母子の葛藤

ヘイグは、妊娠期間中のヒトの母子葛藤に関与するメカニズムを詳述しています。胎児にいくつかの欠損、たとえば、染色体異常があってその胎児への投資に価値がないと見なされたとき、受胎の瞬間から、母親の身体は胎児を流し出そうとするそうです。それに対し、胎児は、ヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモンを放出して、母親の子宮にとどまろうと努力するそうです。このホルモンは、新たな胚の着床を受けて、母親の月経を止め、子宮内層が剥がれ落ちないように作用するそうです。

また、胎児は母親の、発育中の胎児に栄養を供給する動脈である子宮内膜動脈に栄養膜細胞を伸ばして、母親の動脈が収縮して自らが得る血流量が減少することを防ぐそうです。胎盤への血流を調整できるようになると、胎児はヒト胎盤性ラクトゲンを放出して、母親の血中のインスリンから受ける影響を弱め、自身が使えるブドウ糖という燃料の量を高レベルに維持しようとするそうです。要するに、胎児は、自身が健康に発達するために必要な資源を、母親に提供させるよう強力な武器を備えていますが、胎児のこうした活動は、場合によっては母親に害を及ばす可能性もあるそうです。この妊娠期の胎児と母親の葛藤は、生存のための凄まじい戦いですね。

これまでに述べたように、外的な条件が子育てに理想的とはいえない場合、子殺しにつながることがあると言います。きようだい間の競争の結果、資源不足になってしまうことも多く、そうなると、きようだい2人共の生存が脅かされることになります。このような親子葛藤の原因となる条件のひとつが、双生児の出生なのです。伝統社会のなかには、資源が乏しい場合には、双生児の片方のみを生かし、親がもつわずかな資源を1人にだけ投資できるようにすることが認められているものもあるそうです。殺される子どもは、通常、2番目に生まれた子、病弱な子、あるいは女児なのです。もうひとつ、ディリーとウイルソンが、子殺しが生じやすい状況として指摘しているのは、2人の子どもの生まれた間隔が短すぎたために、資源が乏しくなる問題を解決する場合だそうです。年上のきようだいがまだ授乳を受けているときに新たに子どもが生まれると、年上のきようだいの資源が減るだけでなく、資源の量自体が少ないため、子ども2人共の生存が危うくなります。親子間の葛藤には、子が親から得られる資源の量に関する対立だけではなく、親が他のきようだいに与える投資量をめぐる対立も関連しているのです。

では、他の動物に関す研究も見てみると、ヒトが行う子殺しは他の動物よりも一部の動物を除いて、はるかに少ないようですが、子殺しが生じる状況は、ヒトも他の種も類似しているそうです。霊長類学者サラ・フルディは、他に受胎調節の方法がなく、さらに、それ以上子育てをする意思や能力がない場合に、母親は乳児を殺す可能性がありますが、特別な事例を除いて、母親が赤ちゃんを殺そうとすることは稀であるといいます。フルディは、こんなことを言っています。

「育児放棄は、投資の打ち切りから完全関与(母親が赤ちゃんを常に抱いて移動し、求められたら授乳をする)までの連続体の一方の極にある。育児放棄は、母親が投資を打ち切る際の標準設定ともいえるだろう。子殺しが生じるのは、環境(発見への恐れなど)が母親による乳児の育児放棄を阻害する場合である。法的あるいは道徳的にはこの2つは違うが、生物学的には切り離すことのできない現象である。」

母子の葛藤” への9件のコメント

  1. 育児放棄を余儀なくされたその被害者である子どもを救うこと。それは即ち未来への投資と考えられるのではないか、と着想を得ました。そして、やはり最善は育児放棄せざるを得ないような環境、社会体制を作らないことで、つまり、今子育てがし易い国に生まれ変わることで、それは莫大な利益に繋がるということではないかと、子育てを投資として考える考え方の上で考えてみました。面白いもので物事はどこか似た側面を持っているようで、子育てに関してもそういった観点から見ると、また違った心持ちで眺めることができるように思えました。

  2. ヒトの生存戦略としての母子葛藤、そうした母親と子の関係を伺い知ることができました。冒頭「染色体異常」児のことがありました。この「染色体異常」児を現在働いている園においてこれまで二人のお子さんによって知ることができました。そして、ブログから、母体は「流し出そうとする」しかし本児は「母親の子宮にとどまろうと努力する」この綱引きに人間関係の原点を看取できるような気がしました。そして、この「綱引き」こそがヒトの生存戦略なのだろう、そんな思いを抱くこともできました。双生児の話がありました。双生児ではありましたが、出産して、結局、おひとりを失ったお母さんが身近にいらっしゃいました。私の同級生は双生児を持ちました。しかし、おひとりは障害を抱えました。「子殺し」「育児放棄」あるいは「流れる」・・・辛い現実があります。止むにやまれぬ・・・。所詮、私たちヒトも生物の一種。このことを認識しながら、それでもなおヒトの特性をことあるたびに認識しなおさなければならないのでしょう。滅びないために。

  3. 「妊娠期の胎児と母親の葛藤は、生存のための凄まじい戦い」とありました。女性がお腹に子を授かってから、子宮内でこのような葛藤があることを初めて知りましたし、胎児のころからの生きるための力、改めて驚かされます。また最後にある「育児放棄は、投資の打ち切りから完全関与(母親が赤ちゃんを常に抱いて移動し、求められたら授乳をする)までの連続体の一方の極にある。育児放棄は、母親が投資を打ち切る際の標準設定ともいえるだろう。子殺しが生じるのは、環境(発見への恐れなど)が母親による乳児の育児放棄を阻害する場合である。」とあったのが印象的で、育児放棄を阻害する環境作りが重要であると感じました。そして、育児放棄を阻害する環境というものこそ、ヒラリー・クリントンの主張にあった「子どもを育てるのは村がかり」ということだと思いました。

  4. 胎児と母親の体はそのような葛藤を繰り広げているのですね。母親のお腹の中でそのようなことが起こっている場合があるというのは驚きました。生存戦略と簡単に言ってしまえばそれまでなのかもしれませんが、互いに生きようとするからこその行動、反応であるということからもまさに葛藤であるなということを感じます。母体という一人の存在の体内に異なる生命が宿るというのは本当に不思議なことだなと思わされます。私自身は外からしか感じることはできませんが、中からまた私とは違う微妙な変化を妻が感じとっているのだろうなと思うと、なんだか宇宙の神秘と言うのでしょうか、そのようなものを感じるようでもあります。「子殺しが生じやすい状況として指摘しているのは、2人の子どもの生まれた間隔が短すぎたために、資源が乏しくなる問題を解決する場合だそうです」と、とても印象的な言葉がありました。藤森先生の話の中に年子で生まれる人類の話があります。人類の場合は社会、集団を持っているからこそ、生まれた子ども間隔が短い年子でも育てることができたのかもしれませんね。

  5. 妊娠中に母親の胎内ではまさに「凄まじい戦い」が繰り広げられているんですね。改めて、胎内にいる人間の生きる力、生きようとする戦略を見せつけられました。と同時に、やはり胎内にいても主体的であるということを感じ、生まれる前から人間は主体的に生きているということであるのだと思いました。
    そのように生きていこうとしているものの命を断とうとするというのは、よほどの理由とエネルギーといいますか、そのようなものが必要なのでしょうね。そのようなことのない社会が望ましいのだと思いますが、その社会を作っていくにはチーム保育の考え方や集団で生きていく人間の特性を理解していくことが重要なものとなるように思います。

  6. “妊娠期の胎児と母親の葛藤は、生存のための凄まじい戦い”とあり、確かに胎児のときからこれほどまでに母親と戦える力を持っていることは母親にとっては大変な面があるがも知れませんが、この胎児からもつ育つ力には、すごさを感じるところです。また生きるために持っている力をフルに発揮することが胎児には見られるのですね。この子殺しについて、他の動物で言えば、ライオンのメスの子育てでも言えます。一頭のメスへ対して、3~5頭の子がいる場合、怪我をしてひどかった場合、また、楽しみ動物の臭いがついた場合には、高い確率で見捨てるといったことが多く、それには、残りの子、つまり、遺伝子を残すためにより、強いもの、確率が高いものを選考していることが伺え、遺伝子を残すことが壮絶的であることを感じます。

  7. はじめにある文から胎児から母親との見えない戦いが行われていることに驚いています。 「母親に提供させるよう強力な武器を備えています」というのもそんな時から駆け引きがおこなわれていることがわかります。こうしたとは人間の原点でもあるのですかね。人は少なくとも駆け引きを人間関係で行うことからこうしたことが行われているとこがすでに人間であるのですね。そして子殺しが行われる原因とその対策というのはなかなかむすがしい問題であることがよくわかります。

  8. 母子関係と聞くと、切っても切れない縁であり、父子とはまた違った特別な関係があるように思っていましたが、最近のブログを読んでいると、母子とは綱引きであったり、胎児の時は生存しようと必死に母親に仕掛けていたりと、互いに凄まじい攻防を繰り広げているのですね。驚きました。内容だけで見ると、なかなかの複雑さを感じます。さらに親子間の葛藤から、兄弟への投資量をめぐる対立など、血縁関係でありながら心理的には争っている感じが男性としては何とも言えない状況ですが、視点を変えれば、赤ちゃんが生きようとする意思を伝え、それに対して応えようとする母親の姿がヒトとしての素晴らしさを感じました。

  9. 「兄弟間の競争の結果、資源不足になってしまうことも多く、そうなると兄弟2人共の生存が脅かされることになります」とあります。子殺しが起きる要因として母親から子どもに対する資源というのはとても大きなものというのがわかります。そして、その資源を受けるために子どもも様々な工夫をして母親とやり取りをしているというのがわかります。子殺しというのは人間社会の道徳においてはタブーな内容ですが、それを生物学として考えると自然なことなのでしょう。この資源が豊富にありそうな社会においても赤ちゃんを殺すというニュースは出てきます。その内容はこれまでのブログでもあったように周囲のサポートや家族の困窮などの原因というのが当てはまります。しかし、その反面、それでも子育てをしている人も多くいます。ただ単純に資源の問題だけではなく、子どもがいることで生活が豊かになると考えることで頑張る「子はかすがい」という意識を持っているのも人間であるように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です