他者の視線を追う

チンパンジーは他者の視線を追っているし、欺きについての多くの観察には、「見ることは知ること」の理解が必要と思われるとビョークランドは言います。これは、大切なことです。子どもを「見守る」ために「見る」ということは、子どもの姿や発達、子ども同士の関係性を知ることが大切なのです。この「見ることは知ること」という言葉に、私たちヒトにおいても当てはまるでしょう。

しかし、ポヴィネリらの研究の妥当性をビョークランドらは疑っているわけではないと言います。ポヴィネリのチンパンジーは、目から知識が得られることを明らかに理解していませんでした。ヘアたちの結果とポヴィネリたちの結果に認められるこのような矛盾から、 EDDモジュールは、提唱者であるバロン=コーエンが言うよりも、複雑で領域固有性が高いモジュールであることが、少なくともチンパンジーに関しては示唆されます。ポヴィネリの研究とヘアの研究で認められた、この差の原因となっている条件を正確に特定することはできませんが、ヘアたちの研究では条件、同種の仲間との食べ物をめぐる竸争というような、より自然的であったことが、大きな要因であると考えられると言います。生後間もなくからヒトと相互作用している研究室のチンパンジーが、同種の仲間については見ることの源が目であることを理解しながら、ヒトの飼育員についてその推論ができなかったのは、少し意外だとビョークランドは言っています。この結果からは、見ることに関する理解は、単に経験と結びついているだけではなく、いくつかの重要な文脈、たとえば、食べ物の獲得や食べ物をめぐる竸争や、おそらく、同種であることの認識と関連があることが示唆されます。

大型類人猿が心の理論をもつことをめぐる近年の議論で中心的なテーマとなっているのが、文化化の問題だそうです。コールとトマセロは、大型類人猿の文化化を、「意味のある相互作用において、ヒトやヒトが作った物と、ほぼ毎日接触すること」を含む養育環境と定義しています。こうした環境が、種に特異的な個体発生の軌道を変更することとなることがわかっているようです。類人猿がこうした環境にさらされることによって、母親に育てられた類人猿が示すよりも、ヒトの子どもに近い認知能力を示すようになる証拠が得られているといいます。

たとえば、言語訓練に成功した類人猿は、その全例が、ヒトに近い養育環境を長期間経験しています。たとえば、チンパンジーのワショー 、ボノボのカンジ、オランウータンのチャンテ、ゴリラのココという存在があるようです。彼らの例から、即時的模倣や延滞模倣は、ヒトとの接触が多いチンパンジーやオランウータンにしか認められないことがわかっているそうです。

また、研究所で育った類人猿や母親に育てられた類人猿が、統制された条件下で意図的なコミュニケーションや意図の理解を示したという観察例はこれまで一例もないそうですが、暫定的ながら文化化した類人猿がそうした能力を示したという証拠が存在するそうです。そこで、ビョークランドは、この意図的なコミュニケーションや意図の理解について詳しく考察しようとしています。

他者の視線を追う” への10件のコメント

  1. チンパンジー社会にいるチンパンジーの見ることと、ヒト社会にいるチンパンジーの見ることの差異は、なんとなくですが、わかるような気がします。「文化化の問題」ということがありました。持っている遺伝子がほぼ一緒のチンパンジーとヒトにおいて、「文化」そして「文化化」ということはほんのわずかな違いの部分を現しているのでしょうか。ビョークランド博士が「意図的なコミュニケーションや意図の理解について詳しく考察しよう」としているところには私も関心がありますね。意図性こそは文化に通じるものでしょう。「見ること」が「知ること」に結びつくのは「文化」や「意図」ということがあるからでしょう。それから「こうした環境が、種に特異的な個体発生の軌道を変更することとなることがわかっているようです」とありました。このことはとても重要だと思っています。環境設定が文化や意図性に影響を及ぼし、ひいては「特異的な個体発生の軌道」に変化をもたらす。この「わかっている」事実を私たちは忘れてはいけませんね。

  2. 大型類人猿の文化化について、「意味のある相互作用において、ヒトやヒトが作った物と、ほぼ毎日接触すること」とありました。また、「言語訓練に成功した類人猿は、その全例が、ヒトに近い養育環境を長期間経験しています」ともありました。やはり文化というのは過ごした環境による影響が強いということでしょうか。先日、お邪魔した園の職員さんが皆さん同じような服装をしているなと感じました。これはどの園でもあることだと思いますし、私自身も経験しています。少し内容とは違うかもしれませんが、その園独自の文化というものが生まれているのかなと感じました。また、我々の人の影響を受けて、類人猿の文化化が進んだのだとすると何だかそれも不思議なような気がします。それだけヒトはあらゆる種と交流することになったということなのでしょうか。

  3. 「見ることに関する理解は、単に経験と結びついているだけではなく、いくつかの重要な文脈、たとえば、食べ物の獲得や食べ物をめぐる竸争や、おそらく、同種であることの認識と関連がある」とありました。チンパンジーにおいて、見るという行為が同種であることの確認の役割となっているような印象を受けます。同種という区別が付くことで発揮される能力があるということでしょうか。また、大型類人猿の文化化を、「意味のある相互作用において、ヒトやヒトが作った物と、ほぼ毎日接触すること」を含む養育環境と定義しているとあり、より質の高い環境下に属するメリットを感じますし、文化と環境の密接な関連性も感じました。これは文化化という人の特化した部分においての話ですが、逆に他種の動物が人よりも優れているものも、他種の過ごす環境に人を当てはめて過ごすことで、その他種に近い能力を発揮できたりするのかなと想像が膨らんだりしました。

  4. 〝環境が、種に特異的な個体発生の軌道を変更することとなることがわかっている〟とあり、チンパンジーの研究でのことではありますが、このことはヒトにも同じことが言えるのではないかと思いました。ヒトにとっても環境が発達や成長に大きな影響を与えるというのは、自分たちは知っていて、そのことを忘れてはならない事実であるということを感じます。それは、子どもの周りにいる一人の大人としての生活を、日々見直していくことから始まるのかもしれません。チンパンジーがヒトと関わることで「文化」や「文化化」を引き出していると考えるなら、自分たちは子どもと関わることでお互いに「文化」や「文化化」を引き出していけるのではないかと思いました。

  5. 「意味のある相互作用において、ヒトやヒトが作った物と、ほぼ毎日接触すること」から、大型類人猿の文化化が行われるということで、人間の環境に触れているという状況が、大型類人猿にとってどれだけ刺激が多いかということ、また、その刺激から「ヒトの子どもに近い認知能力を示すようになる」ということもあって、それこそどこまで人類に近づくのかといったことに興味がありますし、同時に恐怖みたいなものも感じました。そして、見ることへの理解は、「経験と結びついているだけではないということ」「食べ物の獲得や食べ物をめぐる竸争や、おそらく、同種であることの認識と関連」など、複雑な事柄との相互作用によって、「見る」ということを判断しているということが理解できました。

  6. 「見ることに関する理解は、単に経験と結びついているだけではなく…」とあり、一概にそこから理解していくわけではないのですね。そこで「意味のある相互作用において、ヒトやヒトが作った物と、ほぼ毎日接触すること」という文化的なところからだと「ヒトの子どもに近い認知能力を示すようになる証拠」があり少々複雑さを要していることがわからます。環境によってチンパンジーの能力というのは飛躍的に伸びるということでもあるのですかね。あまりにも出来すぎてしまくことが起きるとなにか恐怖さえ覚えます。とても大袈裟ですがジュラシックワールドのようなことが起きるのでは?など想像が行き過ぎるところがありますが、目という観点からここまでわかるというのもまたすごいですね。

  7. このヒトとヒト、ヒトとチンパンジー、チンパンジーとチンパンジーように同種を見ることと、多種を見る場合では、相互作用といった点で、文化を知るといったところから言えば、文化へ関わることによって変わってくるものがある、”「意味のある相互作用において、ヒトやヒトが作った物と、ほぼ毎日接触すること」”ができるような養育環境によって文化的に例えば、言語訓練に成功した類人猿のように類人猿が言語を獲得するようになることができる、認知的にヒトに近いものになるといったことがわかりました。それを考えたときに、ヒトは言語を使い、コミュニケーションを相手と図ることができます。これも文化化されたものであると理解できると共に、乳児期からのそういった関わり方が必要であると考えることができました。

  8.  「この「見ることは知ること」という言葉に、私たちヒトにおいても当てはまるでしょう。」百聞は一見に如かずということですね。先生の著作、『保育における行事』を読み返していますが、その内容を実際に写真付きで見られることがとても理解を深めます。成長展に関する最後の章はとても興味深く、改めて勉強をしました。部屋の間取りに対しての掲示の間隔など、この本に触れて、実際に足を運んで見てみたいと思われた方もきっと多いことと思います。自園に見学に来られる方がこんなにも多い理由を改めて知ると同時に、自分の勉強不足を痛感します。

  9. 「見ることは知る事」とありますが、見守る保育10カ条のポスターに「見ることは学ぶこと」という言葉があります。もちろん「見る」ことは赤ちゃんも「見る」事でたくさんのことを学び、発達していますが、ヒトに近いチンパンジーにおいては、そこまで目から知識を得られることを明言していないそうですね。それよりも「文化」の影響が大きのですね。ヒトやヒトが作った物、そして言語訓練など日々、経験している事が、やがて文化となり、それが普遍的になるのでしょう。意図的なコミュニケーションも文化として根付けば、意図も理解できるのでしょう。

  10. 「環境が、種に特異的な個体発生の軌道を変更することとなることがわかっているようです。」とあります。チンパンジーにおいても、環境における影響というのはとても大きいのですね。「文化化」というのは環境における影響が種に軌道変更を起こしたことなのでしょうし、それを今の人に当てはめると少し怖くなります。ネットやSNSが活発になる中で、AIがより進化し、人との関りは希薄化になってきている時代です。こういった「環境」は人間におけるこれまでとは違った「文化化」が起きているのではないかと考えてしまいます。こういったチンパンジーのコミュニケーションや理解は様々なことを人間に知らしてくれているようにも思います。こういった研究を受け、環境をどう捉えるのかを改めて考え、持続可能な社会になるようにしていかなければいけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です