性差の縮小

親の投資理論は、ヒトのさまざまな行動に見られる性差の説明や発見に用いられてきたそうです。受胎調節、男女同権、そして情報化時代の経済によって、親の投資に見られる性差の大きさは縮小されたとビョークランドは言います。中には、逆転した面もあるというのです。しかし現在も、男女共に、進化適応の環境に生きた祖先と同じ手がかりに対する敏感性はほとんど失っていません。男女の心理はこうした古代環境で進化したのであり、ヒトの行動は、過去にもそうであったように柔軟性が高く、自らが発達する特定の環境に敏感ではあるものの、行動の基盤としての性特異的なバイアスが依然として存在すると言います。

たとえば、世界中の男性が、長期間のパートナーとして、魅力的で知的でやさしい女性を求めます。女性も夫として魅力的で知的でやさしい男性を求めますが、男性よりも、結婚相手の財産を重要視する傾向があると言われています。もうひとつの例が、男性と女性の嫉妬です。男女とも嫉妬の強さは、一見、ほぼ同じように思えますが、男性は、配偶者が「愛のない」性交を他の男性ともったと想像した場合に、配偶者が誰かと性的関係はなく、心の結びつきをもったと想像した場合よりも強い苦痛を示し、女性はその逆のパターンを示すことがわかっています。この性差の理由として考えられるのは、男性は父性の確実性がないため、配偶者が他の男性と性交渉をもった可能性があることは、たとえ愛のない性交であっても 、大きな脅威となるということです。女性も、パートナーが他の女性と愛のない性交をもつことは好みませんが、配偶者のサポートを失うことに対する懸念の方が大きいため、その原因となる可能性の高い、他の女性との心の結びつきを脅威と捉えるのだろうと言います。

生殖年齢の若い男性が高い攻撃性と暴力性を示す原因には、女性をめぐる、直接的あるいは間接的な競争もあると言われています。また、性差は小さいものの、その差が親の投資の違いに起因すると考えられる行動もあるそうです。その代表例が、好ましくない行動を抑制する能力です。女性は、性交渉に対する潜在的な投資量が男性よりも大きいため、性的喚起を制御し、相手の男性の価値を仔細に評価してから性交渉に同意することが、女性にとって繁殖利益となると考えられます。先祖の女性たちも、他の男性に対する性的関心を配偶者に隠しておく政治的手腕が必要でした。女性は不貞を男性に疑われると、暴力的な反応を示される可能性があります。また、攻撃を受けない場合でも、離婚という、歴史的にもそして現代社会でも、男性よりも女性やその子どもに不利益となる結果に至る場合が多いと言います。これを支持するものとしては、女性は男性よりも性的喚起をうまく抑制できることを示す証拠が限定的ながらあり、また、女性は男性よりも自身の情動の表出をうまく制御できることを示す強い証拠もあるそうです。後者については、女性は男性よりも感情表現が豊かであるにもかかわらず、このような結果が認められるそうです。たとえば、否定的な経験の後に肯定的感情を表出する、たとえば、嫌な味の飲み物がおいしいふりをするというような、あるいはその反対を求めると、女性は4歳ですでに、男性よりも情動表出を制御できると言われています。すなわち、反応を見る判定者をだませるというのです。このような場面は、保育の中で多く実感することが多いです。

性差の縮小” への9件のコメント

  1. 今回のブログもなかなかおもしろかったですね。なるほど、なるほど、あぁ、思い当たる云々な箇所がそこかしこに。とりわけ男女の嫉妬に関する記述部分は納得しながら読んだところです。あぁ、女性の場合は「配偶者のサポート」が問題とのこと、そうなんだぁ、頑張って稼がなくては・・・。配偶者のサポートを当てにしなくてもよいくらいの経済力や精神力等々を女性が持てば、不倫した場合は女性の方から「ノー」を一方的に突き付けられることになりますね。「これくらいなら妻は許してくれるだろう」が結局、命とりになる、ということでしょう。妻に引導を渡されないように精進、精進。今はどうかわかりませんが、日本人男性が東南アジアに行って妻に内緒で買春をしていた時期がありました。買春対象の女性たちの救済に関わっていたことがありましたからその頃のことを思い出しました。その日本人男性たちの妻は結構平然としていたのですね。レジャーとか何とか言って。そうした日本人の男女にがっかりしていましたね。「ヤルパック」。そうした時代が1980年代90年代にありました。今もあるのかなぁ?あるとするならば、けしからん!喝っ!

  2. 男女の嫉妬における違いに『男性は、配偶者が「愛のない」性交を他の男性ともったと想像した場合に、配偶者が誰かと性的関係はなく、心の結びつきをもったと想像した場合よりも強い苦痛を示し、女性はその逆のパターンを示す』とあったことはドラマや映画のストーリーの描き方でもよく見られるなと感じました。そういった性差を今まで単純に男女差と当たり前のように感じていましたが、そのルーツを探るのは興味深く、毎度のことながら「当たり前」を掘り下げていくことに面白さを感じています。また、男性より女性が秀でている「好ましくない行動を抑制する能力」も興味深いですし、「女性は4歳ですでに、男性よりも情動表出を制御できると言われている」ことには驚きです。よくよく思い返せば、思い当たるシーンがよくあることにも気付けました。そして、「女性は男性よりも早熟」と聞きますが、今までは身体的な部分としてしか捉えていませんでしたが、そもそもの最終的な面で優れているにしても、身体的な部分以外の内的な面でも男性より女性の方な早熟なのかもしれないと感じました。

  3. 男女の嫉妬の違いがありました。男女によって心の結びつき、性行に関してそのような違いがあるのですね。思えば、このような話は感覚として実感する話として、耳にすることがありましたが、科学的にもはっきりしている部分なのですね。「女性は男性よりも性的喚起をうまく抑制できることを示す証拠が限定的ながらあり、また、女性は男性よりも自身の情動の表出をうまく制御できることを示す強い証拠もあるそうです」とありました。役割の違いなので、どちらが優れているというのはないと思うのですが、やはり女性はすごいなというか、優れているなと思ってしまうような結果です笑。私たち夫婦を見ていても、やはり妻の方が私より断然、情動の表出をうまく制御しているように見えます。いや、しています。だからこそ「女の人は怖い」という言葉もあるのかもしれませんが、このようにはっきりと違いがあるということを知るのも大切なことですね。

  4. 「性差」男性と女性でこうも異なる心の動き、それに伴う選択肢の違いがあるのですね。パートナーを空気のような存在とする夫婦関係もあるようですが、どうやらそこに理想を置いた時に、これだけの違いがあることに毎日驚かされて疲れてしまいそうですね。コミニュケーションを取り、その違いを認めながら生きていく中でお互いを見つけていく修行なのでしょう。まして子育ては生半可なものではなく、隣の芝の青さを思おうものなら、それだけで視野が曇ります。何においても、パートナーへの感謝を。もしかしたら夫の役割とはそこに尽きるのかもわかりません。

  5. 男女の性差の違いについて、よくよく考えてみると思い当たる節がいくつもありますね。実感として感じているものも、科学的な裏付けがあるということなんですね。
    〝女性は男性よりも自身の情動の表出をうまく制御できる〟というのは、日常で特に感じているものです。息子たちと話しをする時というのは、父親よりも母親の方が冷静に話しをするような気がします。というよりも我が家や実家ではそうだったような気がします。
    そのような部分が幼児期にもみられていて、全体的に男の子よりも女の子の方が「ませている」ような、いろんな面で早い気がしていましたが、男女の性差からみてもその傾向があるということなんですね。

  6. “配偶者のサポートを失うことに対する懸念の方が大きいため、その原因となる可能性の高い、他の女性との心の結びつきを脅威と捉えるのだろう”とありました。女性は、子を守ることがベースにある考え方が登頂としてある、ブログの内容にもあった親の投資量として考えたときに、女性のほうが多いことからも実際には、身体的ではなく、心的部分に関することが生きやすい戦略としてあるのでしょうね。不利益を考えることが生活の基盤にあることも感じます。また、”、女性は4歳ですでに、男性よりも情動表出を制御できる”といった部分も子どもたちから感じるものがあります。一般的に聞く嫁が外では夫をたてる、ということはこの部分からも考えとれますね。

  7. 「女性は男性よりも自身の情動の表出をうまく制御できることを示す強い証拠もあるそうです。後者については、女性は男性よりも感情表現が豊かであるにもかかわらず、このような結果が認められるそうです。」とありこういった結果というのはなんだか男女の関係の根本の部分のようにかんじました。「 男女の心理はこうした古代環境で進化した」という遡るとその心理は古代から男女の関係は変わっていないというのがすごいですね。女性の冷静な部分は嫉妬してしまうほどです。その関係というのが古代の人もあった思うと繋がりを感じて不思議な気持ちになります。

  8. 男女の価値観の違いは、嫉妬の部分まで関連していくというのはとても面白いですね。女性は「心の結びつき」に嫉妬し、男性は「行為自体」に嫉妬するのということで、よく女性の意見を立てた方が夫婦間はうまくいくという話を耳にしますが、その背景にある「心の結びつき」を優先した方が関係を保ちやすく、良好に進んでいくということを示しているように感じました。そして、「女性は男性よりも自身の情動の表出をうまく制御できる」ということもあり、制御できるからこそそれがたまると大きな悪影響を及ぼしてしまうとうことであり、その意見を組み取りやすくすることで、関係が良くなるということのようにも感じました。

  9. 男性と女性の嫉妬の違いは興味深いです。パターンとは言え、なんとなく納得できます。確かに女性が配偶者が他の女性と心の結びつきの方が脅威と感じるのはおそらく優先順位のような気がしました。女性はやはり我が子の事を一番に考え、サポートが無ければ自分よりも子どもが安心して生活できるかどうかが一番の優先順位なので肉体関係よりも「結びつき」の方が脅威と感じる気がします。それに対して男性はそうは言っても自分が中心に考えてしまうのかもしれません。この辺は私も心当たりあります(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です