共同

トマセロたちは、ヒトの文化学習として3段階のレベルを提唱しました。それは、模倣学習、指導学習、協同学習です。ということで、第3段階は、協同学習です。協同学習とは、模倣学習や指導学習のように、到達度の低い個体が、到達度の高い個体から単純に学ぶといったものではなく、2名で共通の問題を、一緒に解決しようとすることから生じる学習であるとしています。トマセロたちは、協同学習は文化の伝播というよりは、文化の創造の過程であると言います。この言葉は、とても大切な言葉ですね。協同学習のためには、子どもは仲間が反省的主体であることを理解しなければならないと言います。反省的主体は、自身の思考や相互作用をする相手の思考を省察することができるというのです。反省的、あるいは再帰的な表象の例は、子どもが、他者が自分と異なる視点を持ちうるという理解に加えて、他者が他者の視点について思考できるという理解を示すようになった時であるとトマセロは言うのです。

たとえば、「ピーターは、私が彼はケリーを好きだと思っていると、思っている」というのが再帰的思考です。これは、協同学習には不可欠であり、意見の対立や衝突の場面でよく生じる、たとえば、共同で学び、新しい視点を共有しようとしているとき、子どもは自分が出した提案に対する仲間あからの批評を評価し、それにコメントできなければならないのです。トマセロたちは、これが最初にできるようになるのは児童期初期である6~7歳のころだと言います。

以前のブログでも紹介しましたが、協同学習は、ソビエトの心理学者レフ・ヴィゴツキーの考え方の流れを汲んでいます。ヴィゴツキーによると、子どもの学習は、文化的に適切な活動に参加すること、特に、自身より能力の高い大人や仲間との相互作用を通して進むと言います。教師たちは、単独で作業するよりも協力して作業する場合の方が、一般的に達成度が高いこと、また、共同によって一番利益を得るのは、最初パートナーよりも能力が低かった子どもたちであることを報告しているのです。

協同学習に関する興味深い発見は、他者の行動を自身の行動として記憶する「ソースモニタリング・エラー」を、幼児がおかしやすいということだとビョークランドは言います。たとえば、就学前児を対象とした研究で、子どもと大人が交互に1枚ずつ紙を貼ってコラージュを作成し、コラージュ完成後に、コラージュの各アイテムを、自分、大人のどちらが貼ったかを子どもにいきなり尋ねたそうです。すると、4歳児では、実際に大人がコラージュに貼り付けたものを自分が貼ったと答える過ちが、その逆の過ちよりも多く、大人の行為を自身の行為として再符号化していることが多かったそうです。このような例は、現場で見ることがありますが、それは、決して自分を弁護したり、自分の手柄にしたがっているわけではなく、そのような発達における傾向だったのですね。

フォーリーとラトナーは、このバイアスが他者の行為を自分に誤って帰属することによって、その行為が共通ソースである自分自身と結びつき、その結果、記憶がより統合され、検索しやすくなることを挙げているそうです。この解釈に一致する結果として、大人と共同で課題を行った5歳児は、たとえば、人形の家に家具を共同して置くといった課題の後、このようなエラーを多くおかしたそうですが、非共同群の子どもよりも各部屋に置いた家具の場所をより多く記憶していたそうです。