シンガポール報告2

以前の配膳

見守る保育での配膳

今日は、「見守る保育」を実践している園を数か所見学しました。まず、各園を見ての感想ですが、昨年5月にシンガポールから代表が見学に来て、その後8月に打ち合わせに来て、帰国して私の園の報告を代表から受けて、そしてその時に「見守る保育」の書籍を購入して帰ってから各園の園長先生がその本を読んだだけで、よくここまで理解し、それを実践に移したなあということを感じました。今年参加したほかのメンバーからも同様の感想を聞きました。

また、現在日本でも、「見守る保育」にどこから取り組んできたかということを悩んだ経験を書籍にまとめようとしています。私の園に見学に来た方の多くは、このような保育がいいと思うのですが、いざ取り組もうと思っても、どこから、どのように取り組んでいったらよいのかで悩む園が多いと聞きます。それを、シンガポールの園では、さっそく取り組んでいるのです。140園近く運営している法人の責任者から聞くと、トップダウンでこのような保育に取り組みなさいということを言おうと思ったようですが、考えをやめて、自主的に取り組むように、各園に任せたようです。すると、各園では園長先生が、自分の園では、どこを見直したらよいのか、また、どこから取り組んでみようかということを考えたそうです。

そのような導入がよかったのでしょう。取り入れた一部から、子どもの姿が変わり、保護者の理解が得られ、徐々に取り組みが広がっていったようです。最初に訪れた園では、子どもたちが意見の衝突があったときに、話し合う場所として設営されている「ピーステーブル」を部屋の中に作るところから始めた園でした。まず、そこで子ども同士がけんかなど対立したときに話し合う場所であることから、よく話し合いの場としていいと言われる対面ではなく、お互いがはす向かいに向き合う形をとっていました。この形は、他の園のピーステーブルでも見ました。そのほかにも色々と工夫され、参考になることも多くありました。

その一つが、ピーステーブルの前に貼っている紙です。私の園では、話し合うルールが参考に書かれてあります。「相手の話を最後までしっかり聞こう」「話を聞くときは、相手の顔を見よう」「自分の気持ちを言葉で言おう」という3点です。これを子どもの字で書かれてあります。シンガポールの見学した園では、前に数種類の顔が書かれてあります。それは、感情が高ぶって自分の気持ちをなかなか言えない場合があるので、自分の気持ちがあらわされている絵を指さして伝えると言います。怒っている顔、悲しい顔、泣いている顔、うれしい顔などです。それは、絵で自分の気持ちを伝えるだけでなく、自分の気持ちを見つめるのにも役に立ちます。

それから、ここに来る場合は、感情が高ぶっていることが多いため、ここにきて、感情を鎮めるためのグッズが置かれてあります。中にゆっくり動くものと水が入っているペットボトル、握ると感触がよいもの、話しがしたいときにチーンとならすもの、そんなものが置かれてあります。場所だけでなく、いろいろな工夫がしてありました。

次の園では、給食の配膳の見直しから始めたそうです。それまでは、先生が調理室から運ばれてきた給食を、さも、子どもに与えるように配り、子どもたちも言われたとおりに黙って食事をしていたと言います。そうしたときには、年長になっても手で食べたり、行儀が悪かったそうです。それを、当番が、その日の献立のメニューをみんなの前で発表し、子どもの当番さんが量を聞きながら配膳することにしたそうです。まだ、おやつだけだそうですが、次第に給食でも取り組みたいということでした。

シンガポール報告2” への14件のコメント

  1. 震える思いがします。こうして藤森メソッドを実践されている様子が可視化され、それをいざ目の当たりにするという光景を想像していなかったというのが正直な気持ちです。シンガポールの方々は本気で保育を変えようとしているのですね。その思いが実践に表れているようで、本当に嬉しくなります。先生の考えが広まること、それは即ち子どもたちの笑顔が増えることに他なりません。明日の講演、がんばって下さい。日本から何をできるわけでもありませんが、ただ先生を信じて明日も保育を楽しみたいと思います。

  2. Amazing!!  シンガポール、畏るべし! 1年もかけずにここまでやるか。「本を読んだだけで、よくここまで理解し、それを実践に移したなあ」との感想でしたが、私も同様の思いを抱きました。素直に考えれば、理解し、実践に移すことが容易な内容を『見守る保育』=“HOIKU”が提供している、ということでしょう。私たち日本人の中にも数は多くはないかもしれませんが、本の内容から保育を構築しているところもあるでしょう。しかし残念なことは本から発するメッセージをその通りに受け取らず、目の前の現実に二の足三の足を踏んでしまうという、こうした現実もあるでしょう。Peace table と感情表現パネルの合体。あぁ、ただ、真似をしているのではない。自分たちなりに工夫して、子どもたちのconflictを解決する力を育む仕掛けを創造している。communication力の増進を促している。そして “Use me when you need”。これには感動すら覚えました。Fujimori Method の種はこうしていろいろな花を咲かせている。Mimamoru approachの可能性をシンガポールの人々が世界に向けて発信してくれています。明日からの講演にも気が入ることでしょう。日本から見守っております。

  3. 短時間でここまで、できるものだと関心してしまうほど、驚きます。やはり、せいがこども園さんを見て、藤森先生の話を聞いて、これだということを感じられ、それへ取り組もうとする強い信念と強いリーダーシップがあるからこそのように感じます。そして。ピーステーブルがお互いがはす向かいに向き合う形というのは、対面ではない分、いい面がありそうですね。 そのなかで、自分の感情を絵で知れるような形はいいですね。それを指差して相手へ伝えたり、自身のなかでのクールダウンへとも繋がり、感情をコントロールする要因にもなりそうですね。真似してみようと思います。

  4. 140園の責任者がトップダウンから、各園の自主性に委ねた勇気は、今までの関りから、職員を信じていたからだと思います。その結果、各園で園長先生が、自由に考えられたのだと思います。そうなると、ピーステーブルもこのように進化発展していくのですね。私もそのように今まで来たつもりでしたが、この度のシンガポールの取り組みに脱帽です。とっても悔しいけれど、「いるま」もみんなで更に考えていきます。

  5. 本当にすごいことですね!藤森先生の話を聞いてまだ1年も経っていないのに。そして、現場の先生方全員が藤森先生の話を聞いた訳ではないのに、また環境も実際に見た訳ではないのにここまでの環境を作っているということには驚かされます。さらに、しっかりとその環境の意図も理解しているからこそ生まれる独自の工夫が感じらるようで、さらに驚きます。代表の方のトップダウンではなく、自主的に取り組むようにしたという姿勢も素晴らしいですし、このスピード感もすごいなと思わされます。ピーステーブルでの感情の高ぶりを沈める工夫もいいですね。なんと言いますか、世界にこのような園があるというのが嬉しいことだなと思います。世界に仲間が増えたようなそんな感覚なのでしょうか。

  6. わずか1年足らずでここまで取り入れていることに驚いたと同時に感銘さえ受ける思いです。140園近く運営している法人が各園に自主的に取り組むように任せたというのも素晴らしいですね。やはり人は強制されるよりも自主的な形で進められる方が効率が良く、より良い形が生まれることが伝わってきます。日本でも見守る保育を実践している他園を見学させてもらうと、ピーステーブルの工夫を参考にさせてもらうことがありますが、シンガポールの園でもとても参考になります。特に「はす向かい」というのが気になり、必ず意味があるのだろうなと思えます。実践してみて、今までの向かい合わせと子どもの姿がどう変わるかを検討してみるのも面白いかもしれないと思いました。

  7. 〝自主的に取り組むように、各園に任せた〟という運営側の思惑が見事にはまったということなんですね。一年経っていないということでしたが、時間ではないということがよく分かります。そして、環境の意図や目的を理解しているからこそできる工夫がされていて、ピーステーブルでの「はす向かい」で座るというのには「そんな方法もあったのか」と思いました。さらに、感情を落ち着かせる工夫、感情を表す工夫もされていて、興味深く読ませて頂きました。

  8. 今回の内容から本当にシンガポールのすごさを感じます。まず初めに打ち合わせに来た方こそいたものの、各園の園長先生が「見守る保育」の書籍を読んだだけで、よく理解し、それを実践に持っていくというのに、驚かされました。自分自身も園全体でどう実践していくかという所が課題だけにその取り組み方がとても気になります。そして、ただ実践するだけではなく、さらにそこから工夫を凝らしていくというのにも驚かされました。昔、ドイツで生まれ、フランスでデザインされ、日本で改良されるといったような国の特徴を聞いたことがありましたが、それももう昔といった感じなのでしょうね。もっと自分も頑張らねばという思いが強まりました。

  9. トップダウンで下ろして行くのではなく、各園それぞれで自主的にできるところから見守る保育を実践されたのですね。自主的にというところが、見守る保育の考えを理解されているようです。
    ピーステーブルの工夫には驚かされました。気持ちを鎮めるために、あえて触れる玩具を用意してあるのですね。見守る保育を実践されたばかりで、ここまで考えて環境作りをしていることに、見守る保育に対する思いの強さを感じます。

  10. やはり、新しいことを始めるというのは少し難しいというイメージを持ってしまいますが、このシンガポールの取り入れていくところを観ると見方が変わってきますね。「自主的に取り組むように、各園に任せたようです」というトップの考えというのが各園に伝わっているような印象を受けます。それはやはり見守られると同じではないかと思います。私たち職員は園長先生に見守られて働かせてもらっているイメージです。なので安心して働いている。そんな関係が成立して自主的に環境を変えることができてるのではないかと感じました。

  11. とうとう海外で藤森先生の考えを実践していることに感動します。本当にすごいです・・・。見守る保育を知ってから1年も経過していないのに、自園で実践できるところから取り組み、さらに子ども達の姿が変わり保護者の理解も得られているというのは驚きです。やはりブログにも書かれてあるよにトップダウンではなく、各園の自主性に任せことが良かったのかもしれませんね。そもそも見守る保育自体、子ども達の自主性、自発性を大切にしているので、それは大人というか、保育者自身も同様なことがいえると思います。

  12. 一般的な保育から見守る保育に変わろうとする時に、一気に変えようという流れがありますが、シンガポールでの園では、少しずつ取り組めるところから環境を変え、その結果子どもがどう良い方向に変わったのかを伝えていくことで、いつの間にか見守る保育をしていたという自然な流れを作り出していて、そういう手法もあることに驚きます。

  13. シンガポールが一年ほどで、見守る保育をここまで実践していることにに驚いてしまいますね。見守る保育を実践したいけど、なかなかうまくいかないという話を聞くこともありますが、シンガポールでの取り掛かり方に、何かヒントがあるように思います。子供達の自主性を重んじるのと同様に、各園の自主性に任せたことが良かったのですね。
    そして、シンガポールの方たちが、一部でも取り入れて取り組んでいるということは、見守る保育の本を読んでよく理解しているということです。その姿勢もまた、見習わなければならないと思いました。

  14. 遠くシンガポールから日本の新宿せいが保育園を見に来て、「見守る保育」の導入。見学させてもらっていくなかで、導入することの驚きよりも、理念の理解にとても驚きました。自園でもその導入に向けて動くときに形から入ってしまうことが多いのですが、園長先生・副園長先生やその他職員方の見守る保育の理念共有がなされていることにとても考えさせられるものがありました。そういった理解があるからこそ、ピーステーブルの導入にかんしても実に明確な形で意図が分かり易いものになっているのだと思います。しかも、まだ導入から一年にも満たないというところに驚きと感心、そして、刺激になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です