヒトのような環境で育てられると、心の理論に関連のある重要な認知能力がヒトに近いかたちで発達するのだろう」とあることは人にも当てはまる、むしろより柔軟性が高いのではないかと感じました。そして、その柔軟性が最も高い時期こそ「乳幼児期」であり、その時期に過ごす環境がいかに大切かという部分につながるように思えました。

  3. 保護施設で育った類人猿と文化化した類人猿ではそのような違いが見られるのですね。一体何が違っているのでしょうか。人に接する機会が多いか、少ないかということなのでしょうか。「オランウータンやチンパンジーは、認知的な柔軟性が高いため、ヒトのような環境で育てられると、心の理論に関連のある重要な認知能力がヒトに近いかたちで発達するのだろうと言います」とあるように、人の中で幾らかの時間、育てられるということが重要だとすると類人猿であっても環境が与える影響がかなり大きいということを感じます。乳幼児教育は環境を通してということが言われますが、過ごす環境がいかに重要であるかということを感じます。また「私たちの共通祖先が心の理論の基礎となる能力をもっていたとしても不思議ではありませんが…」とありましたが、そうなると確かに、なぜ、私たち人類がその心の理論を発達していったのかということはとても気になります。

  4. チンパンジーやオランウータン心の理論の研究結果として〝現代の大型類人猿とヒトの共通祖先も、養育環境に応じて変化するこのような高い認知的可塑性をもっていた〟という仮説がたてられるということで、大型類人猿において環境というのはいかに重要な要素であるのかというのがいえるのではないかと思います。
    大型類人猿は〝柔軟性が高い〟とあり、ヒトの環境下では認知能力がヒトに近いかたちで発現するということですが、同じ大型類人猿であるヒトの中でも一番柔軟性があると思われる乳幼児期は、ことさらその環境の重要性が高いということになるのでしょうね。

  5. 「もし大型類人猿が心の理論をもたないのであれば、なぜヒトにはこうした能力が進化したのだろうか?」という問いは、この内容中に何度も私の頭をよぎりましたが、人類のことを理解するということは、別の言い方をすると、他の生き物を理解するということでもあるように感じました。優劣を表す比較ではなく、私たちではない力や行動を知ることが、人類をより明確な存在へと近づけていくということでしょうか。そして、大型類人猿の発達・発展が「認知能力が存在することや、それが種に非特異的な環境で発現することは、社会的学習に対する前適応を反映している」という言葉もあり、人と過ごす類人猿が、進化していく可能性を秘めているということを感じます。

  6.  「ヒトと大型類人猿は系統発生の上で関係性が深いことから、私たちの共通祖先が心の理論の基礎となる能力をもっていたとしても不思議ではありませんが、すべての種は、それぞれの生態学的ニッチに適合した認知を進化させてきました。」ヒトと大型類人猿、それぞれに生きてきた経緯があり、環境があり、「養育環境に応じて変化する高い認知的可塑性」を軸にして、その進化の方向を違えていった、とする解釈にとてもインパクトを感じます。「文化化したオランウータンやチンパンジー」の研究結果からわかるように、その行為はまるでヒトの乳児のそれのようです。最後の段落を読み切り、壮大なドラマを見た後のような読後感を味わうのですが、ヒトの進化が紐解かれていく過程に触れることで、同時に保育というものをより理解していける要素を手にすることができるという、先生のブログの存在意義の大きさに改めて驚嘆する思いがします。

  7. 「オランウータンやチンパンジーは、認知的な柔軟性が高いため、ヒトのような環境で育てられると、心の理論に関連のある重要な認知能力がヒトに近いかたちで発達するのだろう」とあり文化化したオラウータン、保護施設で育ったオラウータンと野生のオラウータンとではこんなにも違うことがわかります。「 脳が大きく、複雑な社会的な群れで生活をする、未成熟期が長い動物が、種に非特異的な環境におかれると、種に非特異的な認知や行動が発達すると考えられています。」とあり、おかれた「環境」でヒトやオラウータンというのは心の理論に影響があるのですね。生まれた時からオラウータンがヒトと生活を共にするとどうなるかというのも気になるところです。

  8. “オランウータンやチンパンジーは、認知的な柔軟性が高いため、ヒトのような環境で育てられると、心の理論に関連のある重要な認知能力がヒトに近いかたちで発達するのだろう”とあり、文化化したことをある意味で、自然の流れのように自分のなかに取り入れることができることは、実際にその場に適した行動をするために必要な認知能力が備わっており、ただ、自然界では、同種の関係のなかで、そこまで高度な関わりは必要なかったからこのような形が見られたのではないかと考えられました。環境に合わせた柔軟な認知力があることは、ヒトが環境によって、進化をすることの裏付けにも感じました。

  9. 文化化したオランウータン、チンパンジーは参照的指差しを行うという実験結果で示されているという事に驚きました。「心の理論」は勝手にヒトにしか身につかない能力と思っていたので、いくら環境を設定したところで、大型類人猿の限界があると思い込んでいたことが恥ずかしく思います。「認知的な柔軟性が高いため、ヒトのような環境で育てられると、心の理論に関連のある重要な認知能力がヒトに近いかたちで発達する」と書かれているように、改めて「環境」のもつ影響力の大きさを知った次第です。そこからホモサピエンスが至った認知的進化のメカニズムがどのように進化したのか気になりますし、やはりそこにも保育のヒントが隠されているのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です