見ること

ビョークランドは、欺きは心の理論と一貫性のあるものですが、一方で、このような欺きには、他の動物の心を読んでいるのではなく、単に、特定の状況で成功しなかった行動を避けることが、最善の策だっただけと考えています。その証拠に、より統制された研究室環境では、類人猿が心の理論をもっことを示すはっきりとした証拠はほとんど得られていないと言います。たとえば、非言語的な誤信念課題として、コールとトマセロは、ごほうびの餌を障害物の後ろ(類人猿からは見えないが、ヒトの「伝達者」からは見える場所)に隠す課題を行っているそうです。障害物が取り除かれてから、伝達者は正しい容器に印をつけて、類人猿に食べ物の場所を教えたそうです。

その後、餌を別の容器へ移すのを追跡できるようになったら、間違った容器(食べ物が隠されていないことを類人猿が知っている容器)に伝達者が印をつけた場合、その印を無視するように学習させたそうです。類人猿がこれらの課題に成功してから、誤信念課題を実施しました。伝達者は、ごほうびが容器の1つに隠されるところを見た後に、部屋を離れます。その後、別の人物が、類人猿が見ているところでごほうびの場所を入れ替えます。それから伝達者は部屋に戻り、最初にごほうびが隠されるのを見た容器に印をつけます。類人猿が5歳時と同等の心の理論を有するならば、伝達者がごほうびの場所に関して誤った信念をもっていることがわかるだろうと言うのです。類人猿が餌を手に入れるためには、伝達者が餌の場所について異なる(誤った)知識をもっていることを理解し、伝達者が印をつけていない容器を選ばなくてはなりません。

この誤信念課題は難しく、4歳児はほとんどが失敗したそうですが、 5歳児は成功したそうです。しかし、オランウータン2頭、チンパンジー5頭はいずれも課題に成功しなかったそうです。この課題の手続きが複雑であったために、類人猿は求められていることを完全に理解するのが難しかったとも考えらますが、コールとトマセロはこれとは別の解釈をしており、この結果は、大型類人猿にはヒトの5歳児と同等の心の理論はなく、複雑な社会的関係性の問題を、類人猿は連合学習によって解決している、という解釈と一致すると主張しています。

また、霊長類について、心の理論の難易度が低いと思われる側面の評価を行った研究もあるそうです。その一例が、視覚的注意に関する大型類人猿の知識の研究です。たとえば、類人猿やサルが同種の仲間の視線を正確に追うことに関しては、実験による確かな証拠があり、このことから、類人猿やサルが、他の動物が注視する方向には、その動物が見ているものがあることを理解していると示唆されます。しかし、このような知識は、他の動物が注視していることと、何らかの重要なおもしろい結果との間に関連性があることを学習したことによって得られたとも考えられます。つまり、バロン=コーエンの理論のEDDモジュールに対応する「視線を向ける」ことは「見る」ことであるということを、その動物が理解しているとは必ずしもいえないのではないかと言うのです。

見ること” への10件のコメント

  1. 類人猿にも「心の理論」、あるんじゃない?、という問いに対する答えを今回のブログは紹介していると思います。ヒトの5歳児が成功している誤信念課題にオランウータンもチンパンジーも成功しなかったという実験の結果が示されていました。また、「視線を向ける」こと、すなわち共同注視というヒトの特徴もどうやら大型類人猿には存在しないことかもしれませんね。心の理論によって他の動物とヒトとの間に優劣をつけることはナンセンスでしょう。優劣云々よりもヒトとしての特徴を捉えた上で、なぜヒトにはそうした機能が存在しているのか、そのことを課題にして追求していく、このことのほうが私たちホモサピエンスの生存にとってはるかに有利に働くことだと思われます。ある年の赤ちゃん学会で霊長類研究所の松澤先生が話していましたが、霊長類を研究するのは、私たち人類のことをわかるためだ、ということを今回のブログを読みながら思い出したところです。

  2. 人の5歳児が成功できた誤信念課題にオラウータンやチンパンジーは成功することができなかったのですね。ヒト以外の類人猿にも心の理論はあるのではないかとこれまでの内容から期待していたのですが、その可能性は低くなってきているように思います。ですが、やはり、そこは何だか信じてみたくなりますね。また視線に関する研究もあり、「このような知識は、他の動物が注視していることと、何らかの重要なおもしろい結果との間に関連性があることを学習したことによって得られたとも考えられます」ともありました。このように類人猿は経験したことを学習として蓄積するということができるのですね。それは反射的なものでもあるのでしょうか。そういった蓄積と心の理論が別物であるということもまたおもしろいですね。

  3. 「欺きは心の理論と一貫性のあるものですが、一方で、このような欺きには、他の動物の心を読んでいるのではなく、単に、特定の状況で成功しなかった行動を避けることが、最善の策だっただけ」とありました。そして、5歳児が成功した誤信念課題にオランウータンとチンパンジーは成功できなかったことから、大型類人猿に心の理論はあるにはあるものの、質が人類に比べて低いことを物語っているように感じました。しかし、これにおいても質の違いではなく、同じ部分に着目して追求した方がより人類のこれからにとっても良い気がしました。また、最後に『「視線を向ける」ことは「見る」ことであるということを、その動物が理解しているとは必ずしもいえないのではないか』とあったことはとても興味深いです。「視線を向ける」=「見る」というのは、人にとっては当たり前なので他の動物にも当てはめて考えがちですが、このような人にとっての当たり前が崩れれば別の視点が生まれることに面白さを感じています。

  4. 人間の5歳児は成功し、類人猿は失敗してしまった研究結果に対して、「複雑な社会的関係性の問題を、類人猿は連合学習によって解決している、という解釈と一致する」というように、「連合」する2種の作用によって問題を解決する脳力があるということ、また、類人猿は人間に比べるとここまでが出来ないという線引きをするというよりも、何をどのようにして導き出しているのかを知れた研究であるとする解釈が、非常にためになりました。子どもたちの行動を出来たか出来ないだけで判断するのではなく、何を理解しているということがわかったのか、どのように答えを探り当てようとしているのかを知ることが大切であることを感じました。

  5. 〝大型類人猿にはヒトの5歳児と同等の心の理論はなく、複雑な社会的関係性の問題を、類人猿は連合学習によって解決している〟ということで、以前のブログから類人猿たちは心の理論を持っていて、まだまだ伸びしろがあるのでないかと思っていましたが、5歳児が正解した質問に答えられなかったということで、そうではないということなんですね。他の類人猿たちはそれほどまでに複雑な心の理論を持たなくてもよい社会を作り上げ、生活しているということなんでしょうか。
    視線を向ける=見ているというわけではないということが書かれてあり、「確かにな」とうなづきます。人間にとっては普通のことでも、動物ではわからない、これもある種の刷り込みなのでしょう。そのようなものを取り払うと新しい視点で物事を見つめることができるんですね。

  6.  「大型類人猿にはヒトの5歳児と同等の心の理論はなく、複雑な社会的関係性の問題を、類人猿は連合学習によって解決している、という解釈と一致すると主張しています。」「「視線を向ける」ことは「見る」ことであるということを、その動物が理解しているとは必ずしもいえないのではないか」とても興味深い論争ですね。この度のブログで紹介された誤信念課題、逆を言えばそれだけ5歳児の心の理論が高度であるということだと思います。ここの線引きが人間と類人猿とを分けるものだとしたら、と考えると、なるほど心というものの重要性を改めて感じます。心の発達、心の進化、人間に授けられたものだとしたら、大切に考えなくてはなりませんね。

  7. ヒトの5歳児が成功している誤信念課題にオランウータンもチンパンジーも成功しなかったという実験の結果がありました。どうなんだろうと期待もありましたが、この結果から「大型類人猿にはヒトの5歳児と同等の心の理論はなく、複雑な社会的関係性の問題を、類人猿は連合学習によって解決している」という見解もあり、見方の違いというのを感じました。単にここまでが人間と大型類人猿の違いという明確な線をひくというよりかはその結果からどんなことが違い、どうしてヒトがこういった誤信念課題を達成できるかの手かがりになるような考えに至るのですかね。やや難しさを感じますが、結果からヒトを知るためのヒントが多く隠されているのでしょうね。

  8. 今回の複雑な後信念課題へ対して、実際には5歳児ごろの発達過程で成功するといったことから、ヒト以外の動物のもつ心の理論は、無いに等しいような見解が見いだされているのですね。その結果、”大型類人猿にはヒトの5歳児と同等の心の理論はなく、複雑な社会的関係性の問題を、類人猿は連合学習によって解決している”といった社会的関係性が様々な方法を試すことで成功法を導き出すといったような考え方なのでしょうか。私たちも視覚から様々な情報を得ることをし、共同注視によって相手との社会的関係性を図っていると思います。目という五感のひとつ視覚は様々な動物に存在しますが、それは、情報をどうとらえるのか、心の理論をよう要るのか、また、いくつかの得た情報から選ぶといったような実際に視覚からの導きかたが考えられました。

  9. ヒトは見ることで様々な事を学び、成長していきます。そのヒトと近いチンパンジー、オランウータンも相手を見ることである程度の知識を学ぶと思っていましたが、意外とそうでもないということが驚きました。実験内容が複雑と言うよりも、社会的関係性の問題を、類人猿は連合学習によって解決しているという事は・・・前回のブログに書いてあったように、どうなったら食べ物を獲得できるか?できないか?というシンプルな事は「見ること」で学習するということでしょうか。

  10. 誤信念課題の様子をチンパンジーとヒトとを比べても、心の理論としての結果はチンパンジーからは得られなかったのですね。これまでの研究を見ていてもなんらかの結果は出るとは思っていたので意外でした。また、チンパンジーの社会的関係性の問題において、類人猿は連合学習によって解決しているとあります。これは先日あった「特定の状況で成功しなかった行動を避けることが、最善の策だった」ということを組み合わせることで問題を解決しているということでしょうか。類人猿と人とでは物事の洞察の仕方も違うというのを感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です