過大評価

昨日の例を見てもわかりますが、共同することによって、より多くの学びが生じます。しかし、その過程は少し意外なものであり、幼児の未熟な認知が多くのソースモニタリング・エラーを引き起こし、実はそのことが学習を促進しているのだというのです。文脈によっては学習を阻害するどころか、促進しているという主張と一致するものだとビョークランドは言います。

幼児の認知が不十分であることが、協同学習課題に利点をもたらすことを示したラトナーとフォーリーの結果と同様に、子どもの自身の模倣能力に関する理解であるメタ認知が不十分であることにも、利点が隠されていることが示されているそうです。たとえば、課題の模倣がうまくできると思うかを幼稚園児に評価、予測させた自然的研究では、全試行の56.9%で自身の模倣能力を過大評価していたそうです。過小評価は5.1%と少なかったそうです。

モデルの模倣を実際に試みた後の評価、後測では、自己の行動を少し的確に評価できるようになったそうですが、それでも試行の39.6%で過大評価をしていたそうです。この場合も、過小評価はほとんどなかったそうです。さらに、幼児の自身の模倣能力に関する知識はIQと関連しますが、この関連性は年齢に伴って変化するそうです。3,4,5歳児に、モデルが、1~3個のボールでジャグリングをするといった課題を行うところを観察させ、その行動をどれくらいうまく模倣できると思うかを尋ねたそうです。そして、その課題を実際に行ってみた後、自分がどれくらいうまくできたと思うかを評価させてみたそうです。すると、自身の成績をどの程度過大評価するかという子どものメタ模倣の正確性は、言語性IQの指標と関連があったそうです。ほぼ全員の子どもが自身の能力を過大評価したため、得点が低いほど過大評価が少なく、正確性が高く、得点が高いほど過大評価が多く、正確性が低かったのです。

5歳児で模倣能力の予測及び事後評価の正確性が高い子どもは、ということは過大評価が少ない子どもは、正確性の低い子どもよりもIQが高かったそうです。これと同様の関連性が、6歳以上の子どものメタ認知課題でも認められているそうです。反対に、3歳児、特に4歳児では、IQの高い子どもが自身の模倣能力を過大評価する傾向が高かったそうです。この結果から、状況によっては、メタ模倣の不十分さが、実は幼児に利益をもたらしていることが示唆されているのです。

幼児が、自身の認知能力や身体能力を過大評価することはよく知られていることだそうです。メタ認知的知識が未成熟であることによって、幼児は様々な行動の模倣を、それが無駄だと考えることなく試みることができます。その結果、頭の良い幼児は、新しい行動の実験と古い行動の練習を続け、試行錯誤学習が非常に重要な時期に能力を高めていくと考えられているのです。

子どもの運動能力の向上に伴い、メタ認知能力も向上します。メタ認知能力は、発達の過程で後に、より高度な認知に関連してきます。これまでにもビョークランドが言うのように、子どもの未成熟な認知には子どもの発達的ニッチにうまく適合している側面があり、必ずしも克服しなければならない欠陥とは言えないのです。