社会的サポート

乳児の状態の他に、母親の投資に差を生じさせている要因として、母親自身と密接に結びついたものがいくつか考えられると言います。そのひとつが、女性の繁殖をめぐる状況に関連するものです。若い、繁殖力のある女性は、妊娠可能な期間をこれから先に長く期待できます。そのため、望んでいなかった乳児に最低限の投資しかしなくても、たいした問題にはならないのです。状況が改善すれば、生存可能な子どもを産む機会があると考えられるからです。妊娠可能な時期が残り少なくなってくると、子どもを放棄することに伴う代償が大きくなります。そのため、若いときには投資対象の乳児を厳しく選択し、繁殖期の終わりが近づくと子どもを選別せず、すぐ投資をするような淘汰圧が、母親に働いたと考えられると言います。

アメリカ合衆国において子どもの虐待を予測する主要因子のひとつが、母親の年齢だそうです。年齢の若い母親ほど、子どものネグレクトや虐待を行う傾向が高いのです。さらに、母親の年齢は、嬰児殺しの強力な予測因子でもあるそうです。ディリーとウイルソンのカナダの殺人率( 1974 ~ 1983年)に関するデータでは、10代の母親が乳児を殺す可能性は、20代の母親の4倍以上であったそうです。たしかに、若い母親は情緒的に未成熟であり、社会的サポートが乏しいといった要因も、この結果に関与していると考えられますが、進化論の予測するパターンでもあるとビョークランドは見ています。伝統文化社会でもこの傾向を支持するデータが得られていると言います。ボリヴィアとパラグアイの国境地帯に住む遊牧民であるアヨレオ族では、子どもに欠陥があると判断された場合、あるいは経済的な見通しが悪い場合には、子殺しが頻繁に行われているそうです。また、こうした状況下では、若い女性ほど乳児を殺す傾向が高いことを、パゴスとマッカーシーは見出しているそうです。カナダのデータと同様に、母親が10代の場合に、乳児が殺される危険性が最も高いのです。

子どもに対する投資を決定する際に母親が用いるもうひとつの手がかりが、母親が得られる社会的サポートの量だそうです。コミュニティからのサポート、特に、主に母親の血縁者で構成される父母以外の養育者の存在が、要因のひとっと考えられると言います。しかし、おそらくもっと重要なのは、配偶者に期待できる支援の量なのです。配偶者がいない場合は、手に入る資源が限られるため、子どもが生存し繁栄できる可能性も狭まると考えられています。包括適応度の観点から厳密に考えると、母親ひとりで子どもを育てるのは、経済的資源が豊富にある場合など、条件が整っている場合のみにすべきであるとビョークランドはいます。母親に適切な支援や資源がなければ、子どもへの親の投資量の予測は低くなります。このために、母親の婚姻状況は、母親が資源を入手できる可能性を知る手がかりとなります。つまり、未婚女性は平均的に、得られる社会的サポートが少なく、手に入る資源も限られていると予測されると言うのです。

極端な事例の子殺しに関する統計をこの主張を支持する証拠として捉えることができると言うのです。子殺しをした女性が未婚の母親である確率は、チャンスレベルで期待される数よりもはるかに高いと言います。さらに、この効果は、未婚の母親は、既婚の母親よりも若い傾向があるために、母親の年齢を考慮しても減少しないようです。

社会的サポート” への9件のコメント

  1. 若く、パートナーの存在を持たず、そして子育てという心の修行にも似た日々を綴るということは、大変なことです。カナダのデータが取り上げられていますが、スパイラルというのでしょうか、一事が連鎖を生み出しています。昨今のテーマであった、自制心、理性、ホットとクール、そういったものの重要性も改めて思い起こされます。生まれる環境下でこうも異なる現実があることを知る度、共生と貢献という理念の持つ重みを再確認させられます。

  2. 日本の新生児数が100万人を切ったとか、切りそうだとか。その一方で流産による死亡数が20万人、人工中絶による死亡数が20万人ほど。ものすごい数です。「10代の母親が乳児を殺す可能性は、20代の母親の4倍以上」このデータにもびっくりです。「アヨレオ族では、子どもに欠陥があると判断された場合、あるいは経済的な見通しが悪い場合には、子殺しが頻繁に行われているそうです。」アヨレオ族も私たちと同じ現生人でしょう。こうした事実を知るにつけ、ヒトとは一体いかなる生物か、と思ってしまいます。恐ろしくもあります。「コミュニティからのサポート、特に、主に母親の血縁者で構成される父母以外の養育者の存在」核家族化している今日、コミュニティが機能することがもう一つ求められています。母親系の養育者による子への投資量ということの大切さもわかります。互いにお節介をやく人間関係の構築が求められます。日本の少子化への歯止めは、親だけの育児信仰をコミュニティによる育児信念へと宗旨替えするところにあるような気がします。

  3. またも数字に驚いてしまいましたが、「10代の母親が乳児を殺す可能性は、20代の母親の4倍以上」というのもすごい数字ですね。個人的に感じていることですが、年齢的に若すぎる結婚や出産は失敗しやすいような印象を持っています。それが今回驚いた数字や「年齢の若い母親ほど、子どものネグレクトや虐待を行う傾向が高い」ことを薄々ながら感じていたからなのだろうなと思いました。今回の内容から、若すぎるがゆえの結婚や出産は、離婚の割合が高さやそもそもに結婚せずに産むケースも少なくないように見受けられ、社会的サポートに大きな影響を与えているように感じました。さらに核家族化などの時代背景も加味され、より社会的サポートが乏しい時代となっているように感じました。また「子殺しをした女性が未婚の母親である確率は、チャンスレベルで期待される数よりもはるかに高い」ことからも子を我が身に授かる女性のみならず、男性にも「先を見通す」力が大事であり、重要であると強く感じました。

  4. 若い人ほどサポートが必要であり、また「必要だ」と声を上げることもできない立場にいる人がほとんどなのではないかと想像ができます。ですが、選挙で選ばれるのは若い人が選挙に行かないので、年配の方が選んだ政治家さんたちが、その人たちのための政治を行っているのが現実にあるのではないかと思います。
    まずは、大変だと思うなら「大変だ」というべきですね。そうすることでチーム保育ではないですが、手を差し伸べてくれる人は必ずいるのだと思います。
    また〝繁殖期の終わりが近づくと子どもを選別せず、すぐ投資をするような淘汰圧が、母親に働いた〟というような高齢での子育ては、それなりの問題が生まれているのだと思いました。

  5. 「若いときには投資対象の乳児を厳しく選択し、繁殖期の終わりが近づくと子どもを選別せず、すぐ投資をするような淘汰圧が、母親に働いたと考えられると言います」とありました。俗に結婚適齢期なんてことを言いますが、投資という面からもそのようなことが言われるのかもしれませんね。また、
    「若い母親は情緒的に未成熟であり、社会的サポートが乏しいといった要因も…進化論の予測するパターンでもあるとビョークランドは見ています」とありました。若い母親である場合に私たちは至らない部分があると未熟さや行きすぎてしまうと人格を否定するような理由でその原因を考えてしまいますが、進化論的な見方があるという視点はなるほどと考えさせれました。「
    子どもに対する投資を決定する際に母親が用いるもうひとつの手がかりが、母親が得られる社会的サポートの量だそうです」というのも印象的でした。母親を取り巻く環境、子どもを取り巻く環境がいかに大切であるかということを感じさせられます。やはり、人は一人では生きていけないのですね。

  6. “カナダの殺人率( 1974 ~ 1983年)に関するデータでは、10代の母親が乳児を殺す可能性は、20代の母親の4倍以上であった”とあり、若い母親ほど、子を見捨てる率が高かったのですね。最近は、晩婚化、そして、高齢出産の多い原因は、女性の社会進出によるものが取り上げられますが、実際に、時代の変化に自然淘汰で、得られる社会的サポートが少ないことで、手に入る資源も限られてくることをそのような遺伝子になってきているのかと考えられました。

  7. 「若いときには投資対象の乳児を厳しく選択し、繁殖期の終わりが近づくと子どもを選別せず、すぐ投資をするような淘汰圧が、母親に働いた」というのがなんとなくではありますが、理解できるやうな気がします。実際の人たちを見たとき、若い母親の子どもに対する接し方と年配の人の接し方という違いを感じます。あくまでも個人的な意見ではありますが、年齢というのがそういった分析の中で隠されていることが理解できます。また未婚で子ども産んだときに投資できる量というのが大きく影響してくるのですね。パートナーがいないことでより安定が測れないことで子殺しの確率が上がってしまうというのも理解できます。分析をすることでさまざまなことが明確にわかるのですね。

  8. なかなかハードな内容が続いていますが、やはり「子殺し」という言葉は慣れません。若い女性ほど乳児を死亡させる割合が高い理由として情緒的にまだまだ未完成と書かれてありますが、なんとなく理解できます。女性に限らず男性も同様なことが言えるかと思います。若いうちに結婚し、子どもが生まれると、それこそ自分の時間は無いので、遊びたくても遊べませんし、ストレスが溜まり結果、離婚や虐待に進んでしまうようにも思います。ちょうど今日、マタニティカフェがありました。妊婦さんが対象ですが、毎回子育て家庭の参加が多いです。やはり話を聞くと、児童館などで遊びにいき、そこで連絡先を交換し、お互いにイベントなどを共有しているそうです。今回も常連さんが、連絡をしてくださり参加された方もいました。特に東京で子育てするとなると、私もそうですが自分の父母が側にいない家庭は、少しでもサポートしてくれる機関やコミュニティを求めていると思います。改めて園の役割を再認識ししました。

  9. 子殺しにつながることにおいて、「年齢」や「未婚」というのはとても大きな要因になるのですね。これらのことは理屈で考えると納得できます。それほど子どもを育てるということは簡単なことではないですから、また、社会的サポートにおいても影響は大きいでしょうね。せっかく生まれてきた子どもの命ですが、こういった影響を受け亡き者にされるというのは悲しいものです。しかし、生物としての一端を見るとこういったことは起こりえることなのでしょう。今の社会、一人親家庭はかなり多い時代になっていると思います。赤ちゃんを殺すというニュースもよく聞きます。様々な時代の背景の中で、社会も変革していくことが求められます。生物の生きる一つの意義が自分の遺伝子を残すことになるのであれば、今の時代とても過酷な時期なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です